初の南アへ・・・【其の七】

Category :  ☆ 山歩記
もう、9月。。。秋ですね~
食欲の秋、食欲の秋。。天高く kaco 肥ゆる秋になりました。

こんにちは。


  ど~ょこの稜線♪


いい加減、このレポを完結しないことには、次のお山に行けないので・・・
猛烈・激烈 up いたします!!。。。(爆)

と、さてさて。
『 馬の背ヒュッテ 』 までやって来たヘタレ1名&岳氏。


  馬の背ヒュッテ


岳さんの調子はどうだったのか忘れちゃったけれど、
kacoの調子は微妙~~に膝に違和感アリ。


  北沢峠までは・・


ヘタレにしては出来すぎなほど快調に登って来たコトを考えたら、
予想、と言うか分かっていたコトなんだけれど、

やはり、違和感が段々と痛みに変化して来ている症状も身に沁みるワケで。

ココでは、とりあえずこのまま下山しようと、
行けるトコまではこのままで下山するコトにしました。



。。。と言っても、代わり映えのしない柵で仕切られた登山道を、
九十九折りにトボトボ下っていると、やっぱり違和感が痛みに感じられて来て・・・



結局、岳さんにザックからサポーターを出してもらい膝に装着。。



仙丈小屋から元の道(仙丈尾根)に戻る、登りの5~10分にタメライ、
こちらのコースを選択したワケですが、
下山時間にすると、このコースの方が時間がかかるんですよね~~(汗)


  分岐


と、着いたココは涼しげな場所。
馬の背コースへと、大滝の頭へとの分岐です。


コチラで休憩されている方々もいらっしゃり、少し賑やかでいい匂いも。
何を思ったか、岳氏はこの沢に入ると言って靴を脱ぎ始めました・・・


とある方のブログに、
沢に足を浸けている岳氏が写った写真が up されていました。。。(笑)


ただ、この沢(藪沢の支流?)は雪解け水のようでして、
とってもとっても冷たい模様で、岳氏は足を浸けては「 冷たい! 」 を連発。

そんなアホな姿を微笑ましくも、呆れ顔で冷ややかに見ていた kaco は、
大きな石に腰掛けていました。


あまりに冷ややかに視線を浴びせていたようで、
岳氏は 「 先、行ってていいよ~~ 」 とおっしゃるので、


  渡ります


とりあえず、そんな岳氏をよそに、この沢を渡り先に進むことにしました。


ココから、ちょいとばかり心細い登山道を行くことになるのですが、
しばらく一人で進んでいて、ずっと写真がありません。


前後に人影も無くすれ違いも無かったので、よほど寂しかったのか、
まったく写真が無いことに。。。。。この記事を書いていて気付いたくらい。。。



しばらく、ひとりでトコトコと登ったり下ったり、
沢を渡ったりして、藪沢小屋?。。。廃墟と化していた建物を過ぎ、
ココで、ようやく岳さんが追いついて来てくれて、


心細さも無くなった記憶。


結構な時間。。20分近くトボトボと進んで行くとようやく着いたのは、


  5合目は分岐点です
              (行きの写真です ^^;)


5合目。。。に戻って来ました。。やはり、コチラはニギヤカデス!

ちょうど、下山されて来て休憩されていた5名ほどのグループさんに、
 「 あなた方はドチラから来られたのですか? 」と質問された岳氏。

質問された方々は上は70歳という60代のおじ様&おば様のグループ。
「 下からずっと登って来て北沢峠に下りる 」とおっしゃっていたそうですが。。

その、「下から」ってドコなんだろう??

「お先に下りますね~」と先に発たれたのですが、皆さん、
この仙丈尾根の岩岩チックな下りで足にキテいたみたいで痛々しい後ろ姿。。


  くだってます。。。


私たちも足にキテいたけれど、
仙丈尾根の混雑やすれ違い待ち、とかあの岩岩の下山を考えると、

コチラから下りて来なかったのは正解だったかな!?的な話はしていて。。。

ただ、藪沢ルートでもそれなりに岩岩下りと長~い下りもあったので、
それはそれで、なかなか足にもキテいた訳でして。


   4合目。。


おば様たちに、すぐに追い付いてしまって・・・
 「 やっぱり早いわね~~ 」 なんて言われてしまって。
「 今度来たら、あなた方のルートで下山しなきゃね~(笑)」 なんて元気な前向き発言!!


