山と空と緑と青と・・・

アラフォ~ペアでのんびりゆったり山に登っています♪

南木曽岳へ・・其の参 

   期待が大きければ大きい程、ショックは大きいワケで・・・・

       クドイですが。。。 南木曽岳へ・・其の壱 其の弐 から続いております。

     空はこんななのに

  登っている間、ガスガスな中を延々歩き、展望があろう場所でも、
  全く展望が利かず、超ブルーな気分でいたけれど、
  展望台を目指す岳さんとカコの見上げる先に青空が広がって来ました。。


     

  ・・・・・が!? アラ?

     マシロにそ~ 

     ・・・・・マシロにそ~~ アラ?

  am10:52 展望台  でも、何も見えへんやん!!
  看板 左には御嶽山、乗鞍、穂高連峰の山々、
    右には、木曽駒ヶ岳、空木岳など中央アルプス連邦・・・連峰の山々の
    展望が得られるとしています。。。

  この周りの岩場で休憩されていた方々に聞いてみると、
  「ここで小一時間粘っているけれど、空はずっとこんな感じ」 と。

  仕方なく、展望は諦めお昼御飯。。。にしました。

     ココでお昼

  展望台から少し下がった所のに大きな岩があって丁度良い感じ。
  ココでお湯を沸かし ラーメンおにぎり
  凍らせて持って来たジュースが程よくとけて飲み頃です。

  こうしてマッタリしてる間も、
  生暖か~い風と、立ちこめるガスとが何度も行き交います。

  展望台に先にいらした方々が下山されて行きます。
  そして、頂上で写真を撮りっこした御夫婦もまた下山されて行きます。

  登りの途中で抜いて来た団体と思われる方々がようやく到着のようです。
  展望台あたりがザワザワと賑やかになってきました。

  私たちもそろそろ下山の準備にかかります。

  am11:30 下山開始

       ♪咲きそ~な~蕾が・・  キミの名は~?

  お花の少ないお山な感じですが、展望台周辺には結構咲いていましたよ。。

     
     展望台はマシロにそ

  少し下がった所で後ろ( 展望台 )を振り返ります。。。ガスガスでんな~~~パンダ汗
     
  下山は初めのうちは慎重に・・・・前回の白山のことがあるのでね 汗

  岳さんは相変わらず調子が良いようでサクサク~ッと軽快です。
  カコもまだまだ大丈夫っぽい。。

     下山のはずが登り?

  下山道・・・なのに登っている。。。ガンガンに登り!!
  摩利支天展望地へは行かず通過、明神様も通過します。
  この分岐で、先に下山された方々を抜かせていただきます。

  分岐あたりは短い稜線部分になるのかちょっとだけ平坦な道。
  しかし、ココを過ぎると激下りの始まりです。

  これまた 笹の葉 笹の葉3枚*正面 笹の葉3枚*右下向き 熊笹をかき分け下るのは足元が見えないので結構怖い。
  厄介なのはその熊笹くんのむき出しの根っこ。コレに引っかかって躓く。。

  下りの展望地がある辺りまでは熊笹をかき分け、ぬかるんだ道を下りて行く。

  しばらく行くと、鎖あり、長~いロープありの大岩小岩の階段と、
  桟橋の階段を慎重かつ大胆に?、そしてトントンと下ります。

  ココでもまた御夫婦に道を譲ってもらい先に下ります。

     ゲキ下り・・

  こんな感じの傾斜で、とにかく、ゲキ下りです。。。笑えます。。。マジで!!

  でも今回はゲキ下りと言えども、カコの足は快調なようであります。

  岳さんとの間隔も開き過ぎず、詰まり過ぎず、良い感じ。

     
     見上げるゲキ下り

  見上げてみる余裕?も少しありまして・・・(笑)

  ゲキ下りの途中の木々の隙間からは南木曽町の町並みが見えました。
  そうしている間にもグングン高度を下げ down ます
  
  この南木曽岳は一応、登山道・下山道と一通になっているので、
  対向する登山者は全くと言えるほど居ません。。。
  そのためか、登山道も下山道も道幅は狭い感じです。

     こんなんが延々と・・

  だからかな・・・?
  こんなかき分けて進む事が延々と続きます。


  ・・・と言っていると、

  「 ワ w(゜o゜)w オッ! 熊かと思ったよ・・・ 」

  下山道の整備をされている方が丸太を担いで登ってみえました。
  マジでビックラコ びっくり しかもランニング姿・・・

  そう言えば・・・ゲキ下りの階段や桟橋が外れていたり壊れていたり。。


  そんな管理者の方に 「ありがとうございます」 との
  感謝の言葉がかけられなかった自分が恥ずかしいです。。。まだまだです。

  快調にブッ飛ばしてサクサク下りて来ました。岳さんもビックリ顔。
  ゲキ下りが一段落した鞍部?みたいな場所でビタミン補給。

  スコブル快調!!と告げると、岳さんはまたサクサク~~と進みます。


     分岐まで下りてきた

  pm12:32 登山道・下山道分岐
  サクサク下りてきた割に時間が経過していましたが、ココまで来ました。

     ゲキ下り傾斜

  分かりにくいですが、これが結構な傾斜でして。。。
  でも、足が痛くならなかったのは幸いでした。


  あとは、シツコイですが、また熊笹をパスパスかき分け歩きます。

     やれやれ・・です

  沢?川?せせらぎ?の音が聞こえ、やれやれです。
  登りと下りで道が違うので、ちとピントが狂いますが、もうココまで来れば一安心。

     ゴールはもうすぐ

  pm12:45 林道へ

  あとは、ザレザレの歩き易い?林道を戻ります。。。岳さんは走っています。
  ココまで下りて来ると、暑いです。蒸し暑い。。

  もちろん近道から戻りました。大きな木が強い日差しを遮り涼しかった。

  団体サンのバスの停まる駐車場まで下り、軽舗装された道を歩き、
  登山口の駐車場まで無事下りて来ました。

  pm13:00 ジャスト 南木曽岳くんコンプリートです ぴーす


  帰りはもちろん 温泉 に寄りました。

  ひとっぷろ(風呂)のあとの牛乳、そしてコーラは格別でんな~~~たらり



  しかしアレですね・・・・・

    この南木曽岳くんもそうですが、6月に登っ小秀山くん (レポはまだです 土下座) の時も、
    「 御嶽山 」 の眺望が良いと言う理由で登ったのですが、
    ガスガスのために全く展望が利かないのです。。。・・・
    眺望目当てで登っているのに、なぁ~~んも見えないと
    ガッカリ感に犯されただけの記憶しか残らないような気もしてしまいます。。

    また登りに来てね・・ってお山が言ってるんだよ、、何て岳さんは言いますが。

    そ~~ゆ~~意味なら良いのかな はてなボックス  
     


関連記事
スポンサーサイト

2009/09/16 Wed. 20:02  edit

Category:  ☆ 山歩記

Thread: 登山 - Janre: スポーツ

tb: 0  |  cm: 4

top △

コメント

そういえば・・

kacoさんこんばんは。
そういえば、焼岳小屋でいっしょに泊まっておられた親子が、「雨で展望が望めないからこのまま下りる」と。

展望こそ命!な人もいますね。
ワタクシは、バッジと山頂はもちろんセットです。

長次郎 #S90rSSAo | URL | 2009/09/17 23:45 | edit

>長次郎さん。

こんにちは、長次郎さん。コメントいつもありがとうございます。

山に登る理由は人それぞれ、価値観やモノの捉え方も…だから
<展望が望めないなら…> もアリなんですよね。

私も、山頂&バッチがセットであります e-68

kaco #- | URL | 2009/09/18 12:06 | edit

No title

私も最近は展望がよくない時が多いですが時期的なものもあるんでしょうかね。?
それでも山登りの楽しみはそればかりではないですし、私は行けただけでも楽しいです。^^
バッチ集めもいいですね。

S氏 #9jnonjpg | URL | 2009/09/19 23:42 | edit

>S氏さん。

こんにちは、S氏さん。返コメ遅くなりました・・・e-263

私は最近…と言うか特に今年は展望が利かない山登りが多いです。
でも、基本的に雨が降らなければ…と言う事で登っているので、
それはそれで納得の上なんですよね。

kaco #- | URL | 2009/09/23 15:01 | edit

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://nonbiri27.blog55.fc2.com/tb.php/68-9135082f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △