スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「散々」or「三山」!?・・最終話?

Category :  ☆ 山歩記
ココまで来てしまったので、いきなり続けます!


   稜線に出ると・・


三山なだけに、散々迷いまくってそれなりに時間もロスして登って来たココまで。
なのに、さらにロスしてしまうことになろうとは思いもよらず。。


後ろ髪引かれまくり、足取りも何故か重いまま進むこの天空の稜線歩き。


続きはポチっと 人気ブログランキングへ してから読んでね。

と、このレポは9月16日のお話です。


重い足取りの訳は、後ろ髪を引いているこの景色。
背後には昨日登った地蔵岳のオベリスク。。。そして見えますか?その下の白い砂地。


   オベリスクとアリ地獄と


そうなんです!その砂地のジグザグに見えているソレがあのアリ地獄的登り。
人も見えているのですが、こうして見ても、結構な斜度の滑り台でしょ・・・(笑)

私の体調さえ悪くなければ、昨日、天気もあまり良くない中、地蔵さんへ行かず、
今朝、早出して、オベリスクに登り、そのまま三山縦走も出来たであろう今回のお山。

こんな好天に恵まれて三山縦走も出来たのにという、後ろめたさと、
自分の不甲斐なさに苛まれながらも、そんな思いは語らず、心の奥底に仕舞っての、
清々しい(と思って歩いていた)、この稜線歩き。

私たちの行く手、左側には南アルプスの雄大、かつ壮大な山々の数々が。
アチラ側・・・(仙丈ヶ岳から北岳、間ノ岳、そして農鳥岳へと続く) の稜線も、
バッチリ見えていて、気持ちが良さそうです♪♪


   憧れの稜線は。。


山登りを始めてまだまだ5年目のヒヨっ子。そしてその5年目にして、
初めて南アルプスの山域に足を踏み入れたまだまだ南ア が偉そうにと、
思われてしまうかも知れませんが。

もっともっと、沢山のお山で修行してからアチラ側も歩いてみたい・・・そう思いました。
  と、その頃には、もうそんな体力も無いくらい歳をとっている可能性の方が大ですが・・(汗)


   甲斐駒くんも。


後ろを振り返ると、隠れていた甲斐駒くんも見えました。

ハイジみたいにスキップして、
   ♪♪ ヨ~~ロロ~レヨホホ~~ィ♪♪ なんて歌いだしてしまいそうなそんな気分。

でも、まだ、本日の一座目。。まずは観音さまにまだ到着していないというコトもあり、
浮かれ気分はちとお休みして、とりあえず観音さまを目指します。。。(笑)


   アレは観音さま・・かな?


ゲンキンですよね。
アレだけツライ思いをして登って来たのに、痛かった足も苦しかった胸も、
全然苦に無らないんですから。。。不思議と。

ただ、痛かったかも知れないし、胸(喉)もヒューヒュー鳴っていたかも知れないけれど、
その事が気にならないほど、楽しい思いに満たされていたのかも知れません。

何枚も何枚も同じ写真ばかり撮っているkacoに対して、ポイントポイントで、
気に入った写真を撮る岳さん。。も、もうココまででお腹一杯だとか。


   甲斐駒くんのその奥には


甲斐駒くんの肩からオペリスクの上。。その奥には北アルプスの山並みが。
穂高連峰から槍ヶ岳。そしてその奥の後立へと続く山並みまでよく見えました。

そして、北信の山々。八ヶ岳は当然の如く。


   大展望ですね


グル~~~~~っと一周、パノラマ撮影をしたのですが、
映像として保存し忘れたのには呆れたのも正直なトコ。
岳さんは、そんな私を置いてけ掘りにして、サクサク進み、ココをヒョイっと登ると。。



   岳さんがいるその先には・・


スラ~~っと、日本一の頂が。


  日本一の頂が。。


右手には南アルプス、前方には富士山、左手には八ヶ岳、背には北アルプスと、
今まで登ったどのお山にも負けない贅沢なお山です!!

またまた、なんとも贅沢な稜線歩きとなる訳です、が、
またココで、日本一を目の前にして足止めを喰らってしまうコトになるのですが・・・


  佇む皆さん。。

   
そんな、微笑ましい・・足止めを喰らってしまっているみなさんの図。。。アタシも居るよ♪

ただ、もうこのホンのすぐ目と鼻の先に、観音様は見えていたので、
ココで佇んでいても全然問題ない訳でして・・・

丁度、その観音様は大層賑わっておりましたので、その人出を回避すべく、
ココで時間潰しならぬ、暇つぶし的に、おバカな写真を撮っていたアホチーム2名。

   手乗り富士・肩乗り富士・帽子富士・◆腸富士・・・と

温かい眼差しと、ちょいとばかり冷やかな視線とを浴びて遊んでおりました残念2名なり・・・(笑)


   賑わう観音さま。。


それでも、ちぃ~とも賑わいがおさまらない観音さま。
コチラ側から向かう登山者よりも明らかに、アチラ側から来る方々の方が多かった。

そうそう、アチラとは、夜叉神ルートで登って来られる方々。
そのルートの方が断然、多いんだと知ったこの日。。

10名近くの団体さんが2組ほど、一度に登っていらっしゃったようで、
コチラに向かって来るのが見えたので、それに合わせて、
私たちもコチラでやり過ごし、観音様へと向かいました。


そして、当たり前の順番待ち後。。。本日、一座目。


   着いたど~


鳳凰三山のニ座目の。。。【 観音岳 】

。。。と良く見ると、山梨百名山の山看板。。。
日本百名山の山名識は、もしかして、倒れて立て掛けてある朽ちた看板では??

いゃ~ね、もう、こうして撮っている間にも、次の方々が、
撮る側がカメラ片手に待っているし、撮られる側も順番待ちだし。。と、
よ~もよ~も、賑わっておりましたよ。


   観音さまからの・・


岳さんも、撮ろうとしたけれど、とりあえず、登山者の波が引くまで、
ちと、この岩に上って、展望を楽しんで来よう♪♪と言うので、よっこらしょいっと!!

ココも、所狭しと人がおりまして・・・・・、凄い密集率(笑)
そんな中にもココに居座って一等地を陣取り風景を、景色を独り占めされている方もいて、

ちょいとばかり、何だかね~!?と疑問視した記憶。。。


    農鳥~間ノ~北岳~  ~仙丈ヶ岳~甲斐駒~  ~甲斐駒~オベリスク~


雲がモクモクと立ち昇り始めて来ていたけれど、まだまだ、
天空のお山廻りは健在です。
山登りの諸先輩方から、南アルプスのお山を三座同定していただいたけれど、

なんせ、いまだ未踏の山域なので、ただただ、言われるがまま頷くのみでして。
でもね。。。仙丈さんの両肩越しに見えた、


   仙丈さんの両肩には・・


中アの木曽駒や、御嶽山が見えた時は、ちょっとテンション上がりました。
富士山とか八ツとか、そりゃ~普段見えない山域が見えるのも嬉しいけれど、

やっぱ、御嶽とか見えると、違った意味で嬉しい訳で。。。

と、ココまでで恐ろしいほど同じ様な写真(ばかり)を撮り過ぎまして、
お腹もいっぱい、そして、登って来られる人もいっぱいなので、
そろそろ、次へ行こうかと、ココから下りますが、その下りるだけでもプチ渋滞(汗)


   バンザイ(^^)v


しつこいくらい、同じ写真ばかり。。。
農鳥~間ノ~北岳。。。そして仙丈ヶ岳。。甲斐駒。。と今、見返しても、
自分でも、ホンとシツコイと思うくらい何枚も何枚も。。。

でも、岳さんが撮った写真と比べるとピントとか、ホワイトバランスとか何とか、
全然ダメで、いつもオートでただ撮るだけの私とは雲泥の差がある訳で。


   次は、お薬師さまへ


と、プチ渋滞さえ解消されればヒョイと下りて来れる身軽な?kaco 。
デポっておいたザックをまたまた背負いまして、次なる目的地を目指します。

と言っても、まだまだ続く縦走路・・・・・稜線歩き。
岳さんがカメラを渡せと言うので。。。そのまま進んで行ったワタシ。


   楽しそうでしょ♪


岳さんが撮ってくれました。。。テヘヘ、楽しそうでしょ~♪♪
何だか、最近。悲しいコトがあった時、見るようにしています、この写真。

見渡す限りのこの展望に、そしてこの青空に、
やはり鼻歌交じりで、ルンルン唄いながら、歩いていたのかも知れませんね。



   観音さまからの。。


稜線歩きになってからは、大して登り下りがキツクも無く、
本当に、何度でも歩きたくなるような、そんな感じ。

もうね、足取りも軽いというか何と言うか、サクサク足が進むんです。
陽射しは、もう9月とは言えジリジリと照りつけて来ますが、
稜線上は風もあってほど良い感じが、心地良い。


   富士山もまだ見えてるし。。


こうして見ると、意外にまだ薬師岳までは距離があるように見えるけれど、
天空の縦走路は比較的楽チンに進めました。。。

やっぱり、モチベーションと言うか、テンションと言うか、
お天気も要因の一つですよね。。ココまで明確に出ると言うコトは。

この頃は、岳さんよりも前をズンズン・サクサク進んで行っていた。
まぁ、正確には、岳さんにカメラを渡していたので、私は先に進むしかないワケで。


   もう少し。。


観音さまから、ほんの数分で着きます。。。ココに。
意外と早く、そして勘違いしてしまいそうなほどアッサリと着いてしまいます。

あと、ホンの数歩でたどり着く薬師さまを前に、アタシは何をしてんるのか?
確か、日焼け止めクリームを塗って、岳さんにも。。と。


   邪魔。。。アタシ?


