やっつけ仕事にしては。。前編

Category :  ☆ 山歩記
と。。。メッチャ天気が良くて行楽日和・お山日和な中、
お仕事ナウな kaco です、こんにちワン。


  快晴~♪


先日の鳳凰三山で、すったもんだがありまして・・・(古い?)
色々とあったけれど、山登りを満喫して、2012年の山登りは終了?的な感じでいて。

今年の紅葉はドコも出来が良いなんて聞いていたけれど、
あえて行かなかった?行けなかったチーム岳。


それでも・・・・・・・と、
10月の頭に、「 やっつけ仕事!? 」 的に行って来ました。


   楽しい稜線~♪


とはいえ、
やっつけ的には勿体無いお山だったわけなんです。。。


  ☆   ★   ☆   ★   ☆

【 日付 】 2012年10月6日 (土)  
【 お山 】 甲斐駒ヶ岳
【 行程 】 仙流荘 -- 北沢峠 ~ 仙水峠 ~ 駒津峰 ~ 甲斐駒ヶ岳
        甲斐駒 ~ 駒津峰 ~ 双児山 ~ 北沢峠 -- 仙流荘
【 日程 】 自宅 ~ 中津川IC ~ 伊那IC ~ 仙流荘
         仙流荘 ~ 権兵衛トンネル ~ R19 ~ 自宅  

  ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆


ちょうど2か月前。
初めての南アルプスにと決めた『 仙丈ヶ岳&甲斐駒ヶ岳 』
でも、ヘタレのせいで『 仙丈ヶ岳 』 のみとなり、またいつか・・・・と。


そんな中、浮上したココ。


夏の繁盛期とは違い、臨時便は出ないかも知れないと思いながらも、
6時の始発に乗れれば、最終便で下りて来られる(だろう)という
無謀な計画で出掛けて来ました。


   同じ時間でも・・


今日はテン泊では無いので、久々に軽めの装備。
おにぎりだけつくって就寝後、未明 1:30起床、2:00 出発。。
途中、ちとお気に入りの小黒川PAに立ち寄り、その後、仙流荘へ。4:00頃着。
2ヶ月前に来た時より、車の台数は少なかったけど、それなりにいらっしゃって。
ちょっと、寝ようかとウトウトしていると、アナウンスが・・・(笑)


   2ヶ月振りの。。


またもや、嬉しい誤算にのんびり支度しがてら、おにぎりとバナナを頬張り・・・
(岳さんは偵察がてらWCに行きまして)、1度経験済みだと、
何かと段取り良く準備も整い、チケットを購入しバス待ちの列に並びます。

前回のこの臨時便は3便目に乗れた。
今回は4便目。ほぼ同じ時間で無事に乗れてホッとして・・・
バスが出発した途端、岳氏は zzzzz
小一時間、貴重な睡眠がとれて良かったのか、悪かったのか。


   人・・いません


定刻通りに「 北沢峠 」に到着し、バスを降りると意外に涼しくて・・・
と言うより、ココにいらっしゃった人たちの中では薄着な部類の2名。

ただ、今日は日帰りなので羽織るウェアはレインウェアのみ。
まぁ、動き出せば大丈夫でしょう~~という感じで、ココで支度。

ログセットし、飴ちゃんも小分けし、仙水峠まで約1時間半。
いざと・・・進みますが、皆さん、仙丈さんへ・甲斐駒へ、
そして長衛荘と行かれるのですが、私たちの前には、
人がいらっしゃらない時間帯で、ちょいとばかり寂しかった記憶です。


   天気は・・・!?


