山と空と緑と青と・・・

アラフォ~ペアでのんびりゆったり山に登っています♪

二度目の御嶽・・・其の弐 

  二度目の御嶽。。。なのに其の弐・・jumee☆shy1
  其の壱はコチラを ・・ポチ↓


     大滝頂上

   誰もいない「大滝頂上」を通過すると、ヒヤッとした風が心地良く感じます。
   
     まだまだ、これから

   硫黄臭がして、コオォォォォォ~~~ と、吹き上げる音も。
   ココ「 八丁だるみ 」は木などの遮るモノが全く無いので風が強い。。。
   汗をかいているので風邪ひいちゃいそうです。

     まだまだよ~ん

   一旦、緩やかな道になりますが、すぐガレガレの岩場の上りが・・・
   岩場は一見、大丈夫みたいに見えますが、案外、
   浮石(浮岩)が多く、何度もゴロッと踏み外しました。。。汗
   夏山のピークは終了、そして紅葉にはちと早いからか、
   登山客はホンと少なく感じました。。。それが良かったのか???
   テクテクと自分のペースで登れます。そして、

     w(゜o゜)w

       この階段ですよ・・・・・・がーん
   この階段が、最後の最後にホンとキツイ。。。ふう…
   ココを登りきると。。。

     このお方はダレ?

   青く澄んだ空と こちら コチラのお方がお出迎え。

     やりました、、頂上です

    「 御 嶽 山 3,067m 」 2度目の御嶽登頂です やったぁ
 am 7:40 エメラルドグリーン に輝く「 二の池 」が見えていすま。

     槍・穂高方面も・・

   槍ヶ岳、穂高連峰をはじめとする北アルプス連峰。。。
   中央、そして南アルプスの山々も。八ヶ岳もキレイでした。
   日本一のあのお山・・富士山 も見えました。
   ホンとに遠くの山々まで見えていました。
   岳さんに、「アレが○○、その次が○○」と、いっぱい教えてもらいました。

   そうこうしている間に、ポツポツと登山者が増えて来ました。
   写真を撮りっこしたりしてキリがないので、ちょっと脇により岩に腰掛けます。

   ココでお湯を沸かし。。おにぎり
   こんな大パノラマで食べるとメッチャ、おいすぃ~~( 美味しい )です。

     こちらはひっそり・・

   岳さんは私よりも沢山、色んな山に登っていますが、、、
   こんなに展望に恵まれた事は初めてだと言って、写真とりまくりです・・・
   他の人にも撮ってあげています。そして山談議に 花 咲いてます。
   そして何より、「 あそこに富士山が見えていますよ・・ 」と言っては、
   またまた談議に 花 花 花 ・・・それを見ていてカコは 苦笑

   どれだけ長く山頂に居たことでしょうか・・・・am 9:00 は過ぎています。
   一時間強。。。どころか、一時間半は居座りましたね・・・がーん



   いつまでも山頂に居座るわけにもいかないので、
   後ろ髪をひかれる。。引っ張られる思いで帰ることにします。am 9:20

     うねうね・・・

   うねうね、クルクルオブジェ に別れを告げ、
   スッタカタ~~と下ります。
  
   富士山が見える最終ポイントを確認しながら、良い感じで下ります。
   ただ、頂上でゆっくりしすぎた為か、下山時は下りれば下りるほど、
   くも 曇ってきて、山々もだいぶ薄くなって見えにくくなってきてた。

     雲雲雲・・・

   あんなに真っ青だった空も、雲雲雲雲雲・・・となってる。
   ココまで下りて来たらあとはのんびりと・・・

   ただ、前回の燕さんでの下山時に右膝痛になった箇所がまた痛い。。
   激痛ではないけど、ズキズキと痛む。。みたいな。

   そうこうして下りて来て、駐車場手前の鳥居まで下りて来ました。am11:10
   2度目の御嶽山コンプリートですぴーす

     
     晴れてたのに。。嘘みたい

   帰りに駐車場から。。。嘘のように天気が様変わりしてました。

                       登山日は・・2008/ 9/23 です。。。ゴメンなさい




関連記事
スポンサーサイト

2009/07/24 Fri. 23:00  edit

Category:  ☆ 山歩記

Thread: 登山 - Janre: スポーツ

tb: --  |  cm: 0

top △

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △