山と空と緑と青と・・・

アラフォ~ペアでのんびりゆったり山に登っています♪

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --. --:--  edit

Category: スポンサー広告

tb: --  |  cm: --

top △

再挑戦して来ました(その3) 

残暑厳しい9月も残すところ10日をきり、ようやく、
涼しくなって来た感じでしょうか?

窓を開けて寝ていて、今朝は雨音と涼しさで眼が覚めたkaco です。
おはようございます。

ようやく、夏布団を肩まで被っての睡眠が気持ちの良い季節になりました(笑)


残暑が厳しい9月下旬になっても、北アルプスの山々は紅葉も遅れているようで・・・
もしかして、まだテン泊山登りに行けちゃう??と野望を抱きつつ、

この週末は、所用(秋のお祭り)お山に行けないチーム岳です。


               

【 日付 】 8月25日・26日 (土・日)  (予報は・・  )
【 お山 】 【 鹿島槍ヶ岳 】
【 日程 】 25日 柏原新道 ~ 爺ヶ岳 ~ 冷池山荘
       26日 冷池(テン場) ~ 布引山 ~ 山頂 (ピストン)  
            冷池山荘 ~ 爺ヶ岳 ~ 種池山荘 ~ 柏原新道


と言う訳で、間が開いてしまいましたが続きです。。。 (その1) ・ (その2)

どうにかこうにか、CT通りと言うか、まさに「 奇跡?」 の歩みで、
たどり着いた 『 冷池山荘 』。


  山荘着です


岳さんが、荷を山荘前に置いてからテン場の受付に行ってくれました。
私はとりあえず、お水を。。。1リットル150円だったかな。


そうそう、ココはテン場がある意味有名なんですよね~~(笑)


山荘から登り、約7~8分。。。
ホントはココ(山荘)で、まずビールが飲みたかったのだけれど、
とりあえず、テン場まで行ってテントを張り、その後どうする??的に。


  登ります~


色々な方々のお話やヤマ本などで承知の上。

しかも、今回は熊が出た(らしい)、種池山荘も気がかりで、ココのテン場が、
どんな状況下なのかを確かめたかったコトもアリ、とりあえず急ぎます。

が、急ぐと言ってもココからの登りは結構、
際どい登山道で、夜中とか雨が降ったりしたら怖いな・・・が正直な気持ち。


ココでもジグザグに階段を登り、そろそろ7分、8分って頃に、
人の話し声が聞こえ。。登山道の脇に1張りのテント。。。そして、


  アレ・・・??


テン場に着くと、計2張りのみ。チーム岳、テン場3着でした。。タツさんの『3』

ココでお話しされていたご夫婦に、
 「 テント泊ですか~~ 」なんて暢気にお話しするくらい長閑な場所。


ナナメったテン場を色々と、あ~~でもない、こ~~でもないと、
吟味し放題なくらい、岳さんと、悩みに悩んで。。。(笑)


  歩いて来た~①


とりあえず②、テントで着替えたかったコトもあり、
広げたシートにザックの中身を広げて、バタバタ作業をし、テント設営完了。


場所さえ決まれば、その後の行動が、まずまず早いチーム岳??


その後、テント内に広げていた荷物をパッと入れ、
岳さんのザックにサク~ッと食糧を詰め込み山荘に戻ります。。。?


  ガラガラです


戻ります・・・と言うよりはビールを飲みに行きます。。。(笑)

いつもなら、テント泊では登山靴を履き替えたいトコロなんですが、
いくら、装備が軽くなったとは言え、
ココはテン場と山荘の往復が危険なので、登山靴で向かいます。

午前中に到着出来て、しかもテント設営してもまだお昼前。

予想外の展開に時間が有り余りすぎる状況にも嬉しい悲鳴。
山荘に着くと、自炊室?談話室?的な部屋を使用して構わない♪とおっしゃるので。。。




まずは、ビール購入です♪♪♪



今日はガスっててお山と一緒の乾杯は出来ないけれど。。。


  乾杯しましょ♪


お山価格。。生チュ~1杯、900yen はちょぃとばかりお高い??
まぁ、この一杯のために登っていると言っても過言では無いのも確かな訳で。


自分にご褒美なのです♪♪  山荘で一杯♪


とりあえず③、ゴクゴクッ!と飲んで岳さんにもどうぞ~と。


と、岳さんも、のど越しが良かったようで、
自分で止めないと何杯でも行けそうな勢いで飲み干してしまいそう。。。。

思わず私の制止が入ります!

