山と空と緑と青と・・・

アラフォ~ペアでのんびりゆったり山に登っています♪

慣らしにならない? 

梅雨入りしそうでなかなか梅雨入りもせず。。。っとと、本日、入梅!?
天気が良いのか悪いのか、降りそで降らない微妙な日々が続いていますね。


雨女?とは言われた事はないですが。。 kaco です♪こんばんは。


          


登山靴のソールが部分的に剥がれてしまってからと言うモノ、
色んな山ショップ巡りとか、ネットで物色していた岳さん。

先日も、栄の山ショップの縦走をしたチーム岳ですが、
いっぱい悩んで、いっぱい店員さんにも聞いたりして、

ようやく、靴を購入した岳さん。。お山ビンボ~な生活に突入です。


  ざぁ~ん!!


そんな新・登山靴の慣らしも兼ねて行って来ました♪


大好きな鈴鹿のお山。。。 鎌&御在所


鈴鹿のお山(特に鈴鹿セブンマウンテン)は大好きなチーム岳。
全7山制覇はまだ達成していないのですが、特にお気にいりな、
「 鎌ヶ岳&御在所岳 」 はどちらも大好きなお山でして・・・

どちらが良いとか好きとかまったく決められないほどな訳です。

最初は、
 「やっぱ靴慣らしだし近場のお山でも良いか~」なんて話をしていたのですが、
段々と盛り上がって行く内に、いつの間にか鈴鹿へ行こうとなっていて・・・(笑)
    
鈴鹿スカイラインも開通したコトだし。。。てな感じで行ってきました。



     チーム岳。初・鎌ヶ岳へ。。初・鎌くん!
     チーム岳。鎌尾根を行く。。鎌尾根編


。。。ところが、


四日市JCTの渋滞も気がかりなので早め早めの行動で出発したものの、
天気があまり芳しくなく、向かう先の空がどうみても曇り空。。と言うより、
雷雲のような黒い雲が見えていて、四日市に近づくにつれ、
見えるはずの鈴鹿の山並みは暗~い雲の中に隠れて全然見えず。。

スカイラインまで来ると、完全にガスの中というか景色は見えず。
武平峠まで上って来ると、もうそこは雲の中に居る感じでした。


  滋賀県in!


トンネルを三重県側からくぐった出口のすぐ両側にある登山口駐車場。
少ない中にも何とか停めることが出来て、様子を伺いつつ支度。

今にも降り出しそうな雲行きと、ジト~っとした湿気の中とりあえず出発。
ココからのスタートは初めてですが。。。

武平峠の道標のある場所までは、元々は谷だったのかガレガレの箇所を上って行き、
着いたその分岐からは、鎌ヶ岳を目指します。


懐かしむと言うよりは、ただただガスの中を行っていて展望も何も無いので、
雨が降り出さない事だけを祈りながら。。。


  ガスの中を行く!


黙々と進みますが、湿気から服や帽子がシットリとして来て風が吹くと肌寒いし、
木々や岩々も濡れていて、もう戻っても良いかな~とも。

後で、戻る時に気付いたのですが。。。(汗)
てっきり持って来ている。ザックに入っていると思っていたレインウェア。

ザックが違っていたので、持って来ていないコトに気付いた残念な人1名。

岳さんに、「 ズボンだけでも履いて行く?」 と言う言葉にも曖昧な返事な私。
「 いけませんね!持ち物はちゃんと把握していないと!!」 と心の中で唱えていました。


冷たい(と感じる)風は、鎌に進む方向に向かって左側、すなわち、
三重県側から吹いていて、ガスの中と言うコトもあり、滋賀県側も全然見えず。

正直、今日はココで引き返しても良いと何度も思いました。


  楽しさ半減?


それでも、この武平峠からの鎌ヶ岳コースは、最後の最後。
この攀じ登って行く感じの登りが堪らなく楽しくて♪

クサリとロープを掴み、岩に膝をあてながら登るこの急登が楽しい♪

けれど、今日は湿気で滑るしサビが付いて汚れるし。。。



と、最後にガッツリ登るといきなりの頂上なココ鎌くん!!


  新しい山名標識


新しい、山名標識を見るコトが出来ました。


山頂では、もちろん展望は全く無く、ましろにそ~~~な中、
おにぎりだけ食べて、そのまま帰るコトに。


あとは、来た道をそのままサクサク戻るチーム岳。
今日は、登りで3名。下りで5名とすれ違ったのみ。

駐車場に戻ると、駐車場は満車。しかも、観光バスが2台来てたくさんの登山者を下します。


ウチらが早すぎたのかな?それとも、
みな違うお山。御在所や雨乞へと行かれたのでしょうか?




。。。。。と、岳さんはこのピストンだけでは靴慣らしにならなかったようで。


天気が好ければ良かったのですが。。。なかなか上手く行かないですね。
と、今度は近場のあのお山を計画していますが・・・この週末は無理っぽいですね。




関連記事
スポンサーサイト

2012/06/08 Fri. 22:08  edit

Category:  ☆ 山歩記

Thread: 山登り - Janre: 趣味・実用

tb: --  |  cm: --

top △