山と空と緑と青と・・・

アラフォ~ペアでのんびりゆったり山に登っています♪

白山へ・・其の四(下山編) 

 そんなかんかで。。。白山ラストレポ行きま~~す
     ココまでの詳しい内容は コチラ  其の一 其の二 其の三 からどうぞ。


    ビジターセンター

   食事&休憩をすませ ↑ 室堂ビジターセンター内でバッジを購入。
   この建物の裏手側には沢山の登山者がいらっしゃいました。
   ・・・と言う事は、コチラが別当さんからのコースなのかな??

   そして、 am11:45 そろそろ下山にかかります。
   あれだけ必死に登って来た 6.9キロを下ります。。長いです。。

           ココからは写真ほほとんどありません

        
   石川県との県境の分岐までは気持ちの良いお花畑です お花

     リンドウ

   こんな時間にもなれば、平瀬道からもたくさん登っていらっしゃいます。

   下りは登りで背に受けていた景色を堪能しながら気持ちの良い下り・・・
   北アルプスの山々、乗鞍 ・ 御嶽山と雄大な山々を眺めながらの下山です。

   休憩&食事の間、脚のマッサージやストレッチをしていたおかげ?と、
   カン違いカコは、サクサクとカンクラ雪渓まで快調に下りて来ました。

     ・・・しかし、コレが最後まで響く訳で・・・汗

   カンクラ雪渓での休憩中、岳さんが
   『ココまでは良いペースだったけど、これじゃ最後まで持たないよ・・・』 と。
   
   そんな一言で忘れかけていた不安がよぎり、
   ザックから膝用サポーターを取り出し、ストックはダブルにします。
   
   後半レポは写真を撮るコトも忘れるほど、ただ黙々と、ひたすら脚を運び、
   進む事だけで精一杯!!ホンと辛かったです。

   もう、何キロ地点で何時だったのか、どんな景色だったのか分かりません。
   ただひたすら・・・丸太の階段、石段を黙々と。。。

   とりあえず、岳さんとは各○キロの標識地点で休憩。とだけ決めて、
   黙々と下ります。

   避難小屋までは何とか岳さんとの距離も離れすぎる事なく下りました。
   でも、足は確実に痛いです。。左足を上げる事が痛い!!

   避難小屋でちょっと腰を下ろして休憩。。。
   こうしている間には、何組かに抜かれてしまいました。

   ストレッチしても痛みは引きません。。辛かった・・・
      
     スッタカタ~ッと

   小屋を出てからは岳さんとの距離が開くばかりです。
   大白川ダムのエメラルドグリーンの湖面が見えていますが、
   まだまだ、めちゃめちゃ遠いのです。

   若い男女の方たちが軽快に私たちを抜いて下りて行きました。

   大白川まで3キロを過ぎた辺りから辛さもピークに。
   下りて行くにしたがって、明らかに膝に痛みが出ていました。
   そしてもう一つ違う症状が・・・
   どうやら熱中症になりかけたみたいで、頭がクラクラします。動悸も・・・
   岳さんと水分を摂取し過ぎてしまい、水分が残りが僅かに。

   ペースを上げる訳にも行かず、休憩も長くとる事も出来ず・・
   トボトボ下ります。

   が、もうカコの足は悲鳴を上げました。
     。。階段の段差で膝がカクンカクンと言い丸太の階段に座り込んでしまいました。

     岳さんが戻ってきてくれて、仕方なくココで大休憩します。
     ちょうど日陰の岩場がすぐ下にあったので移動し、ザックも下ろします。

     室堂で休憩していた時に頂上を目指されていたトレランの御夫婦が、
     もう下りて来られて、ココで抜かれてしまいました。。。ずーん↓

     情けない話ですが、ココで20分近く座り込んでしまい岳さんに謝ります。


     残り2キロ・・・残り1キロ・・・が本当に長かった。本当に辛かった。
     正直、「もう山登りなんてヤダ!」 と思いました。



     進んでは休む、進んでは休む ・・・ の繰り返し。



     沢の音・・・川のせせらぎの音が聞こえてきて涙が出た。
     登山口の小屋の屋根が見えた時は、ホンと叫びたいくらいだった。

       キレイな小屋


     岳さんが登山口のゲート?で待っていてくれた。

       ありがと
     pm 3:02 登山口にて。。。


     ホンといつも一緒に歩いてくれる岳さんに感謝感謝の山行だった。
     きっと、岳さんが居なかったら下りて来られなかったと思います。

     やはり、万全な状態で登らなきゃダメだ!!
     しっかり睡眠時間をとる事。朝食をとる事。。。を肝に銘ず。


       車いっぱい
     ワ w ( ゜o゜) w オ・・ 結構、車が停まってる・・・

  
         
   
関連記事
スポンサーサイト

2009/08/31 Mon. 20:31  edit

Category:  ☆ 山歩記

Thread: 登山 - Janre: スポーツ

tb: 0  |  cm: 8

top △

コメント

行きはヨイヨイ~帰りは???
kacoさんも下りは苦手ですか?
登るのは目標があって楽しく登れるのに、
降りるときは足に負担がかかって疲れますよね。
新兵器のストックの効果はありませんでしたか?

でもでも、こんなにいい天気の日に登れたのは良かったですね^^
無事に下山できたようで、お疲れ様でした♪

ところでkacoさんは関東かと思ってましたが、長野にお住まいですか?

カルネ #VhNaT.1s | URL | 2009/09/01 12:27 | edit

こんにちは!!白山レポート楽しく読ませていただきました☆
カコさんのレポートを読んでいると、めっちゃくちゃハードでは??時間配分的に私は多分ついていけないと思う。。
特に、登りは頑張れと言われても呼吸がしんどくて足が前に出ないもんで。。まだ、下りは呼吸が出来る分、足の痛みだけ我慢すればついていけると。。。。思う。。ほんとか?(笑)なので、私はどっちかというと、下りのほうが得意かな~^^:
山頂の雲海めっちゃいいですね~~~。私も見たかった。。
来年再挑戦です!!

まよまよ #- | URL | 2009/09/01 17:03 | edit

お疲れさまでした

山レポ、楽しく拝見させていただきました。
下山するまでが山登り、といいますが、下りって結構疲れますよね。
登ったら下りなくちゃいけないのが、本当にツライと思うときがあります。
私は、みんなが元気に登ったり下りたりしている姿を見ると、
なんだか自分がダメダメに思えてガックリきます。
白山を日帰りしただけでもすごいと思います。
お疲れ様でした。

みきゅん #- | URL | 2009/09/01 20:01 | edit

>カルネさん。

こんばんは・・・カルネさん。コメントありがとうございます。

行きは良い良い~♪帰りは e-447 でした。
どちらかと言えばやはり下りが苦手な感じです。
基本的に日帰りの山歩きなので、それがかえって
足に負担をかけてしまっているのかも知れません。
新アイテムは次回の山歩きから使用予定です(汗)

・・・カコは都会っ子ではないですよ。田舎モンなんです。

kaco #- | URL | 2009/09/01 23:07 | edit

>まよまよさん。

こんばんは・・まよまよさん。コメントありがとうございます。

こんなタラタラレポでも読んで下さってありがとうございます。
時間的にハード・・・でしょうか?
カコには時間的な事とかよく分からないのですが、岳さんに言われるまま、
ひたすら頑張った次第であります v-355
まよまよさんは下りが得意ですか?
私も足の痛みさえ無ければ何とも無いのですが、如何せん
どうしても膝が痛くなってしまうのです v-409
まよまよさん、来年再挑戦ですか?
頑張ってくださいね。私もまたチャレンジしたいです。
・・・だって、クロユリさんに会えてないもん!!

kaco #- | URL | 2009/09/01 23:15 | edit

>みきゅんさん。

こんばんは、みきゅんさん。コメントありがとうございます。

タラタラ長いだけのけレポですみません (汗)
下山するまでが山登り・・・ホンと仰るとおりですね。
「登っただけ下りなきゃいけないのが登山だ」と言うのが岳さんの口癖で、
耳にタコが出来るほど聞いております v-15
カコも下りに結構時間がかかり、サクサク抜かれてしまう事が多く、
その度に自分には山登りは不向きじゃ無いか・・・と凹んでしまいます。
今回は白山を日帰りでしましたが、自分の器量?度量?自分をもう少し分析し、
しっかり計画しなきゃいけないと思いました。

kaco #- | URL | 2009/09/01 23:26 | edit

白山レポとてもよかったです。あれだけの山の日帰りだと下山は結構キツイはずです。足が痛くなるとペースが下がってしんどいですよね。
私もほとんど日帰りの登山しかできない環境なので、足を傷めずに登山できるからだをつくることも今後の課題です。安全に登山するためにも必要ですね。
登山のためだけに休日を使うこともなかなかできないですが、からだづくりにはできるだけ間を空けすぎずに登山をするのが一番手っ取り早いのかもですね。^^

S氏 #9jnonjpg | URL | 2009/09/02 06:52 | edit

>S氏さん。

お早うございます、S氏さん。コメントありがとうございます。

白山レポ・・・ただただ長いだけでタラタラレポですみません。
なかなか上手くまとめる事が出来なくて (汗)

白山は足の痛みとの戦いだった記憶しか残らないイメージでしたが、
帰って来てジックリ写真を見ると、天気も良くそして雲海、
景色も堪能出来たのだから、と想い返しています。
私もまだ日帰り登山しか出来ない環境のため、足の痛みとどう付き合うか、
痛めず登るには・・・と言う事が課題となりますね。

kaco #- | URL | 2009/09/02 08:13 | edit

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://nonbiri27.blog55.fc2.com/tb.php/61-06a0cc94
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △