山と空と緑と青と・・・

アラフォ~ペアでのんびりゆったり山に登っています♪

再挑戦して来ました(その4) 

週の真ん中水曜日・・・・・(古っ?)
今日はメッサお山日和な快晴で、
こんな日にお山に登れている方が羨ましくもアリうらめしいkacoです。


先週は、お山に行けてないし。。。。。
いまだ、お山レポもままならないし。。。。。


  夕焼~♪♪


と言う訳で、夕焼けショーとともに終わっていたレポの続きを。。。行ってみよ~♪♪

☆   ★   ☆   ★   ☆


【 日付 】 8月25日・26日 (土・日)  (予報は・・  )
【 お山 】 【 鹿島槍ヶ岳 】
【 日程 】 25日 柏原新道 ~ 爺ヶ岳 ~ 冷池山荘
       26日 冷池(テン場) ~ 布引山 ~ 山頂 (ピストン)  
            冷池山荘 ~ 爺ヶ岳 ~ 種池山荘 ~ 柏原新道


☆   ★   ☆   ★   ☆


8月25日の太陽の最後を見届け、死んだように?眠りに着いた kaco 。
何度も起きるも、何度でも寝られる山時間は良くも悪くも好きな時間。

明けて26日。
アラーム音に起き、サク~ッと登山靴を履いて出発だす!!


ちょうど、山荘泊まりの男性グループと同じになり、ココから、
鹿島槍の山頂までは、何度か前後になる方々です。



ヘッデンの明かりだけの暗闇の中でも、
目が慣れて来ると物凄い満天の星空の下、麓の明かりも綺麗で、
それはそれは、写真に収めていないのがもったいないくらいの絶景でして。。。

見上げていると、2回ほど流れ星も見れました。


何時以来だろう~~?流れ星何て。。。



私としては、出来るコトなら、
ヘッデン頼りの登山って、何となく。。。避けたいと言うか、怖いと言うか。
けれど、この日はそんな思いは一切無く、ただ、2年越しの思いとともに、
鹿島槍の山頂に立ちたかった訳で。


  布引岳~


ジグザグに九十九折りに登るガレザレも、
日中ならば行く手に見えているであろうモノが見えていない分、
シンドイ思い、エ~ッ!?というドン引き的な思いもせず登れるのは、

ある意味、良いトコロなんだろうか??


テン場を出て約50分で『 布引岳 』 、そしてまたまた登るコト、
同じくらいの時間でたどり着くのは、


  着きました~♪


『 布引岳 』を過ぎてからは、男性4名の方々が先行されていて、
良い意味で目安と言うか、目印と言うか、目標と言うか・・・

ずっと良いペースでチーム岳を引っ張って行って下さったお陰で、
その方たちに次いで2着組で到着した山頂。


  その4名です♪


モデルになっていただきました~~♪♪

まだ暗く、山頂の様子もよく判らずだったのですが、
この日の、日の出の時刻よりも早くたどり着いた・・・
たどり着けたのは、予想外にも嬉しかった記憶。


 雲海の向こうに。。


冷池山荘からコチラへ向かわれている方々の明かりも見え。。。
安曇野の、麓の街灯や信号機の色まで見えていたり。。。 

同じ光景は2度と無いと思えるほどの絶景の中、
静かに時は過ぎて行きました。


 刻々と。。



 コレ私です ^^;



  刻々と。。。


ジッと、その時を待っているモノの、風が結構冷たく、
正直、寒かったので、めっちゃホットコーヒーが飲みたかった。


こうして、数十分。
26日の始まりの朝を待っている時間は待ち遠しくもアリ、


 まだ暗い五竜も。。



 種池山荘も。。



 雲海の上を行けそうです。。



 五竜から奥も。。



  不思議なシンメトリー?



静けさの中、空は刻々と赤みを増し、山頂に到着される方も数名。
皆さんと一緒に・・・・・



  いよいよです!



  おはよう♪



  朝です♪



 種池山荘も♪



 暖かさを感じます♪


顔を覗かせた太陽は、意外に速く雲海から顔を覗かせ、
肌寒かった山頂と、そして名峰たちに暖かさを届けてくれました。



  雲が何か良い感じ



  槍穂にも。。



  剣にも。。


まだ暗い内に着けたコトは良しとして、
日の出時刻まで待つことになった訳で。。。。45分も山頂滞在。。で am5:20 。


  暖かいのです。。
     


そろそろ、テン場まで戻りましょうか。。。。ね。

 
関連記事
スポンサーサイト

2012/09/26 Wed. 09:26  edit

Category:  ☆ 山歩記

Thread: 山登り - Janre: 趣味・実用

tb: --  |  cm: --

top △