山と空と緑と青と・・・

アラフォ~ペアでのんびりゆったり山に登っています♪

きっかけの2008年! 

ヘタレでヘナチョコ、そして不格好なアラフォ~世代の kaco と、
そんな負(腐)女子をお山に連れて行く過酷な任務をも背負って、一緒に登って下さる岳さんと、

そんな二人のチーム岳のきっかけの2008年山登りの記録です。



12  11/15 (土)     瑞 牆 山 ・・・瑞牆山荘から
 11  10/19 (日)       入 笠 山 ・・・富士見パノラマスキー場から
 10  10/18 (土)     編笠山&権現岳 ・・・ 観音平から
  9  10/12 (日)     乗 鞍 岳
  8  10/ 4 (土)     霧ヶ峰 (車山高原・蝶々深山)
  7   9/23 (祝)       御 嶽 山 ② ・・・ 田の原登山口 
  6   9/14 (日)     燕 岳
  5   8/13 (水)     唐 松 岳
  4   8/10 (日)     宝剣岳&木曽駒ヶ岳
  3   7/26 (土)     御 嶽 山 ・・・ 田の原登山口     
  2   7/12 (土)     北 横 岳 ・・・ ピラタスロープウェイ
  1   6/28 (土)       西穂高岳 (独標) ・・・新穂高ロープウェイ


岳さんは、私と登る以前から、山友さんらとすでに山登りをしていました。
 そんな岳さんを寝ながら見送る日々と年月を重ねていた2007年秋。


何気に行楽気分で向かった新穂高ロープウェイ。
そこで見た景色に圧倒され、私の登山へのきっかけとなったのでありまつ。



明けて、2008年。
  登山靴(初心者仕様のローカットトレッキング用だったけど)を購入し、
  小さなウエストポーチ型ヒップパックで初めての登山入門編。


   独標


2008年6月28日(土) 西穂高岳 独標
  いきなり北アルプスなんて・・・無謀だったかな?
  独標への最後の登り、岩稜帯はマジでビビってました・・・(汗)


ちょっとずつ、ちょっとずつ・・・登って行こう!と、次の入門編は、


   坪庭


7月12日 (土) 北横岳。。まさに八ヶ岳の入門編的な・・・。
   最初にココを登った方が良かったのでは・・・?とも感じたけれど、
   ココもスタートはロープウェイなので入門編ですよね。


そして続いて登ったのは初の3000m峰、初百名山。


   ガスで見えない


7月26日 (土) 御嶽山。。身近すぎるお山。
   スキーでは何度となく麓のスキー場ご利用のチーム岳。
   岳さんは2度ほどすでに登った経験有りのお山。
   スキーで滑る以外、登るコトは無いだろうと思っていたお山に登りました。

   が、アクシデント発生。。  


続いて登ったのは、またもやお手軽系の入門編。


   千畳敷カール


8月10日 (日) 宝剣岳&木曽駒ヶ岳
   ココもロープウェイでいきなりこんな景色を見られて感動しっぱなしで・・・
   登るルートを誤り、宝剣岳を越えて木曽駒へとビビリまくりなヘタレ女子。
   岳さんは宝剣の先っちょに登りガッツポーズ!!


   山荘からの唐松岳


8月13日 (水) 唐松岳
   八方池トレッキングでは歩いた事のあるこのコース。
   八方池から上、唐松岳への日帰り北アルプスのさらに入門なお山。
   ガスガス満載で、お昼前から怪しい雲行き。
   。。。下山後、温泉に浸かっているとゴロゴロくんが・・・  


この夏、お盆休みは不安定な天気で雷にもビビりながらのお山となった。



そして、山登りを始めてから色んな雑誌などで
必ずと言って良いほど紹介されているこのお山へ。


   イルカさん&槍さん


9月14日 (日) 燕岳
   雨に降られ、三度目の正直的な有明荘までのあの山道でちと凹んだけれど、
   三大急登に完全に膝が砕けた厳しいお山だった。
   けれど、ナンドモナンドモ登りたくなるお山だった。


この燕岳以来、膝痛を抱える事となった私。
ただでさえ、岳さんには重荷になっているのに、膝痛まで圧し掛かって来たことで、
さらにさらに岳さんには負荷がかかってしまいました。。(土下座)


CW-Xなんてとても買えない貧乏登山初心者なので、モドキを購入し
  このお山からモドキの力を借りるコトとなったお山。


   やりました、、頂上です


9月23日 (祝) 二度目の 御嶽山
   前回。2ヶ月前のこのお山でのアクシデントにメゲルことなく、
   大好きな御嶽山にもう一度登った。
   展望も良く、まだ登った事の無い数々の名峰に想いをはせつつ・・・。


でも、膝痛はやはり来た訳で。


北アルプスに冬の足音が聞こえ始める10月。
のんびりゆったりがモットーのチーム岳・・・の kaco 。

のんびりハイクと向かったのは、


   くるまやま


10月4日 (土) 霧ヶ峰 (車山高原・蝶々深山)
   あくまでハイキング。あくまで歩く事を目的に歩いた。
   ただ、風は冷たく秋の訪れを感じるには寒すぎた感がありました。


冬の訪れ・・・と言っておきながら、往生際悪く向かったのはココ。


   証拠写真


10月12日 (日) 乗鞍岳 お手軽3000m峰で百名山。
   岐阜県民のチーム岳はほおのき平スキー場のバス乗り場から。
   お手軽・・・とは言うモノの、3000m峰なので寒い寒い!
   けれど、穂高の山々を前に、いつか私にも登れるのだろうか??と想いだけを馳せた。


次の週末。。ドドーン!と遠出した山梨県へ。


   団子山看板


10月18日 (土) 編笠山&権現岳
   充分な下調べは編笠山だけで登ってしまった両名峰。
   遠い呑み屋の赤ちょうちんに心奪われたお山。
   意外にロングコースとなったこのお山は、なかなかの歩き応えありました。


と、そのまま帰れば良いモノを、ちょぃとばかり遠出したもんだからと、
諏訪でお宿をとりまして、翌日、もういっちょ!!と登ったのは、


   入笠山頂上と。。御嶽も


10月19日 (日) 入笠山
   ココも超お手軽トレッキングコースなお山。
   それでも、富士山、八ヶ岳をはじめ北アルプスはもちろん中アも、
   そして、当たり前のように南アルプスの山々も見える展望バッチリなお山。



怒涛のようにダダーッと登り始めた2008年。
もうお山は雪も積もったし、初心者には登れないよね。。。と冬支度前に、
2008年最後となった12番目のお山は。


   瑞牆山
  

11月15日 (土) 瑞牆山
   またもや山梨県に突入してしまったチーム岳。
   岩を支える?枝をたくさん立て掛ける不思議な光景を初めて目にしたお山。
   一つずつお山を登る度、そのお山から見える名峰を眺めては、
   岳さんと、登ったお山・登りたいお山。。などなど山話に花が咲いたお山でした。







まだまだ登り始めたばかりの初心者チーム岳ですが、
  少しずつ、自分たちのペースで登って行けたらな~~と思う師走。





皆さんの山行にはとても及ばないヘッポコ記録ですが、
  チーム岳なりに進歩して行くのかな?と言う思いもこめて。。。。



スポンサーサイト

2008/12/30 Tue. 10:50  edit

Category:   ☆2008年の山歩記

Thread: 山登り - Janre: 趣味・実用

tb: --  |  cm: 0

top △

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △