山と空と緑と青と・・・

アラフォ~ペアでのんびりゆったり山に登っています♪

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --. --:--  edit

Category: スポンサー広告

tb: --  |  cm: --

top △

初の南アへ・・・【其の六】 

。。。と言う訳で、もうしばらく続きますのでお付き合いください 


  ココを登るか?


戦場  ・・・仙丈小屋から下山する事にしたチーム岳。


時間にしてほんの数分なのに、この見上げる登山道から上がるのは、
微妙にコタエル訳で。。。結論を kaco に委ねる岳さん。




数分と言えど、登り返したくないのも正直なトコだし。。。


  どうしたものか・・


ちょうど、ココから下山される方々がいらっしゃり、
その様子を見ながら。。。。。ウチラもそうしょうか??的な。


。。。結構、脚に違和感があったのも事実だし、
。。。でも、下り一辺倒より登りもあった方が良いのかな、とも。


ココを登り返さず、『 馬の背ヒュッテ 』へ下りるコースを選択。
CTは約1時間ちょい。。。


コチラのコースは登りで見えていたコースだった訳なんですが、
途中、意外に道幅の狭い場所もあったりで、

すれ違い・・・と言うか、待ちもあったりして。


  クロユリ♪


そんな中、待っていただいていたご夫婦の方が、クロユリが咲いているよ♪と、
教えてくださいました。

登山道のロープの張った立ち入り禁止区域に咲いていた『クロユリ』
岳さんに引っ張ってもらい、kaco の短い手を伸ばしての撮影。。。

実は、チーム岳、初・クロユリさんだったのです。

ちょっと嬉しかったので、ココで教えて下さったご夫婦のように、
私たちも後から来られた方々にお知らせしてみました。。
   (今、思うと、他の皆さんは初めてではないと思うのですが・・^^; )


ただ、コチラのコースの方が、沢山のお花が咲いていた気がします。。


   ??  キスミレ  シオガマ

   クロユリ~  ハクサンイチゲ  ツマトリソウ


kaco は何度も足を止めては花を撮影するので、岳さんも足を止めては撮影したり。
  (岳さんは滅多にお花の撮影はしません!!)
ただでさえ遅いkacoなのに立ち止まるものだから・・・・・・

「 早く歩いて!! 」 と催促されたり。



  逆光ですが・・・


ただコチラは岩ゴロの不安定な登山道で、ちょいと気をつかいますが、
登って来たコースを思うと、アチラはアチラでザレてたりしてたから、

どっちもどっちかな。。。

コチラからも登られる方々も多くいらっしゃいました。


しばらく下ると、


  分岐です


激下りという感じでもなく、サラリと下っているようですが、
やはり、前半、好調だった足取りにもこの辺りで違和感があったのも事実。

調子が良いとは言え、それは、負荷が軽いので足取りが軽く感じられただけで、
決して、自分の器量・度量が up していた訳ではないのです。


そして、さらに進んで下って行くと、


  深刻なようです


こんな具合にバリケード・・・では無くて、
鹿の食害を食い止めるべく、花々が守られている柵の内側を進む・・・。

柵の中には、

   ハクサンフウロ  キンポウゲ  ???

 
守られて咲いているお花が沢山。


被害はドコも深刻な感じなのでしょうか?
ただ、鹿の食害だけでなく、信じたくはないのだけれど、


心無い登山者や観光客がお花を盗んだり、進入禁止区域に入って撮影したり、
人為的な被害からも守られているという気がしなくもなかったのも正直なトコロ。


しばらく、この黄色い柵の中を進んで行くと、


  馬の背ヒュッテ


こじんまりとした佇まいの『 馬の背ヒュッテ 』 に到着。

この玄関前には沢から引いた?お水が溜めてあり、
ジュースやビールが冷やしてあって、またまた美味しそうな誘惑あり。


今回はその誘惑に負けず、とりあえずベンチに腰掛けちょぃと休憩。




・・・・・・そして、レポもまだまだ続いちゃいます。。 

  
関連記事
スポンサーサイト

2012/08/22 Wed. 22:08  edit

Category:  ☆ 山歩記

Thread: 山登り - Janre: 趣味・実用

tb: --  |  cm: --

top △

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。