テントはそれなりにあり、ちょうど張られている方々も。
そして、長衛小屋もだいぶ建屋が出来ていました。。。その上には、
甲斐駒(摩利支天)の岩コブがチラリと見え、天気はまだ大丈夫と思っていました。


   仙丈さん


北沢の支流?の沢沿いをトボトボと進み、紅葉を見ながら、
そして、人が少なくて長閑に感じながらも、トボトボと・・


   のんびり・・


ホントに人に会わなくて寂しいと感じていた頃、
写真を撮っていらっしゃった御夫婦と会い、ちょっとお話し、その後、
後ろから若い男女が、トレラン級に速いスピードでアッサリ抜いて行かれ・・・


   のんびり・・・・


岳さんは、相変わらずで。。
私が前を進んでいるモノの、ペースが落ちたりすると、後ろから、
無言の圧力&プレッシャーを掛けて来ます。
ただ、ココまで。
肌寒く感じていたのも、いつの間にか丁度良い感じになっていて、
日帰りなので、まだまだ(私にしては)快調なペースで進みます。


   仙水小屋


静かな静かな「 仙水小屋 」。
営業されていたのかは分からなかったけれど、ロープが張られていて、
敷地内には入れなかった。

その登山道脇で、ちと立ち止まって休憩。
そうそう、その傍にはテン場らしき箇所が数ヶ所ありました。

この先もまだ、緩やかに上りそして奥へ奥へと進んでいる感じで、
進んで行くと、賑やかな声が聞こえて来て・・・

女性2名・男性1名・・・の学生さん?の若い3名にお会いまして、
ワイワイと賑やかに進んで、私たちもその方々に道案内されて進み。。。


   ごろごろ・・


ゴロゴロ地帯に出ました。
解放感がありますが、この先、ゴロゴロと岩岩が続きます。。
意外に、飽きるくらい続きます。


   ゴロゴロ。。


初めのウチは、ヒョイヒョイと軽快に進めるのですが、
傾斜もあったりして、岩と岩を渡り歩くようになると、
意外に足に来ると言うか飽きると言うか。。

そんな中、背後からは正にヒョイヒョイと。。。
地下足袋を履かれた単独の男性が、岩ゴロ地帯を軽快に行かれ・・・
私たちも、あらよ~っ!と抜いて行かれました。
    それにしても、はじめて見ました 「 地下足袋登山家 」


   仙丈さんも


また、振り返ると背後には仙丈さんがサラリと佇んでいました・・・が、
晴れ間もなくなり、怪しい雲行きに、不安になりました。

岩ゴロゴロにいい加減飽きて来る頃、ようやく着くのがココ。『 仙水峠 』


   仙水峠


ココに出た途端、おっとろすぃ~( 恐ろしい ) 風で、寒い寒い。
ココに着くほんの少し前で、ご夫婦が岩陰に座って休まれていた理由が、
ココで分かりました。

ココまで1時間ちょい。。。今までが穏やかだった分、余計に寒く感じたのも事実。


   オベリスクも


前回、素敵な山歩きとなったあの鳳凰山のオベリスクも見えましたが、
怪しい雲行きと、立ち上る雲に、焦ったのも事実。

ココから山頂まで約3時間。


   ゴツゴツが


ゴツゴツのさらに上の山頂まで。
ココから見えているのに、3時間かかるのです。。急登で。

木々の隙間に隠れて風から逃れ、急登に備えプチっと休憩。
とはいえ、立ち休憩なのでアッサリしたものなんですが・・・(笑)

また樹林帯に入っての急登。

初めのうちは余裕ブッコいて?登っていたのですが、
段々と飽きてくるし、足が上がらなくなってくるし。。。


   急登だね~


黙々と登り続けてようやく開けた感じのトコに着くと先客がいらっしゃり、
座ってランチされていたので、仕方なく先へ進みました。

怪しかった空も晴れ間が覗いてちと嬉しくなった記憶でしたが、
ホンと、素敵な晴れ間はこの頃まで。
この後は、どんより重い雲が満載だったこの日。


   色とりどり


振り返ると、色とりどりの秋の風景が綺麗で、そんな景色に見とれつつ、
先を見上げればこんなんで、コブコブさんは遥か上。
思い返すと・・・・・この夏、仙丈さんに登った翌朝、

ホンとなら甲斐駒にも登ろうか的なチーム岳だったのですが、
やっぱり無理だったんだ。。。。。と思っていたこの日。


   ゴツゴツが。。


そんな中でも、急登は延々と続いていまして。
背負う荷は身軽なのに何故か足が上がらなくなって来て、
太ももや脹脛がプルッとしていたのも正直なトコ。

あまりに遅かったので岳さんは私を置いてけぼりにして先へ。
そんなジグザグに小さく九十九折りな急登。


   急登でしょ?


