山と空と緑と青と・・・

アラフォ~ペアでのんびりゆったり山に登っています♪

南木曽岳へ・・其の壱 

  南木曽岳 ( なぎそだけ ) へ行ってきました。


 「 南木曽岳 」 ・・ 1,671m 。長野県南木曽町、日本三百名山。


     拝借しました

   こちら コチラの写真、登山道標識より拝借しました。土下座

     国道19号を中津川から北上して行くと、こんな感じに見えて来ます。





  前日は雨だったので、まだ道路も乾いていなかったし、何気にジメジメ・・・

  自宅から比較的近場 (と言っても70kmほどありますが) なので、
  いつもの山歩きよりもゆっくりめの出発です。

  南木曽町の蘭( あららぎ ) キャンプ場を目指し下道を走ります。

  たまに日帰り入浴でお世話になる南木曽館前を通過し程なくすると到着です。
  キャンプ場には数組の家族連れがバンガローに泊まっていらっしゃいました。。

  「南木曽岳駐車場」の看板を左折し到着。

     駐車場口

  5.6台ほど停まっていました。。が、ちとサビシイ。。かな。
  浜松?静岡?ナンバーの御夫婦が準備していらして先に発たれました。

  カコチームもソソクサと支度します。
  昨夜の雨のためスパッツ履いてスッパツ (出発) です  あせ

  am 8:30 駐車場出発

     まずは林道

  最初はドコもこんな感じで、林道をトコトコ上ります。
  林道右手は沢?小川?が流れていて清々しいです。

     小屋前の看板

  林道をほんの数分上ると小屋が見えて来ます。避難小屋です。トイレもあります。
  そして、ココまで車で来られます ・・・
  4.5台の車と、観光バスの半分くらいのミニバスまでも停まっていました。。

  この先はゲートがあるので車はココまで。
  ささ・・・と、次へ進みます。

     もちろん近道へ

  am 8:34 近道?の分岐標識

  もちろん、近道へ進みます。
  「自然探勝園」とあるので、道は階段等、よく整備されていて歩き易いです。

     ・・出そう?

  大桧、ブナ、樅の木・・・すごく大きな、大~きな木の森を通ります。
  トトロ?まっくろくろすけ?ナウシカ?・・出そうです トトロ

  そして、この近道もすぐに終わり、元の林道に繋がります。
  舗装されていない林道を黙々と上ります。
  昨夜の雨で林道は締まっていて、歩きやすかったです。乾いていると滑りやすいから・・

     簡単な図

  こんな簡単な登山道案内が出て来ます。。。割れてます。。。
  このすぐ横 (奥) に金時の産湯??がありました。

  ・・・すると、林道とお別れして左へと入る案内が。。。

     登山口
  
  am 8:50 登山道入口

  ・・・ちなみに今回は、日帰り専門のこの南木曽岳に、
  岳さんはお泊りセット並みの荷物の量(重さ)で、カコもそれなりにザックに荷を詰め込んで、山行の練習を試みています。

  やはり、昨夜の雨の影響か、
  登山道もさることながら、空気もジメジメしていて蒸し暑い。
     ・・・そして、虫さんも結構飛び交っていたので。。虫ペール散布スプレー

     案外、苦手?

  こんな小橋も渡ります・・・・・が案外、滑りやすく、ちと怖い。。
  この先にも水が流れているトコロを石伝いに4、5歩渡る。

     湿気帯びてます

  結構、こんな ↑ ↑ 感じでシットリ感な登山道をトボトボ歩く。
  すると、先行者を発見。。団体だ。。

  あのバスの一団であろう団体。。。賑やかな声が遠くから聞こえてくる。

  すぐに追い付いてしまい、団体さんが休憩されたのでココで抜く。
  ただ、このあたりでカコも休憩したかったけれど、
  岳さんはサクサク進むので、カコも進む事にした。

     金時の洞窟

  am 9:07 金時の洞窟 ・・・らしいがよく分からない。

  この金時の洞窟あたりは、大きな岩がゴロゴロとした道でロープあり。
  ちょっと金太ろさんになった気分で、豪快に岩を登る。

  相変わらず、先ほど抜いた団体さんの話し声や笑い声がよく聞こえている。

    岩から根っこ

  こんな岩から根っこが出ている大きな木ばかりの森を行く。
  何箇所か、木の階段や小橋が掛けられているけれど、
  雨に濡れて滑りやすいのと、壊れている箇所も多いので要注意!!でした。

     登山口からまだ0.8キロ

  am 9:13 登山口より0.8キロ標識 

  まだ、0.8キロしか登って来ていないんだ~~~と。
  木々の隙間から見る景色は・・・見・え・な・い。。。

  今日はど~~も汗が滝のように流れ、汗ダックダク 大汗 大汗
  拭っても拭っても、噴出します。
  岳さんはサクサク登って行きますが、カコは途中、途中で水分補給。

  滑る木の階段と小橋に気を付けながら、九十九折に登ります。

  ・ ・ ・う~~ん、展望が期待できないガスガスな感じに、
  ブルーになりながらも、メゲズに登ります。

  すると、追い討ちをかけるかのように、

     何か階段・・・見える。

  こんな ↑ 壁のような階段が見えて。。。

  ハハハ・・と失笑しながら、登るカコ。

     上から見下ろしてみた

  登り終え、見下ろすと ↑ ↑ こんな感じ。
  こんな (不安定な) 階段が結構続きます。
  そして、山登り特有?の 笹の葉 †SbWebs† 笹の葉 †SbWebs† 熊笹帯に突入しています。

  ハッキリ言えば、スパッツを履いた意味が無いほどの高さなので、
  腰周りが一番濡れてしまって、岳さんと 「何だかね~~」 って。。

  ただ、この南木曽岳・・・休憩ポイントがムズカスィ~~

  ようやく、展望の開けた場所に出たので休憩することにしました。


     ココで休憩

  am 9:50 ココで休憩 
  
  一つだけベンチ?らしい木の板があります。
  先行して行かれた静岡?浜松?の御夫婦が休憩されていました。

  カコチームもココでザックを下ろし、しばし休憩。

      ・・・続きは、休憩のあとに・・・ねこ





     

     
関連記事
スポンサーサイト

2009/09/14 Mon. 23:34  edit

Category:  ☆ 山歩記

Thread: 登山 - Janre: スポーツ

tb: 0  |  cm: --

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://nonbiri27.blog55.fc2.com/tb.php/66-82dcddfd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △