弾丸ヤマノボリ!・・前編

Category :  ☆ 山歩記
夏真っ盛り!

7月25日(金)、
この日、日本一暑かった街に住む我家は、
その暑さから逃げるように、お山へ行って来ました~♪


青空~♪


青空に迎えられ、ヤマノボリ的には良い感じに見えますが・・・
さてさて、どんなヤマノボリとなったことやら。。。(笑)

☆  ★  ☆  ★  ☆

「 日 時 」  7月26日 (土)  お天気
「 お 山」  【 雨 飾 山 】 へ、行って来ました~~ ♪♪

☆  ★  ☆  ★  ☆

2014年、本格的な山登り第1弾として登って来たのは、ココでした。
ホントは、ショテッパツだし、慣らし的に登りたいし・・・・・と、
遠い飲み屋にてテント泊。。。とか、
コマクサ女王やウルップ王子の咲くお花見ヤマ。。。とか、
色々と悩んでいたのですが、
お天気や体調、そして道中のコトとか色々と考慮してココに決めた我家。
高速嫌いな岳さんなので、R19からずっと下道で、
2月のスキー以来の白馬・・・・・を通過しまして、
着いたココ。

紅葉のシーズンは路駐が凄いコトになるという駐車場。
でもこの時期はモーマンタイ!

登山届を記入しながら、交代で支度を済ませ。




レッツらGo!


いきなり、百名山かよ!的な感じは否めませんが、
出発です。

山頂まで、210分。。。

3時間半、と言わぬトコロがアトラクション待ち時間のミョウか?


久々すぎるので、
ペース配分とか、どんな感じで登っていたとか、

とにかく色々と思い出しながらの歩き出し。




まずは・・1/11



岳さんは、日帰り用ザックくん。
( 一昨年までは、テント泊でも使用していたエースなのは内緒 )

今日は何故かアタシの帽子も被ってます。


で・・2/11


はじめのうちは、ほぼ平坦な木道の整備された歩きやすい道を、
トコトコと。

これが、
帰りにはとても有り難く涙モノの感動に変わる訳で・・・

( そんなお話は本編・後編にて )


はい、2/11です。

  ココからは、しっかり登山道になります。



グイ~ンと


若干、
朝露のせいか、雨のせいか、それとも地質か、
土がつるリンと滑りやすいのは要注意!

前を行く岳さん。

Kaco のあまりのスローペースにじれったさも有ってか、
無言で追い越しつつも、
背中で何かを悟れとでも言わんばかりの登りっぷり。



アレレ、3/11は?



という訳で、3/11 に気付かず・・・
( 岳さんのコンデジには 3/11 あり )

いきなりの、ハイペースに息が上がり、
「 これじゃ~持たない 」 と見上げた頭上には、

見事な新緑のブナの木々が。


ブナ平のブナっぷり♪


そんなブナの中、
緑に癒され、「 ブナ平 」 へ。

登山口に着く手前で、バスで来られたとみられる一行。
20名くらいの団体さんが、休憩あけでちょうど発たれるトコロ。

微妙だったけれど、
私たちも、この数分後出発するも、

吸収され、しばし同行となる。
しかし、ガイドさんに気付かれ、「 2名、先へ~ 」 と促され・・・


いやいや、
良いペースで引っ張ってもらっていたから。。。と、
この数名を抜いて行く事の方がシンドイ・・・とは、

後の祭り。



そして下り・・


しばらくして、下っていたので、
抜くのには良いトコだったのね。。。的な。

木々の緑からこぼれる日差しが若干痛くなって来た頃、
見えて来た姿に、

テンションが上がりつつも、まだまだ感は否めないのは正直なトコ。



わお!


夏山最初の日帰りにはキツかったかな?と思ったのもこの辺り。

テント泊山登りに身体が慣れてしまうと、
身体がなかなか日帰り対応に適しないのかも?



レレレ・・5は?



はい。 6/11 

さっきと同じようなアングルに岳さんも居るの図。
また、 5/11 飛ばしです。。

小さな雪渓を歩いたと思ったら、



ホントの雪渓がどどーんと登場しまして
来ましたココ。

いろんな方々の記事やヤマレコ、ヤマ本に
数多く登場する場所です。


雪渓だす!


ひんやり涼し~~い♪

白・緑・青 のコントラストが絶妙に癒される~~~♪♪


下を見れば、
上空からすり抜ける雪渓を下る風が蒸気を吹き飛ばし、

これまた神秘的。


涼しいです


ココで帰っても良いね。

なんて、話をしたのは内緒の話。
ヘタレっぷりもいいトコロですね。

ただ、

この雪渓から取りつき以降は、
結構な激登りが、待ちかまえているので、
それなりに、気持ちと気合いとギアを切り替えてかかります。


激登り途中の7/11



根っこ持ち~~の、
枝に掴まり~~の、

7/11 の 標識見つけ~~~の・・・



樹林帯突破!?



樹林を抜けるともうソコは灼熱の太陽が照りつける、
陽の当る場所~♪

ってか、あっつっいぃ~!!

わかるよ分るよ。夏だもん!
暑いのは解るけどさ、

これじゃ、下界とあんま変わんないじゃん!!


アチ・・・


あれ?
登るべきお山方面が遠のいて行く・・・


帽子を深く被り、
照りつける日差しを遮りつつ、

必死コイテ登り見つける日陰地点。


日陰が嬉しい8/11


涼しい。。。天国じゃ~的な・・・(笑) 

そう、今気付いた。
3,200m って、標高じゃないんだね。。当り前か。

○の中は、登山口・・


登山口の駐車場から、ずいぶんと登って来たモンだ・・・
( という事は、帰りにゴールはあそこなんだと思うのね @@; )

お花たちに癒され。。

まだまだ登り・・


見上げるたびに、先行者が見え、
あそこまで登るんだ、あ~してこ~して登るんだと思い、

いやいや、こんな感じ良いね~と思うのも束の間、

青空~♪


ただ、暑すぎ!!

そりゃ~
雨に降られるよりは全然良いけれど、照り付ける陽射しがココまで痛いと、
ちと、心配事も増えるのです。

う~~ん!?
あれに見えるは槍さまじゃね??

私のコンデジではココまでで限界。


槍さま・・? 




でも、奥に見えるは槍様、そして北アルプスの山々です。
テンション上がります!

今年の目標の一つ。

7年目にしてようやく、
あの頂に登る目標を掲げた我が家。

その、目標のお山に行けるためにも、
色々なお山をクリアーしなければいけないし、
課題も問題点もたくさんたくさんあるのも事実です。





そろそろ笹平じゃない?
と、勝手に思いつつ、ガシガシ登ってようやく着いたココ。

ちと、暑さにパテ気味のヘタレ2名。

珍しく、ザックを下しドッカリ腰をおろしての休憩です。



どうにか・・

いやいや、
森林限界?を抜け視界が開けてからがキツかった・・・

上がってしまったテンションに、
身体が付いて来られず、
ガシガシ登ってしまった事に、反省しきり。

さぁ、もうすぐ360度の展望が待つ山頂はアソコです!



いざっ!




関連記事

テーマ : 山登り
ジャンル : 趣味・実用

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
お天気チェック
いま何時?
プロフィール

kaco

Author:kaco
ヘタレで根性無し。。。
不格好な負(腐)女子のkacoです。

2008年の夏からお山に登り始めました。
のんびり気ままに、基本的にはムリしない。
健康第1、天候第2に、マイペースで
岳さんとお山に登っています。。。

が、
ココ最近はもっぱら「誌上登山者」です・・(汗)

そんなヘタレ山歩記録ですが、
遊びに来て下さって嬉しいです。

リンク
検索フォーム
カウンター
Free Access Counter Templatesナビくん
百名山りすと
利尻岳巻機山瑞牆山恵那山
羅臼岳燧ヶ岳金峰山白 山
斜里岳至仏山甲武信ヶ岳荒島岳
阿寒岳谷川岳白馬岳甲斐駒ヶ岳
大雪山苗場山五竜岳仙丈ヶ岳
トムラウシ妙高山鹿島槍ヶ岳鳳凰山
十勝岳火打山剱 岳北 岳
幌尻岳雨飾山立 山
後方羊蹄山高妻山薬師岳塩見岳
岩木山男体山水晶岳悪沢岳
八甲田山日光白根山鷲羽岳赤石岳
八幡平那須岳黒部五郎岳聖 岳
岩手山皇海山槍ヶ岳 光 岳
早池峰山武尊山穂高岳伊吹山
鳥海山赤城山常念岳大台ヶ原
月 山草津白根山笠ヶ岳大峰山
朝日岳四阿山乗鞍岳大 山
蔵王山浅間山焼 岳剣 山
飯豊山筑波山御嶽山石鎚山
吾妻山丹沢山美ヶ原九重山
安達太良山両神山霧ヶ峰祖母山
磐梯山雲取山蓼科山阿蘇山
会津駒ヶ岳大菩薩嶺八ヶ岳霧島山
平ヶ岳天城山木曽駒ヶ岳開聞岳
魚沼駒ヶ岳富士山空木岳宮之浦岳