体力無いな~と感じながらも登り続けて行けばそれなりで。。。
先に登りつつ、箇所箇所で待っていてくれている岳さんが何かを伝えていました。

それは、頭を鳳凰山の肩から上に出している日本一の頂、『 富士山 』


   天気が・・・


富士山を見つけることが出来ると何故かテンションが上がる山登り。
でも、この日はこんな天気だったこともあり、あまりテンションが
上がらなかった記憶・・・・・・。

この辺りからは、森林限界を超えていたようで、
視界が開けて吹く風は冷たく、雨が降り出しそうな湿気をおびた、
ヒンヤリした風で、時には吹っ飛ばされそうな突風も吹いていたっけ・・・


   駒津峰


そんな、ちと稜線チックなトコを進んで行くとたどり着くココ 『 駒津峰 』

私たちと同じ仙水峠から来られた御夫婦と、別ルートから来られた方々が
数名、コチラにいらっしゃいました。

そんな中、やはり、座り込んで休もうと、この看板とハイマツの陰に隠れようとすると・・・
同じような方がいらっしゃいまして(笑)

と、少し離れた場所で座り、本山を前に休憩することにしました。


   ヘタレ1名。。



と言うわけで、続きます。。。 人気ブログランキングへ



   
関連記事

テーマ : 山登り
ジャンル : 趣味・実用

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
お天気チェック
いま何時?
プロフィール

kaco

Author:kaco
ヘタレで根性無し。。。
不格好な負(腐)女子のkacoです。

2008年の夏からお山に登り始めました。
のんびり気ままに、基本的にはムリしない。
健康第1、天候第2に、マイペースで
岳さんとお山に登っています。。。

が、
ココ最近はもっぱら「誌上登山者」です・・(汗)

そんなヘタレ山歩記録ですが、
遊びに来て下さって嬉しいです。

リンク
検索フォーム
カウンター
Free Access Counter Templatesナビくん
百名山りすと
利尻岳巻機山瑞牆山恵那山
羅臼岳燧ヶ岳金峰山白 山
斜里岳至仏山甲武信ヶ岳荒島岳
阿寒岳谷川岳白馬岳甲斐駒ヶ岳
大雪山苗場山五竜岳仙丈ヶ岳
トムラウシ妙高山鹿島槍ヶ岳鳳凰山
十勝岳火打山剱 岳北 岳
幌尻岳雨飾山立 山
後方羊蹄山高妻山薬師岳塩見岳
岩木山男体山水晶岳悪沢岳
八甲田山日光白根山鷲羽岳赤石岳
八幡平那須岳黒部五郎岳聖 岳
岩手山皇海山槍ヶ岳 光 岳
早池峰山武尊山穂高岳伊吹山
鳥海山赤城山常念岳大台ヶ原
月 山草津白根山笠ヶ岳大峰山
朝日岳四阿山乗鞍岳大 山
蔵王山浅間山焼 岳剣 山
飯豊山筑波山御嶽山石鎚山
吾妻山丹沢山美ヶ原九重山
安達太良山両神山霧ヶ峰祖母山
磐梯山雲取山蓼科山阿蘇山
会津駒ヶ岳大菩薩嶺八ヶ岳霧島山
平ヶ岳天城山木曽駒ヶ岳開聞岳
魚沼駒ヶ岳富士山空木岳宮之浦岳