観音さまに比べると、広~~い場所の薬師さま。
サクッと通過されてしまうのか、意外に人が少なく感じたり。。。

で、ココは順番待ちをするコトも無く、またも、「 山梨百名山 」ですが・・・


  薬師さま。。


鳳凰三山・・・の三座目。。【 薬師岳 】

何となく、三山の中では一番空いている・・・
皆さん、ココはすぐ次へと目指してしまうのか、はたまた、下山時に寄られるのか、
一番ひっそりと、静かに佇んでいる感じがしました。

どうにかこうにか、三山を廻るコトも出来、満足した気も・・・。
岳さんは、お腹が空いていて、ココで食べようと言って観音さまを出て来たので、
ココでランチ(まだ9時前ですが)、にしようと。


   5分・・・か。


私は、パッチが欲しいと話していて( 鳳凰小屋にもバッチはあったのですが、
    鳳凰小屋のオリジナルバッチしかなく、しかも、高めだったので購入せず )、
寄れる距離だったら、薬師岳小屋に行って、パッチを購入したい。。。と言うコトで、

アタシだけ、ちょいと行って来るねっ!! と言って、
ザックをまたもやデポって、小走りに( 行きは下りなんでね・・^^; ) 下りて行き、


   可愛い~看板


カップヌードルの匂いがやたらと空腹なアタシの食欲をそそり、
コーラを開ける炭酸の弾ける音に喉がなり、無性に飲みたくなり、ついつい、

バッチと一緒にコーラも買っちゃいました・・・(笑)

バッチを選んでいる時、昨日、鳳凰小屋に泊まられた方(カップルさん)に会い、
やはり、アチラの小屋に無かったので、ココで買おうと・・・と、
同じ思いでいましたね。。。とお話しをしました。


   ちょっとだけ秋。


下り5分、上りは?分。
それなりに下ってたので、それなりに帰りは登る訳で。

コーラ片手に、空腹に負けず薬師岳に戻ると、岳さんが、
意外に早かったねと言い笑っていました。。。アッ、
笑っていた訳は、コーラを買っていたから。。。(笑)


   岳さんは・・


アタシが薬師岳小屋に行っているあいだ、岳さんは、お湯を沸かし、
ラーメンを食べ、残っていたパンも食べたよう。

でも、この稜線上では、ジッと座っていると意外と肌寒かったみたいで、
岩の陰に座り風を避け陽射しは浴びて座れる場所にしていたみたいでした。


   影くらいは・・・


私もラーメンをとも思ったけれど、お山でも強い味方の、
薄皮パンシリーズ。。。つぶあんパンがあったので、コーラとともに。

コーラを飲み干し見上げる空・・・の図。


   その。。図です。


小学生の頃の、秋の運動会の時に見上げた空の青に似ている。
もう、下界ではこんな澄んだ青空って見上げコトが少なくなった気がする。

ただ、コーラを飲みほしたタイミングで、岩に寝そべる形で見上げた青空にさえ、
感動できる、感動したこの山歩きに、凄く満足感に浸っていた記憶。


   雲も増えて来たし。。


それでも、まだまだこの山旅は、長丁場の下山が残っている訳で。。
あれだけ、登って来た訳だし、中道下山もそれはそれは長いというコトは承知の上のはず。

な訳で。


なのに、レポも終われないという残念振りに。。ポチと 人気ブログランキングへ







もう、コレで終わりにして良いかな??と思ってみたり。。。。。



  
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 山登り
ジャンル : 趣味・実用

Comment

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
お天気チェック
いま何時?
プロフィール

kaco

Author:kaco
ヘタレで根性無し。。。
不格好な負(腐)女子のkacoです。

2008年の夏からお山に登り始めました。
のんびり気ままに、基本的にはムリしない。
健康第1、天候第2に、マイペースで
岳さんとお山に登っています。。。

が、
ココ最近はもっぱら「誌上登山者」です・・(汗)

そんなヘタレ山歩記録ですが、
遊びに来て下さって嬉しいです。

リンク
検索フォーム
カウンター
Free Access Counter Templatesナビくん
百名山りすと
利尻岳巻機山瑞牆山恵那山
羅臼岳燧ヶ岳金峰山白 山
斜里岳至仏山甲武信ヶ岳荒島岳
阿寒岳谷川岳白馬岳甲斐駒ヶ岳
大雪山苗場山五竜岳仙丈ヶ岳
トムラウシ妙高山鹿島槍ヶ岳鳳凰山
十勝岳火打山剱 岳北 岳
幌尻岳雨飾山立 山
後方羊蹄山高妻山薬師岳塩見岳
岩木山男体山水晶岳悪沢岳
八甲田山日光白根山鷲羽岳赤石岳
八幡平那須岳黒部五郎岳聖 岳
岩手山皇海山槍ヶ岳 光 岳
早池峰山武尊山穂高岳伊吹山
鳥海山赤城山常念岳大台ヶ原
月 山草津白根山笠ヶ岳大峰山
朝日岳四阿山乗鞍岳大 山
蔵王山浅間山焼 岳剣 山
飯豊山筑波山御嶽山石鎚山
吾妻山丹沢山美ヶ原九重山
安達太良山両神山霧ヶ峰祖母山
磐梯山雲取山蓼科山阿蘇山
会津駒ヶ岳大菩薩嶺八ヶ岳霧島山
平ヶ岳天城山木曽駒ヶ岳開聞岳
魚沼駒ヶ岳富士山空木岳宮之浦岳
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。