山と空と緑と青と・・・

アラフォ~ペアでのんびりゆったり山に登っています♪

テント泊デビュー戦【其の五】 

初テント泊山行レポ。。。引っ張りまくりですみません。
その後の、【 其の五 】レポ始まりです。


   階段上って・・


この景色を堪能し、もう帰れば良いのに、
何を血迷ったか?チーム岳は「 蝶槍 」 を目指しました。


     
と、またもヒュッテの前を通り抜け進んだ。
ヒュッテ泊まりの方々と挨拶もし、帰りの水分を忘れないように、と心に留め。


   ヒュッテからの。。


真っ青な青空に白い雲が目につき始めましたが、
まだ全然キレイに見える槍穂を視野に入れながら進みます。


贅沢で素敵な稜線歩きです。
ヒュッテから蝶槍までは、往復で小一時間だとか・・・。


    横尾への分岐


そんな時間も、気にならない天空の稜線歩きです。
「 横尾 」への分岐を過ぎても、まだまだ続くこの道を、

身軽なチーム岳は、サクサク進みます。


   アレかな・・?


見渡す先には、蝶槍らしきピークと、そこに重なる奥には常念岳が見えています。
そして、そのもっと先には、表銀座?と言う、東京ではないのに銀座?の、

燕岳から大天井岳、そして槍ヶ岳へと続く表銀座の稜線ルート。
見ていて飽きません・・・・・が、チーム岳には、とくに kaco には到底、

歩く事の出来ない、登山のエキスパートな方々が歩くべき稜線が、
見渡せました。


   きっとアレだよね・・?


天空の稜線は緩やかに下りそして登りがあるけれど、
身軽なウチらは何とかサクサク進めて・・・


到着しました!!


   ココを登れば・・


ココを登れば「 蝶槍 」 です。

ほぼ同時刻にヒュッテを発たれたお2人の後を、ほぼ同じ距離をキープしながら、
ココまで私たちもやって来ていて。。。


決して広くないこの「 蝶槍 」に、単独の男性の方を入れて5人は窮屈・・・。


と言う先に登った岳さんの判断で、私だけ、この登る手前で待っていました。
単独の男性は、この先の常念岳へと行かれるとのコト。

そして、先行のお2方も、ひとしきり写真を撮られて・・・
ヒュッテに戻られて行かれました。。。



で、岳さんに登って来い!!と促され、


   蝶槍からの槍穂~~♪


もう何も要らない・・・何も言わない・・・


常念岳方面からも、ヒュッテ方面からも、コチラに来られている登山者さんが、
見えていたので、そんなに長い時間では無いけれど、

数分間はこの「 蝶槍 」には私たちだけ。

手乗り槍・・・槍突き・・・股下の槍。。。(汗)
アホなコト、やれるだけやって非公式ながらも写真を撮ったアホ2名。


   最後に・・・


もうホントに、飽きるほど、呆れるほど、電池が無くなっても、と。
何枚も何枚も撮り続けた。。撮り貯めた。

こうして厳選しているのも、違いが判らないくらい、
同じ時間、同じアングル、同じ景色、同じ光景をただただ撮り続けた。



それは、今になってこうして見返しても楽しいひと時なのは事実♪


後ろ髪を引かれる思いでいたけれど、
常念岳側・・・安曇野方面側から、モクモクとガス(雲)が湧いて来て、

常念岳から奥、その山容も稜線も覆いかぶせ始め、昨日の光景になり始めていた。


   戻るぞ~!!


戻る方面、ヒュッテ方面にもガスが立ち込め始めていて、
引かれそうだった後ろ髪は、アッサリと引かれずに戻った。

今まで見えていたから全然平気さ・・・なんてちょいと強がりも言ってみたり。

ガスが湧いて来る・・・と言う事は、雷鳥さんに会えるかも。。。なんて思いも。


   アレ?こんなに・・??


バサバサ~!!と飛び立つ鳥を発見しては一喜一憂。。。
ホシガラスさんだったけれど、赤い実をくわえては、ハイマツに止まったり。


そんな中、歩いて戻った稜線歩きは、やはり小一時間かかったけれど、
身軽だったこともあり、それほど苦痛なく過ぎた時間だった。


・・・はずだったけれど、


   仁王立ち・・してた方


このお方は、ヒュッテの前(裏手)で、
身軽なはずなのに遅い kaco 待ちで、仁王立ちしていらっしゃいました・・・(土下座)


もう、後は下山のみ。

ヒュッテで、下山に必要な水分と、登山バッジをゲットし、
テン場に戻りました。


   最終・・のテン場


残り2張りとなっていたテン場。
乾かしていたテントを片付け、テン場も片付け、
トイレを借り、ペットにいただいたお水でポカリを作り、

名残惜しい気持ちと、後ろ髪を引かれる思いを断ち切り、帰るコトに。


   三股へ・・



わ~~~~~っと!!
このまま、下山レポを作成しても良いかな??とも思うけれど、

やっぱり、長く長くなりそうなので、ココで一旦、打ちきり。



最終回レポ 【 其の六 】 へ続きます。。 人気ブログランキングへ ごめんなさい。。



関連記事
スポンサーサイト

2009/11/09 Mon. 21:51  edit

Category:  ☆ 山歩記

Thread: 登山 - Janre: スポーツ

tb: --  |  cm: --

top △