テント泊デビュー戦【其の四】

Category :  ☆ 山歩記
初のテント泊デビューを果たしたココ 『 蝶ヶ岳 』 。


   蝶ヶ岳山頂



必死コイテ登って、相当疲れていたのか、
夜中に何度となく岳さんに起こされたみたいだけど、

全く、起きるどころか死んでいるかの様に動かず眠りについていた私。


一度だけ目を覚ました時は、もう日付も変わって深夜2時。
岳さんは、星空観察をしていたみたいで、起きていました。



起きたついでに・・・と、トイレへ。
夜空には、あれだけ有った雲が全く無く、綺麗に輝いていた・・・らしぃ。




が、テントに戻った私はまた爆睡!!



日の出の時刻だけは調べて来ていたので、携帯目覚ましにその30分前をセット済み。





寒くて、持って来ていた衣類をみんな着込んで寝ていた私は超熟睡。
目覚めも良かった!!と思う。


と言いながら、目覚ましよりも早く起きていた岳さんに起こされた私。。(汗)


   明けて来てる・・


起きたと言うより、目を覚ましていたと言うのが正しいくらい、
テントの中で動かず佇んでいた。

外から、岳さんの呼ぶ声が聞こえ、パリパリに凍ったテントを開けると、


   静けさの中・・


すでに、テントを片付け発たれる方がいらっしゃるほど・・・

初めて迎える山での日の出。。1日の始まりを迎える。



岳さんも私も。。。そして他のみなさんも、
新春初日の出とも思えるくらい、神聖な気持ちで迎えるくらい静粛な時間。


   ただ静かに・・


何も言わず・・・何も語らず・・・
ただ、静かにその時を待つ。

果てしない雲海が広がるその先、そのまた先から昇るであろう、太陽を。
9月6日の朝陽が昇るのを待った。
まだ陽に照らされていない、槍ヶ岳、そして穂高とともに待った。


   槍穂とともに迎える。。


待ったと言うより、待ちたかった。待ち遠しかった。
こんな神聖で静粛な時間を過ごせるテント泊山行。


贅沢だ・・・ホントにお腹満腹だ。


   そろそろだ・・


ジッと待っていたかったが、ジワジワと移動しつつ、
日の出を待ちつつ、静かにただ黙って待った。


   9月6日の日の出。。


岳さんの言葉を借りるなら・・・「 プライスレス 」

何にも代えがたい、買えるモノでもない、
誰のモノでもない、この時間を共有しているすべての人たちにとって、

誰にも制限されない、自然の営みに敬服しつつ。



   輝き出す・・山々


贅沢な時間、贅沢な営みを前に小さな私たち。
言葉は必要ない。



   照らされる標識と・・


太陽が昇り始めると、心も気持ちも、そして身体も暖まる。
寒くてコーヒー片手に待っていたが、そんなホットコーヒーも冷めてしまう、

そんな寒い朝も、一度に温まった。



   輝く山並み~♪



何枚撮っただろうか・・・?
目に映るモノ、心に響くモノ、撮れるモノはみな撮っておきたかった。

ココに居た。ココに居る。その時を残しておきたかった。


岳さんも、たくさんたくさん撮っていた。
デジカメと、自分の心の中、そして記憶の奥底に留めておくかのように撮り続けた。


   御嶽、乗鞍、そして焼岳も。。


昨日は雲がかかって見えていなかった、御嶽山、乗鞍岳、そして焼岳も。
朝陽に照らされ、自己主張するかのように輝いていた。


もう、この場から離れたくなかった。
ココから帰りたくなくなった。。ずっとココに居たかった。



大自然の営みを前に、絶景展望台を前に、
いかに、自分は小さな事かと。。人生に躓き、人間関係に悩み、

そんな自分がいかにちっぽけで、小さな事にくよくよして悩んでいる自分が、



ホントに器が小さいな。。。と感じた。
そんな事を再確認・再認識した時間でもあった。


   常念もようやく顔を。。


それでも、いつまでもココに居られる訳でもないのは承知の上。
後ろ髪を引かれる思いに満たされながらも、テン場へ。


いつの間にかテントは残り少なくなっていたテン場で、
テントを乾かしながらの朝食に。


朝食の間中、何度も 『 病みつきになるよね・・・テント泊山行 』 なんて言ってた2人。


病みつきになるのは良いけれど、
レポすらまともに仕上げられないくせに、そんなこと言ってる無責任発言。


テントはまだしも、夏用の、キャンプ用のシュラフで来ていたのは反省材料。
そして、防寒対策の意味でも、フリースだけと言うのも次回のテン泊への反省事項。


この反省材料が次回のテント泊に活(生)かせるようにせねば!!


   階段上って・・


朝食の後。。。また展望を堪能しに階段を上った。


昨日は雲に覆われて全貌が見えていなかった穂高の山々も、
これから湧いて来るであろう雲にまだ覆われて居なくて、


   御嶽もまだ見えていた・・


いつもは向こう側から見ている御嶽山を、裏側のコチラ側から見えていた。

このまま帰っても良かった。
けれど、ココまで登って来たんだし・・・まだ曇って来て居ないし・・・と、


登り欲?が出て来たチーム岳は、蝶槍にも行っとく!?的な考えで、


とりあえず、テントの乾き具合を確認しつつ、ザックに荷を片付け、
テン場の端っこにザックのみデポして置いて、蝶槍に行く事にしました。




・・・ってな訳で、蝶槍へ編と下山編はまだまだ続きます。 人気ブログランキングへ 


関連記事

テーマ : 登山
ジャンル : スポーツ

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
お天気チェック
いま何時?
プロフィール

kaco

Author:kaco
ヘタレで根性無し。。。
不格好な負(腐)女子のkacoです。

2008年の夏からお山に登り始めました。
のんびり気ままに、基本的にはムリしない。
健康第1、天候第2に、マイペースで
岳さんとお山に登っています。。。

が、
ココ最近はもっぱら「誌上登山者」です・・(汗)

そんなヘタレ山歩記録ですが、
遊びに来て下さって嬉しいです。

リンク
検索フォーム
カウンター
Free Access Counter Templatesナビくん
百名山りすと
利尻岳巻機山瑞牆山恵那山
羅臼岳燧ヶ岳金峰山白 山
斜里岳至仏山甲武信ヶ岳荒島岳
阿寒岳谷川岳白馬岳甲斐駒ヶ岳
大雪山苗場山五竜岳仙丈ヶ岳
トムラウシ妙高山鹿島槍ヶ岳鳳凰山
十勝岳火打山剱 岳北 岳
幌尻岳雨飾山立 山
後方羊蹄山高妻山薬師岳塩見岳
岩木山男体山水晶岳悪沢岳
八甲田山日光白根山鷲羽岳赤石岳
八幡平那須岳黒部五郎岳聖 岳
岩手山皇海山槍ヶ岳 光 岳
早池峰山武尊山穂高岳伊吹山
鳥海山赤城山常念岳大台ヶ原
月 山草津白根山笠ヶ岳大峰山
朝日岳四阿山乗鞍岳大 山
蔵王山浅間山焼 岳剣 山
飯豊山筑波山御嶽山石鎚山
吾妻山丹沢山美ヶ原九重山
安達太良山両神山霧ヶ峰祖母山
磐梯山雲取山蓼科山阿蘇山
会津駒ヶ岳大菩薩嶺八ヶ岳霧島山
平ヶ岳天城山木曽駒ヶ岳開聞岳
魚沼駒ヶ岳富士山空木岳宮之浦岳