もう一杯行けそうな感じだったのですが、実は、
500mlの「 のどごし生 」を持って来ていたので、ジョッキに空けてもう一杯(笑)



時間はちょうどお昼。
写真は撮っていませんが、おにぎりと名古屋人御用達の『 台湾ラーメン 』
辛い系はビールにとても合いますよ♪♪


自炊室には小一時間居たでしょうか?
その間に、多くの方々が到着され、テン場へ向かう方、
山荘に泊まられる方々、結構、いらっしゃって賑やかになりました。


自炊室にもいらっしゃったので、私たちはそろそろテン場へ。。。と、戻りました。


  種池山荘から


ウンウン、だいぶテントも増えて来ました。
そんな中、これから鹿島槍まで向かわれる方々もいらっしゃれば、
戻って来られた方々。。。皆さん、思い思いの山時間を過ごされています。


と、私たちはと言うと、
   『 今日、テン場に到着してからそのまま鹿島槍アタック! 』と、
言うプランもあったのですが、やはり、アタックは明日未明。。と言うコトで、

これからの時間は、のんびりゆったり過ごすコトに。


ガスっていたりしたこともアリ、テントの外にシートを敷いて、
そこでお昼寝をしていたのですが、時折、陽がさすと、暑くて暑くて。。。

岳さんは1時間くらいテントの中でグッスリと眠ってしまいました。

私は、外で粘ってタオルを顔に被せて寝ていたり、はたまた、
起きては、展望を楽しんだり、登山者とお話したり。


とにかく、下界では考えられないゆったりとした時間が何時間も。
素敵な山時間を過ごしていました。


  昼寝の空は。。


ガスが湧いては流れて行き、だんだんガスが切れて来て、
今まで見えていなかった景色と、歩いて来た道のりがクリアーに見えて来て、


  爺さま見えた~



  刻々と。。

  

  クリア~になってきた


同じ構図な写真ばかり・・・なんだけど、微妙に雲とか陽射しとか違う的な写真を
何枚も何枚も撮りまして。

思い思いの時間を過ごされていた方々も撮りまくり??

岳さんは、サンダルでこのテン場から少し上まで写真を撮りに行っていました。


寝てただけ、のんびりしていただけ、でもお腹は空く訳で・・・
時間も時間なので夕飯にしようと、また山荘で??と考えたけれど、
熊さんの影響でしょうか??


  「熊出没注意!!」


思っていたほどテント泊は多くなく、山荘泊に変更された方も多かったのか、
分からないけれど、山荘はとっても賑わっていたので、
テン場で夕飯に。。。

と言うことで、お水をいただきに山荘へ・・・

 
  山荘へは。。


そうそう、お手洗いもお借りしました。。。
   テント泊は外トイレ使用。。(100yen 男性用1、和洋各1、紙は箱に入れる方式)

調理用と、明日の行動水(ポカリ用)と言うことで、2リットル(1L 150円*2)

ちょうど、山荘の食事タイム(この日は3回戦だったとか。。)と重なっていたので、
山荘の方に一声かけて自分で水を入れる感じでした。


テン場に戻ると、夕焼けショーが見える時間。。。
でも、剣方面に沈む太陽の反対に、背を向ける長野県側から、
またもやガスが流れ込み、滝のようにガスが滑り下りて行きます。


  夕焼~♪


なかなか、お山での夕焼けショーには恵まれていないチーム岳。
またもや、雲に邪魔されながらも、なんとか見れた感じでしょうか。


  夕焼~♪♪



  本日最後。。



そして、本日最後の太陽は沈み行き、ガスに覆われた夜に。。。
薄暗いながらも、本日2度目の晩酌と、夕飯をすませ、夜は更けて行くのです。


明日は3時、テン場発で鹿島槍へピストン♪と言うことで、
起きて支度したらすぐ出発出来るように、すべてをセットしてウトウトと眠りについた私。




「 星がメッチャ綺麗だよ~~☆」 と、21時頃、起こされ・・・
また、すぐ眠りに着いた kaco を尻目にロマンチスト岳氏は星空を眺め、
同じく星空撮影をされていたテン場の方と語らっていた。。。とか。




・・・・・と言うわけで、レポも眠りにつきます zzzzzz 人気ブログランキングへ



 
関連記事
スポンサーサイト

2012/09/21 Fri. 07:47  edit

Category:  ☆ 山歩記

Thread: 登山 - Janre: 趣味・実用

tb: --  |  cm: --

top △

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。