テント泊デビュー戦【其の弐】

Category :  ☆ 山歩記
『 まめうち平 』 までやって来たチーム岳。


   まめうち平


倒木のベンチでザックリ腰掛け、立てずに居たヘタレ1名。
この後の散々な姿になる事など知る由も無く・・・??


と、後ろからようやくご夫婦が登っていらっしゃいました。
とと、コチラの場所で休憩されるであろうと、身支度を整えていると、

休まず先へと進まれて行かれました・・・・・。



タイミングが。。。と思ったけれど、
その後、私たちも長い休憩から立ち上がり、先へと進みました。



続きは。。 人気ブログランキングへ ポチっとしてからね♪



と言う事で、「 まめうち平 」出発です。


   チョリソー?


< 3.9K チョリソ > チョリソって何よ?

と、ブナ林の森の中。
見渡せる範囲の先はいつの間にか白いガスに包まれていた。

そして、その湿気もただならぬ様相で、
『 まめうち平 』 を過ぎると、いよいよガンガン登り始める訳で、

岳さんも私もモノ凄い汗ダクになってしまう訳・・・・なんです。



    2000m地点



まめ~~で、ダブルストックにしたけれど、なかなかどうして、
重い足取りはさらに増していたヘタレ1名。

岳さんがずっと先を行っているのですが、追い付けないどころか待たせてばかり・・orz



   追い付けません・・


岩ゴロのガレガレの道をジグザグの登って行く。
かと思うと、階段状に右に左に九十九折りになってガンガン登る。


この辺りでようやく、はるか前に発たれていた方々と出合うようになった。
入れ替わり、立ち替わり、各々の休憩箇所で休まれていたので、

同じ方々とおしゃべりしたり、頭だけ下げたり・・・・・・・・


あまりにも kaco がヘバッていたので、見かねた岳さんが、

20分おきに休憩とし、水分補給のみの小休憩、
ザックを下して腰を下す大休憩としてくれました。


    蝶沢



ただ、一番キツかった。。。ツラかったのはココ『 蝶沢 』 を過ぎてから。

それなりに高度も上げ、急登になって来ていた登山道に、
いよいよ足が上がらなくなって来ていたヘタレ1名。


こうして記事にしている今になっても、凹みそうなほど凹みまくりでしたから・・・。


   何も見えね~(汗)


展望が無いコトは承知の上。。
だけど、こんなにまでもガスの中を進んで行くと、気持ち的にキツイと言うか。


特に、天気予報で マーク確定して来ているのに、
いくら山の天気は変わり易い。。とは言え、登っている最中がコレだと、


登りたい意欲が


もう岳さんとの会話は無いに等しく、
行くよ!の合図も、休もうか?の言葉も「 目 」だけで。


   先に行く岳さん・・


「 焦るコトないから・・・自分のペースで良いから。。。」 とは言ってくれるモノの、
あまりのヘタレ様に、呆れていたであろう岳さん。


ココからはほとんど写真がありません。
無いと言うのは言い訳にすぎませんが、撮る気力が無かった・・・


休憩するたびに、言葉も無く、ただ汗を拭い、流れ出た汗の分以上の水分を摂り。


   さらに登ります!