最近、山に登っていて思うコトがある。。。


   「 私はそれ位の歳になっても登れているのだろうか。。。?」


お山に登っていて、
いくらブームだとは言え、山ガール世代全盛とは思わない。
明らかに、高齢と言うか人生の諸先輩方の方が多いのが事実。

岳氏のご両親も全国津々浦々、色々なお山に登っていらっしゃるけれど、
私の両親も、もう70歳代に突入寸前。


そんな、70歳代から60歳代の方々が普通に山に登っていらっしゃる。


  さらに下ってます。。。


お山で出会う方々は、皆さん元気で、私たちの方が年寄りみたいに思う時も・・

  「 果たして私はその歳になっても(岳さんと)登っているだろうか・・」
     「 私はその歳になっても体力諸々、持っているのだろうか。。
とかね。

アラフォ~の今でさえ、足が痛い・膝が痛い・しんどい。。。とブツブツ言いながら、
必死コイテ登っているヘタレでも、その歳まで果たして。。。。。。。と。


岳さんは、「 オレはそんな歳まで登れないな~。ってか登ってないな!」 と言う。



そんな会話を山に登るたびによく話す。
決して、結論的なコトを発するワケではないのだけれど・・・・・



痛い足と、完全に自分の足慣らしの出来ていない登山靴でも、
何とかかんとか下って来た kaco と岳氏。


  テン場へはコチラ


激登りを激下って来た面々のウチラも、悲鳴をあげている足を庇い、
ココでドーンと腰を下ろして休むことにしました。







・・・・・・・・・ゴメンナサイ  もう少しだけ続きます。

関連記事

テーマ : 山登り
ジャンル : 趣味・実用

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
お天気チェック
いま何時?
プロフィール

kaco

Author:kaco
ヘタレで根性無し。。。
不格好な負(腐)女子のkacoです。

2008年の夏からお山に登り始めました。
のんびり気ままに、基本的にはムリしない。
健康第1、天候第2に、マイペースで
岳さんとお山に登っています。。。

が、
ココ最近はもっぱら「誌上登山者」です・・(汗)

そんなヘタレ山歩記録ですが、
遊びに来て下さって嬉しいです。

リンク
検索フォーム
カウンター
Free Access Counter Templatesナビくん
百名山りすと
利尻岳巻機山瑞牆山恵那山
羅臼岳燧ヶ岳金峰山白 山
斜里岳至仏山甲武信ヶ岳荒島岳
阿寒岳谷川岳白馬岳甲斐駒ヶ岳
大雪山苗場山五竜岳仙丈ヶ岳
トムラウシ妙高山鹿島槍ヶ岳鳳凰山
十勝岳火打山剱 岳北 岳
幌尻岳雨飾山立 山
後方羊蹄山高妻山薬師岳塩見岳
岩木山男体山水晶岳悪沢岳
八甲田山日光白根山鷲羽岳赤石岳
八幡平那須岳黒部五郎岳聖 岳
岩手山皇海山槍ヶ岳 光 岳
早池峰山武尊山穂高岳伊吹山
鳥海山赤城山常念岳大台ヶ原
月 山草津白根山笠ヶ岳大峰山
朝日岳四阿山乗鞍岳大 山
蔵王山浅間山焼 岳剣 山
飯豊山筑波山御嶽山石鎚山
吾妻山丹沢山美ヶ原九重山
安達太良山両神山霧ヶ峰祖母山
磐梯山雲取山蓼科山阿蘇山
会津駒ヶ岳大菩薩嶺八ヶ岳霧島山
平ヶ岳天城山木曽駒ヶ岳開聞岳
魚沼駒ヶ岳富士山空木岳宮之浦岳