山と空と緑と青と・・・

アラフォ~ペアでのんびりゆったり山に登っています♪

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --. --:--  edit

Category: スポンサー広告

tb: --  |  cm: --

top △

初縦走の山登り④・・・【いざっ。頂へ!】 

9月22日、秋分の日。

台風も大きな被害も無く過ぎ去り、
台風一過を期待していたのに・・・



なんだか連日、天気が悪い。。



そんな、祝日な今日もお仕事ナウ。





ちと、喉が痛くくしゃみ連発の熱っぽい中、
しんどいあるよ(泣)


2016_0910_095854



そうそう、
槍ヶ岳山荘までたどり着いたレポの続きです。







泣きながら、
笑いながらたどり着いた、

槍ヶ岳山荘。


テン場は、全然空いていて、
ちと拍子抜けしたのは笑い話になりそうですが、、

まだまだ安心するわけには行きません!!



本日の、

本ヤマ行のメインイベントがあるワケでして。。


ヘルメットを被り、カメラを背負い、
わくわくヤマノボリのスタートです ♪♪



2016_0910_103904



とにかく、
うきうきワクワクしていた記憶しか残っていない。

怖い・・

という感覚は全くと言っていいほどなかった、

皆無。。



PEAKS ワンダーフォーゲル 夏山JOY
山と渓谷 岳人 soto ランドネ TRAMPIN’
アルプストレッキングサポート ・・・・・


我が家にある数々の山雑誌の中でも、
( 岳さんには、古いのは処分しようよ・・と言われている )

何度となく見て、
憧れ続けていたあのお山に登るです。

ワクワクせずに居られる訳がありませんよ!!


2016_0910_104136



登り始める前、

槍ヶ岳を前に撮影する方多し・・の場所で、
何人かの同じヘルメットのグループの後ろについた我が家。

そうそう、そのチームヘルメット。

青色のマムートのヘルメットは山荘貸出しのヘルメットでしたが、

アタシのヘルメットも青だけど、
マムートじゃないので。。交換して欲しかったくらい。




もうね、

楽しかった・・・としか書けない。



2016_0910_104402



見上げるテッペンは、憧れ続けていた場所。
見上げる空は、昨日からずっと待ち続けていた青空。


ホント、
待ち続けていた8年はこの日のためにあったんだ。


大袈裟かもしれないけれど、

槍ヶ岳への道のりは、8年もかかってしまったけれど、
コレがあるから止められないのかも。


昨日の、辛かった双六小屋までの長い道のりも、
今朝の、ココまでの西鎌尾根の長い道のりも、


すっかり忘れていたくらい楽しかった。



高度感、

感じていない訳もなく、見えていないはずもないけれど、

まったく、恐怖すら感じなかった。


2016_0910_110013

 
ごめんね・・・私、


「 槍ヶ岳、大好きだ~♪ 」 



登ってみて分った。。登る前から感じてた。

岳さんも、そうみたい。
そうみたい・・というか、岳さんもそうだ!

私以上に、
槍ヶ岳への思いは強かったんだから・・・。




蝶槍からの槍穂~~♪



↑ ↑

コレは、初めてのテント泊山行、
蝶ヶ岳からの大展望。

その時見た、憧れの山々。

奥穂高へは以前、登った。

そしてようやく登る槍ヶ岳。


私。。としては8年目だけど、
岳さん個人としたら、私より2年分ほど多い山歴なので、

その思いもヒトシオかと。


色々で見て知った、怖いと言われる天空へのハシゴも、
何なく上りまして・・・

ジャーンッ!! と山頂トウチャコ。






登りでちと手古摺っていたペアのお陰か?、
山頂はガランとしていましたが、
そのペアは写真撮影も同時刻の私たちに迷惑掛けまくり。。。


そんな2人を横目にしていると、


2016_0910_111238




青いヘルメットグループの子たちが、
そのペアの、先回り先回り行動をしてくれたお陰で、
私たちにシャッターチャンスが訪れました。


彼らは東鎌尾根から来られ、
今朝、西岳を発ちココに来られたとのこと。

ウチラは西鎌。


ハイタッチをし健闘を讃えあい握手をすると、

「 東鎌から西鎌が繋がった・・・ 」 って。。(笑)


楽しくて良い子たちでしたね~♪


2016_0910_112212



見渡す、西鎌尾根。。。。


雑誌で見て以来、
いつかは歩きたい、歩いてみたい、
と思い続けていたこの稜線。


歩いてみて、どうだったか。


そんなことは、どうでも良かった。
とにかく、ツラかった思いも、
コレを見たらどうでも良い。。。。。


また、歩きたい。
また、岳さんと一緒に歩いて来たい。

東鎌尾根からも、いつか・・・

ずっと、そんな思いだった。






狭いピーク。

あまり長居も出来ないので、
そろそろ、下りようかと。



2016_0910_112249




天空への階段は、地上へ下りる架け橋となり、
怖い怖いと言われる割に、
そんなに気にならなかったけど・・・


また、
楽しかった記憶しか残っていない。。。


下山にかかると、
また、梃子摺る方の後ろについてしまい・・・
ジレッタイ思いと、急かしてはいけない思いと、

でも、そんな待ち時間も、
槍の岩岩チックな姿に張り付いて、楽しんでいた我が家。


それでも、下山はアッと言う間。


2016_0910_095854



テントまで戻ってきました。
戻って来ちゃいました・・・


しばらく、槍さまを眺めつつ。
山荘前のテラスへ移動。


絶景のテラスは大盛況!
山荘前、上の段の端っこの席が空いていたので、座れました。


ちょうど、ランチの支度をしていると、
昨日、双六小屋まで一緒だったお父さんと、奥様が。

先ほど到着され、これから槍へ向かわれる・・・とのこと。


お父さんたちを見送りつつ、
槍を眺めながらの絶景ランチ。

それだけで、美味です!!


2016_0910_120819



担ぎ上げ持って来た、スーパードライで乾杯 ♪♪

昨日は一切飲む気にもならず・・・


各々、1本ずつでは足りませぬ。

山荘ではジョッキ生が販売されていたけれど、
自販機のビールを買い足し・・・乾杯。


これがまた止められない理由のヒトツでもある訳で。


そうそう、
もうイッチョ、担ぎ上げてきたアルヨ!!



2016_0910_125337



とんがりコーン!!

ザックの中の過酷な状況下、
箱が潰れてしまってますが。。。

コレがしたいが為に登ったと言っても過言ではない・・・・かも(笑)


岳さんは、呆れていましたが、
しっかり、食べてましたよ。。。


お父さんたちが槍登頂から戻ってきて、
しばし、お話。


今さらですが、私たちと同じ県内から来られていて、
また、どこかのお山で会うかも知れませんね。。。的な。


そんな、出会いもまた嬉しいものですね ♪♪


テラス席ははどこもビッシリ埋まってきたので、
そろそろ私たちはテントに戻ります。。。



2016_0910_134417



槍を見つめる特等席のテン場。


贅沢です。


何にもすることがない ・・・ ワケでもなく、
ただただ、槍を見ていた。


あのテッペンに立ったんだという事実。
立てたと言う充実感。


2016_0910_154714



ずっと、見ていたい・・・


バッチを買いに行ったり、
山テンを検索しに行ったり、
うろうろウロウロ。。


テラス(山荘)とテン場を何度往復したことか。。


百名山完登記念でいらっしゃっていたグループさんを、
離れた席から一緒に祝いつつ、
陽も落ちかけてちと寒い中、夜ご飯を食べまして。


今夜はガスの中で星空は期待出来そうもなく、
いよいよ、就寝ですな zzzzzz









9月10日
 双六小屋 am 3:25  ===   4:13 樅沢岳 4:18   === 5:10 硫黄乗越 5:13 === 7:45 千丈乗越 8:10 === 9:38 槍ヶ岳山荘

    槍ヶ岳へ  am 10:40 ===  11:11 山頂 11:24 === am 11:40 テン場



関連記事
スポンサーサイト

2016/09/22 Thu. 12:12  edit

Category:  ☆ 山歩記

Thread: 山登り - Janre: 趣味・実用

tb: --  |  cm: --

top △

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。