山と空と緑と青と・・・

アラフォ~ペアでのんびりゆったり山に登っています♪

お誕生日ヤマ♪ 

そろそろか!?。。。   養老軒~♪

と言うことで、体慣らし・足慣らしに行って来ました♪
( 毎年、同じ事を言っていますね ^^; )

もうすぐ、お誕生日なので・・・ お土産つき♪



    
【 日 時 】  2015年4月12日 日曜日 晴れ
【 お 山 】 納古山 ( のこやま )  632.9m    岐阜県七宗町

         何故か、こんなに有名で人気のお山なのに・・・
         山と渓谷社の山ガイド本、「 岐阜県の山 」 に載っていない違和感。。。




4月は、ちょっと嫌いな kaco。
だって、お誕生日月でもあって、確実に歳を重ねる月だから・・・

最近、ふと思う。
私は何歳まで歳を重ねることが出来るのだろう。。。

そう、アラフォー突入以降、
毎年春は、特に精神的に不安定。
現実逃避したい自分と、今このトキを大事にしなきゃ・・という自分と、

私、結構モロイんです。






我が家のホーム山的存在な「 鳩吹山 」 を、
脅かす存在となってしまうこのお山に、初めて出撃してきました。

いつも、鳩吹山に向かR248で、
行く手には伊吹山方面、そして白山・大日岳、
御嶽山に乗鞍、中央アと見えることがあるのですが、
そんな中異彩を放つお山群がいつも見えていたこの方面。


我が家は、「 日本むかしばなし盛り山 」 と呼んでいたのですが・・・(笑)


ジグザグにギザギザに岩々チックに、
我が家にモーレツアピールしていたのは、この山だったのか。




中級で・・




七宗の道の駅から先の信号から市街に入り、
登山口の看板を左折。
林道をガシガシ進み (今日はkaco号なのでモーマンタイ ^^v ) 、
最初の駐車場の奥、第2に停めました。

いやいや、人気の程が伺えました。

だって、
道の駅でトイレ休憩して来たのですが、その時、出会った
それらしき方々と、それらしき車をほぼ見掛けたのですからね。

支度して、いざ中級コースを選択。

ココにもクマさんが!?


おいおい、いきなりクマさんかいな?

はじめは緩やかに進み、
小さな沢を何度か渡りまして、

何だかココ、下呂市の御前山にちと似ている雰囲気。
スギ?ヒノキ?林を進むので、
花粉症気味の我が家はちと明日が不安でもあります。

この沢の流れと登山道が離れる場所に水場があり、
ココを過ぎるとようやく、らしくなってくるのかな?登山道が。

躑躅と書く。



とはいえ、中級コース。

登りでパテない歩行を8年目にして・・・
8ねんも、経過してようやく身に付けた登山初心者の私は、

自分のペースを心がけて登ります。

良いね!


いやいや、何処が中級コースかと感じられるほどの歩きやすい道。

しかも、落ち葉とかした針葉樹が良い塩梅に敷き詰められ、
歩きやすさを際立たせているのです♪

たまに、木々の根っこが隠れているトラップもありますが、
全然、大丈夫。



こんな感じ



見渡すギザギザ山群に、萌える我が家♪♪

御嶽山も見えていたのですが、
この時期は、浮遊物多すぎでなかなか映像化できませぬ。


一部、岩々チックな個所もありますが、余裕ですね。
鳩吹山も、こんな感じで良いルートがあるのに、
まさかの、通行禁止!!


ヒカゲツツジ♪


途中、ちと展望が開けるのですが、
生憎、この日は白けちゃって、イマイチながらも、
こんなお花満開ルートで癒されながらも良いモンでござるよ。

この先、しばらく進むとココのメインイベント的岩群が出現!!

手掛け足掛けはしっかりあるのでサクサク登れるよ!!
楽しい♪


先行の御夫婦を先に抜かせていただき、
( しかも、アタシだけ ^^; )

岩の上で余裕ぶっコイテいるおばちゃんの図

あとは、コレと言ったイベント的要素もなく、
初級コースからの道と重なり、
するすると進めば、賑やかな声が聞こえ・・・・・



ノコリンと。


とっぷおぶのこりん・・・

納古山山頂です。

いやいや、賑わう山頂でした。
ベンチ&テーブルも設置されていて滞在しやすいのも分るし、
滞在してしまう理由もよく分かるこの山頂。

見えるお山は・・



季節・気候によっては、
360度、いろんな山々、錚々たるお山が見えるのですから。

我が家も、さっそく空いていた席を陣取り、
久々、山ランチを堪能しましたよ。

デザート付きで♪


で、また小一時間、滞在。

何だかお山で消費するカロリーより、
摂取するカロリーの方が遥かに多い気がするのは、


気のせいではない気がします~~ (汗)

クシャミが・・



帰りは、登ってきたルートをそのままピストンしたので。。。。
写真を撮ることも少なく。


お誕生日ヤマ、 としても
足慣らしヤマ、 としても

とっても良いお山だと思う我家なのでした。
関連記事
スポンサーサイト

2015/04/13 Mon. 22:54  edit

Category:  ☆ 山歩記

Thread: 山登り - Janre: 趣味・実用

tb: 0  |  cm: 0

top △

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://nonbiri27.blog55.fc2.com/tb.php/696-370e526e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △