山と空と緑と青と・・・

アラフォ~ペアでのんびりゆったり山に登っています♪

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --. --:--  edit

Category: スポンサー広告

tb: --  |  cm: --

top △

乗鞍岳へ ( 前編 ) 

  はじめに・・・コレは昨年(2008年)のお話です。。。
   もっと早く up しても良さそうなモンですが・・・ 土下座
            くま 熊騒ぎも静まったでしょうか???


   先週の霧ヶ峰に続いて、。。。レポはコチラ
   お手軽登山第2弾、のらりくらりだけ ・・・汗
   「 乗鞍岳 」 へ行って来ました。


 
   2008.10.12 (日) 、またまた夜も明けきらぬ内に家を出発。
   今回はず~~っと下道。1925741158・・・
   19号→257号→41号→158号と延々車を走らせ・・・遠いよ・・
   マイカー規制のため、岐阜県側からのバス乗り場、朴の木平スキー場へ。
         ちなみにココ、朴の木平スキー場は、ヘタレスキーヤーかこお勧めの穴場スキー場です

   朝6時半前に到着、いつもながら、既に数十台の車が。。。
   それに、やっぱ、ち~と肌寒いです。薄手のジャンバーを着込みます。
   偵察がてらバスの時刻表などチェックしてみると、始発は6時55分。
   お~よそ、5~60人すでにバス乗り場に並んでみえました。

   もちろん、ウチラも支度しチケットを購入後、列に並びます。
   ・・・が、バスが2台 バス バス ・・・乗り切れるか微妙な位置。と思っていたら、
   車掌さん?バス会社の方?が、「もう1台出しますから」 と。

   結局、始発の2台目に乗り畳平に向け出発しました。
   朴の木平からは、乗りクラス会ライン 乗鞍スカイラインで畳平へ。

   途中、運転手さんのオモロ~~!な話を聞きながら、
   車窓から見える山々に見とれていました。箇所箇所で停まってくれるんですよ。。。

   4~50分でしょうか?それくらいで「畳平バスセンター」に到着です。
   ・・・う~~やっぱサ・ブ・イ・・・・さむい

   長野県側の乗鞍エコーラインからも、次々とバスが来ます。
          後で気付きましたが、長野県側からの方が圧倒的に人数が多いです

      また白いものがある

   まずは鶴ヶ池を左手に見ながら順路を通り、「 富士見岳 」へ行くことに。
   空は青いですが、ちぃ~と風が冷たく肌寒い。。。

      ココでも雲海

   遠くに見えるのはヤツと思しきお姿。。。
   雲海って登ってみないと分からないトコロが何となく好きであります。

   ただ、これでも相当風が強く寒いです。。オハナミズが。。。ズズズ~~~たら~z と。


      富士見岳へ
   みなさん、今日は一枚多く着込んでいらっしゃるようです。
   カコは意外と薄着の部に入る軽装備。。。
   富士見岳口と標識有り、そちらから登ります。

   この富士見岳、これでも20分くらいかかって・・・
   ガレガレの岩場を九十九折にクネクネ登ります。

   「 富士見岳 2818m 」 ゴロゴロと岩の多い頂上です。
   槍ヶ岳、穂高連峰、そして常念岳も見えています。

      どこから見ても、穂高連峰

   で、頂上を越すと下りる道があり、そちらに進みます。
   すると、富士見岳口で分かれていた道と繋がります。
   コロナ観測所への分岐が出て来ますが、観測所へは進めませんでした。

   段々人が増えてきました。。。歩いていてバスが沢山上って来ていましたが、
   ホンと人が多いです。。。ビックリです。

      目指す剣ヶ峰

   「 乗鞍岳 」 の主峰・剣ヶ峰が見えてきました。
   でも、遠足みたいで人が数珠繋ぎに続いています。

   老若男女、ホンと世代を問わずいっぱいの人です。
   家族連れもさることながら、ツアー客( 登山ツアー )が多かった。。


   小さく雪渓が残っていますが、これでも結構な大きさなんですよ。。。
   帰りにこの雪渓でスキー&ボーダーさんが滑っていらっしゃいました。

   すると、赤い建物の肩の小屋が見えてきます。。
   あまりの人の多さに、ここはスルーし、トイレだけ済ませ進みます。

      岳さんと剣ヶ峰

   これだけ人が多いことは計算外、そして想定外。
   これから先、剣ヶ峰への登山道が気に掛かります・・・

   こーして見てみても、人なのか岩なのか、はたまた登りなのか下りなのか、
   団体で続いて行動しているのかと、ちと厄介な気持ちになります。

   ガレ&ザレた岩場を小さくウネウネと九十九折に登ります。


   すると案の定、途中で団体サンが休憩していて混雑しています。
   スレ違いが出来なくて待っているため、結局止まってしまいました。。。


   個人&少人数の人が団体を抜かそうとしますが、なかなか出来ません。
 
   こ~ゆ~時、ガイドさんが何とかしなきゃいけないと思うのですが・・・・


   高度が上がると登山道も岩場の狭い道になるので余計に渋滞します。
   お気楽登山も良いのですが、こうした状況にはちとウンザリです。


     遠くに白山

   そんなストレスを感じた時は、とにかく周りを振り返ったりして
   遠くの景色を・・・

   遠くには白山、そして槍ヶ岳から続く穂高連峰、焼岳、笠ヶ岳、立山・剣方面、
   そして常念・大天井岳、八ヶ岳連峰、中央・南アルプス方面に御嶽山、恵那山も・・

   360度、アルプス大展望台 です。


   剣ヶ峰へ登ると最初にたどり着くピーク、


      蚕玉岳

   「 蚕玉岳 2980m 」  こだまだけ。。と

   目指す剣ヶ峰はまだこの先、あのお山のテッペンです。。。
   このおじさまの気持ち・・・よ~く分かります。。
   ココに座って景色を眺めているだけでホンと素ん晴らしすぃ~ですから。

   折角、難儀して抜いてきた団体さんが後ろに見えて来ていたので、
   ほんの少しだけ休んで、先を急ぎます。。。逃げろ~

   蚕玉岳から少しだけ下り、鞍部になるトコロでトラバースして来る道と合流。

   今度は先ほどよりもザレザレの滑りやすい道を行きました。

   いくらお気楽登山!とは言え、3000m級のお山です。
   ナメてはいけません!!

      蚕玉岳から望む

   また、「 見えているのになかなか近づかない 」感を感じながら。。。
   まぁ、ココからの距離は知れていますが・・・相変わらず風が強いです。
   見えているように、途中からはまたゴツゴツとした岩場に変わります。

   そして狭い道なので途中からは一応、一通 → なっていました。

   小さな小屋があり、ココの前を通過しいよいよ頂上へ。。。

   下りてくる人も多いですが、この小屋の前で登りを待つ人も多数。
   山頂へは一通で巻くように登っています。。下山は違うルートのようで・・



      御嶽も見える

   どぉ~~んと、御嶽山が見えて来ました。。。左右対称なスマート御嶽です。
   ・・・・・比較的ウチラがいつも見ている御嶽山の姿に近いです。


   そうこうしていると、いよいよ「 混みこみ」 の剣ヶ峰に到着です 頂上へ

     ポチ っとお願い。。。後半へ続く。。。
 
関連記事
スポンサーサイト

2009/10/01 Thu. 20:01  edit

Category:  ☆ 山歩記

Thread: 登山 - Janre: スポーツ

tb: --  |  cm: 4

top △

コメント

いい天気でしたね!

カコさん、実は私もその日乗鞍岳に登ってたんですよ!
山仲間と一緒に。カコさんすれちがっていたかも…?
秋の乗鞍行った事が無いというので、案内することにしたんです。
素晴らしい天気でした。カコさんの写真を見て、また思い出しました。
私らは、乗鞍高原に宿をとっていたので、長野県側からのアプローチです。360度のパノラマ!夏に登った槍も見れて大満足でした。今年も12日に行きます!紅葉が楽しみです!

花のたびびと #- | URL | 2009/10/02 01:00 | edit

今山はどこに行っても人がたくさん来ていますね。
乗鞍は人気もありましたが、一昔前とは明らかに違う気がします。やはりブームでしょうか。
展望がよくて何よりですね。やはり槍はかっこいいな。




S氏 #9jnonjpg | URL | 2009/10/02 07:06 | edit

>花のたびびとさん。

こんにちは、御返事遅くなりました・・・

w(゜O ゜)w ワォ…同じ日に乗鞍にいらっしゃったのですか??
何処かですれ違っていたかも?ですね。
私もこの記事を書きながら、また思い出してみたり…
来週行かれるのですか?羨ましいです。
昨夜のニュースで紅葉が身頃を迎えていると放送していました。。。v-34

kaco #- | URL | 2009/10/05 13:07 | edit

>S氏さん。

こんにちは、コメント有難うございます。

昨年あたりからでしょうか?お山ブーム??
何処へ行っても沢山の人に滅入るコトもしばしば。
乗鞍は以前はマイカー規制がなくとても人気だったと聞いた事もあります。
規制されている今もとても人が多く安易に登れるからなのかな???とも。
この日は肌寒かったけれど展望が得られて良かったです。

kaco #- | URL | 2009/10/05 13:13 | edit

top △

コメントの投稿

Secret

top △

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。