見上げるその先、進むべきその道は、
どんどん急登になり、ジグザグに右に左に登っている。

先を行く岳さんの居る場所を見るたびに、凹み、うなだれ・・・。



黙々と登り、魂を抜いたように休み、黙々と登り。。。を繰り返し、


何故かココで沢山の方々のお話する声が聞こえて来た。
そこは、(帰りに気付いたが)倒木がベンチになっていた旧ベンチ?らしき場所で、

団体のおじさま&おばさまがランチをされていた。
腰掛け、ランチをされている皆さんに励まされ、挨拶しつつ先へ進み、


黙々とただ進んだその先に、『 最終ベンチ 』


    最終?ベンチ



「 まだ、あと900mもあるのか・・・」 と、正直凹んだ記憶。

もうね、この辺りはほとんど記憶が無い。。
ザックが重くて・・足が上がらなくて・・

時計を見ても時間の計算とか出来なくて・・・
ただ気合いと根性だけで登ってた感じ。

先に行く岳さんも、もう待っててはくれなくて、
岳さんのペースで登りつつ、後ろ(の kaco )は、見えてる範囲で登ってくれてた感じ。



「 蝶沢 」を過ぎてからは、下山されてくる方もいらっしゃって、
励まされ、気持ちをキープしながら、ただ一歩ずつ進んでいた。


勝手に、もうそろそろ着くでしょ~?いい加減山頂(稜線)に出るでしょ~?と
呪文のように唱えながら、呟きながら、


   青空が・・


ガスが切れ、木々の間も少しずつ抜け、視界が開けて来た気がして
見上げるとその先には青空が見えていた。

先を行く岳さんもチラリと見え隠れしていた。
『 大滝山 』との分岐を過ぎ、お花畑のように咲き乱れる登山道を登り、


吹き抜ける風が気持ち良く、心地良く感じて、少しペースが上がった。


   青と緑と・・


ガスの中、黙々と登って来た鬱憤を晴らすかのような、
木々の緑と、空の青さを感じ、心躍らせながら、

そして、息もゼーゼーと上がりながら登り切ると、その先には、


   槍が・・・


先に、その穂先を見ていた岳さんが、待っていてくれて、
その岳さんが指差すその先に・・・・・槍さまが~~!!


もう、稜線上に出た事の嬉しさよりも、その先に見える山々の、
まだ全貌を現わさず、穂先のみをチョコンと見せている、槍穂の姿に、


気持ちよりも先に、足が進んだのはちょっと笑えた、kaco の習性??


いつも、大概、チーム岳は、
頂上手前では、どちらかが、先に行っている各々が、手前で待っている。

今回も、ピークでは無いにせよ、岳さんがそのメインディッシュを前に待っててくれた。


穂先が見えたその場所から、稜線上へはほんの数秒、ほんの数分。
だけど、すごいワクワクドキドキして、楽しい時間だったのは確か。


   つ・つ・着いた~!!


ガスの中、
 延々とヘバリながら、何度もうなだれながら登って来た事なんてどうでもいい・・・
槍穂の上に雲が掛って、全貌が見えないなんてどうだっていい・・・。


   槍穂もドーンと!


こうして、無事、ココにたどり着けたことは紛れもない事実なんだから・・・。


【其の参】。。へ人気ブログランキングへ ポチっとしてからね♪


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 登山
ジャンル : スポーツ

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
お天気チェック
いま何時?
プロフィール

kaco

Author:kaco
ヘタレで根性無し。。。
不格好な負(腐)女子のkacoです。

2008年の夏からお山に登り始めました。
のんびり気ままに、基本的にはムリしない。
健康第1、天候第2に、マイペースで
岳さんとお山に登っています。。。

が、
ココ最近はもっぱら「誌上登山者」です・・(汗)

そんなヘタレ山歩記録ですが、
遊びに来て下さって嬉しいです。

リンク
検索フォーム
カウンター
Free Access Counter Templatesナビくん
百名山りすと
利尻岳巻機山瑞牆山恵那山
羅臼岳燧ヶ岳金峰山白 山
斜里岳至仏山甲武信ヶ岳荒島岳
阿寒岳谷川岳白馬岳甲斐駒ヶ岳
大雪山苗場山五竜岳仙丈ヶ岳
トムラウシ妙高山鹿島槍ヶ岳鳳凰山
十勝岳火打山剱 岳北 岳
幌尻岳雨飾山立 山
後方羊蹄山高妻山薬師岳塩見岳
岩木山男体山水晶岳悪沢岳
八甲田山日光白根山鷲羽岳赤石岳
八幡平那須岳黒部五郎岳聖 岳
岩手山皇海山槍ヶ岳 光 岳
早池峰山武尊山穂高岳伊吹山
鳥海山赤城山常念岳大台ヶ原
月 山草津白根山笠ヶ岳大峰山
朝日岳四阿山乗鞍岳大 山
蔵王山浅間山焼 岳剣 山
飯豊山筑波山御嶽山石鎚山
吾妻山丹沢山美ヶ原九重山
安達太良山両神山霧ヶ峰祖母山
磐梯山雲取山蓼科山阿蘇山
会津駒ヶ岳大菩薩嶺八ヶ岳霧島山
平ヶ岳天城山木曽駒ヶ岳開聞岳
魚沼駒ヶ岳富士山空木岳宮之浦岳