1年振りの楽しいお山①

Category :  ☆ 山歩記
大分、引越しも片付き?落ち着きを取り戻しつつある今日この頃。。。
こんばんは☆☆ 片付けられないアラフォ~女の kaco です。


今年は世界を揺るがす大事件があってからというモノ、
これからのコト、今どうあるべきか、そしてこれからどうしなければいけないのか・・・

色々と考えさせられた1年でもありました。
素敵な未来を信じて、今、この瞬間も無駄にしてはいけない!!


『 絆 』 って、みんな繋がってるって意味も含めて大事にしたい漢字ですよね。



☆   ★   ☆   ★   ☆



ってことで。。。山(登り)を愛するすべての皆さんと繋がってる絆。
2011年の最後となってしまった山歩記を熱烈 up です。


1年振りに登ったお山は・・・


   気持ち良~♪


コチラのお山。。
意外に簡単に見抜かれてしまったけれど、何度登っても楽しいお山なんですよ♪



・・・ってか、3度目のお山ですが、昨年の同じ時期に登ったレポ。
未だ、未 up と言う事に気付いた今日です・・・・・・(汗)

☆   ★   ☆   ★   ☆

2011年11月13日 (日曜日)   国見岳

  御在所岳・中道~裏道~国見峠~国見岳~国見峠~裏道~藤内小屋~裏道登山口


今回は3度目になる御在所岳。。。と言う事で、御在所のピークはスルー。
山上公園を通過し、そのまま国見岳へ登って来ました。



五竜岳に登ってから2ヶ月ほど・・・
登りたい意欲と、天気予報はなかなか上手く行かず、妄想登山に明け暮れ。

テント泊はもう無理だけれど、身近で楽しくてそれなりに登山が味わえるお山。
と言うコトで、すぐに決定した御在所岳。

でも、紅葉シーズン、そして鈴鹿スカイラインがあのゲリラ豪雨以来の開通と言うコトで、
混雑必死!!と言う事が最大のネックに。


   昨年の写真です ^^;


事前の情報では、今まで路肩にも平然と停めていた車も、スカイライン開通後は、
路駐、および路肩には警察が巡回していて取り締まっているので駐車厳禁。

数少ない駐車スペースに何としても停めたい。。と言う事で、
いつも(鈴鹿方面へ行く時)より早めの起床、早めのスタート。。。で5時に高速に乗りました。

久し振りの東海環状、そして伊勢湾岸道はガラ空きで快調に進み、
いつもは混んでいて敬遠する御在所SAでトイレ休憩をしました。

四日市ICで下り、あとはそのまま御在所へと国道をグングン上り・・・
 パトカーとすれ違い・・・
「 ホントに取り締まってるんだね~」 なんて会話をし。

ガードをくぐったら確か左側に・・・・・
と思っていた駐車スペースに何とか停める事が出来ました。


  満車寸前でした。


まず、本日のミッション①、完了しました!
駐車スペースに停められた安堵感でやや達成感すら味わっていたのも事実な訳で。

のんびりと身支度を整えつつ・・・
こうしている間にも、何台もココにやって来て、すぐに満車になりました。


   お疲れさまです。


今回のルートは、ココから登山口まで一旦、車道(スカイライン)を上る事になる訳で。
歩いて行くと、また、 が・・・「朝早くからご苦労様です」

中道登山口までは上り700m、裏道登山口までは下り800m・・だったかな?
後の事を考えたら、
車道を下って、お山に登って、下山して来て、車道を下りて駐車場に到着。
の方が良いのかな?なんて思いもしましたが、岳さん曰く、

 「 登山口まで下ってから始まる登山より、上りながら始まる登山の方が良い」 と。


まぁ、どっちにしろ、グルッと周って来る訳だから、結局は同じじゃね~!?て事で。



  中道からGo!!


スタートは超メジャールートの中道から。
人気のお山だし、紅葉シーズンだし、スカイラインも開通したし・・・

分かっていた事なんだけど、判っていたコトなんだけど、登山者多しです。
私たちと同じ方面はもとより、湯の山温泉から上って来られる方、
滋賀県側からみえて、下りて来られた方々、とにかく多かったです。


  楽しいね~♪


ザレた感じ、そして根っこがさらにむき出しになった感じ、
沢山の登山者に歩かれて、すり減った木の階段と砂礫の登山道。

どれも懐かしいしそんな感じがたまらなく嬉しいし楽しい。


 「 そうそう!こんなだったね~、かわっていないよね~?」 なんて会話したいけれど、
今日はカメラマンと化している岳さんは、振り返る度、顎で先へ行けと促します。

上り(登り)始めてすぐは、薄着かな?とも思ったけれど、
ココは初っ端から、距離にしては短いけれどグイッと登るのですぐに暖かくなる・・・

と踏んでいるチーム岳は、沢山の登山者の中でも断トツの薄着でした。


   ちょっと雲が・・


見上げる空は秋の空。
暖かく感じる陽射しは沢山の登山者の上着を脱がせていました♪

急いでいる訳ではないけれど、抜きつ抜かれつ・・・
同じ人に何度も挨拶を交わしながら、それでも、やっぱ楽しいんです♪♪


  輝く海も。。


崩れてしまっている登山道に新たに設けられたルートは根っこむき出しで、
ロープが掛っている箇所もあって、楽しくて飽きないルートの中道。

人気の理由はココにもあるかも知れないですね。

苔った岩岩の上りもあれば、奇岩・巨岩ひしめく場所もあったり。
岩につっかえ棒を挟む、不思議な宗教的でおまじない的なコトはココでも見られます(笑)


そうこうして登って行くと出て来るコレ!!!


  「おばれ岩」


かの有名な!? 【 おばれ岩 】 ・・・ずっと、おばれ石だと思っていた私。

   ココで言う「 おばれ 」とは・・・
     四日市市の方言で「おばれこ」と言う言葉があり、
        おんぶ、おんぶしている状態、または重かさなるさまを言います。
        従って、負んぶされている岩、重なっている岩という意味。

     ちなみに、私の住む田舎町でも、負ばれ~と言う方言を使います。。。kacowikiより



   通れる!?


この、おばれ岩は、重なり合った岩と岩の間を通れます。。。ホントかは知らないけど。
超スマートでスリム、そして小柄な人なら通れる・・・・と思う(汗)


おばれ岩をバッチリ写真に収めようとすると、近すぎてなかなかりきらない・・・
という事は承知の上なので、ほんのちょっと上ればゴランのように入りますよ☆☆☆


でも、3回目に初めて気付いたのですが。。。


   もう一つのおばれ岩


おばれ岩の手前に、小さなおばれ石になっている岩がありました。
ココは人気スポット。。。なので、撮るだけ撮ったら先へ進みます。

次のスポットは・・・・岳さん曰く 「 サイコロ岩 」

今日は天気も良くなかなか見晴らしも良かったので、皆さん、
思い思いの箇所で立ち止まっては、休憩および写真撮影などなど。



  ロープウェイも動き出した・・


  「 全然、紅葉していないよね~ 」 「 もう終わったの?まだこれからなの? 」
  「 去年の紅葉は綺麗だったのに・・・ 」 など、

色々な会話が交わされていました。
確かに、見上げる景色は青々(緑々)としていて、黄葉すらしていない。
葉がすでに落葉してしまって、木々の茶色が目立っている気もしなくもないような・・・

と、登って行くと程なく、次のイベント(ポイント)のサイコロに着きました。


  通称・・・サイコロです!


鈴鹿のお山・・・と言えば大概のガイドブックやヤマ本に載っている 【 地蔵岩 】

どうして、あんな不安定ながらも状態をキープしているのか摩訶不思議なサイコロ岩。
いつから、あんな風に載っているのか不思議な奇岩ですよね??


ただ、この【 地蔵岩 】 、毎回毎回、ほぼ同じアングルでの撮影。

  初めての御在所編では・・・ 033-1

  未だ 未 up の2回目の御在所では・・・ 昨年の同じ時期は・・

何気に立ち位置や撮影角度まで、ほぼ同じなんじゃないかと思う程の写真3枚。

良い意味で、自分らしいけれど、ある意味、成長していない自分。。。でもあるかな。



さあさあ、先へ急ぎましょう。次のイベントは、【 キレット 】

鎌ヶ岳とロープウェイの展望台の楽しい楽しいイベントへと進みます。






っと、その前に。。人気ブログランキングへ おイモを食べてクリック・クリ~~ック♪




関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 山登り
ジャンル : 趣味・実用

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
お天気チェック
いま何時?
プロフィール

kaco

Author:kaco
ヘタレで根性無し。。。
不格好な負(腐)女子のkacoです。

2008年の夏からお山に登り始めました。
のんびり気ままに、基本的にはムリしない。
健康第1、天候第2に、マイペースで
岳さんとお山に登っています。。。

が、
ココ最近はもっぱら「誌上登山者」です・・(汗)

そんなヘタレ山歩記録ですが、
遊びに来て下さって嬉しいです。

リンク
検索フォーム
カウンター
Free Access Counter Templatesナビくん
百名山りすと
利尻岳巻機山瑞牆山恵那山
羅臼岳燧ヶ岳金峰山白 山
斜里岳至仏山甲武信ヶ岳荒島岳
阿寒岳谷川岳白馬岳甲斐駒ヶ岳
大雪山苗場山五竜岳仙丈ヶ岳
トムラウシ妙高山鹿島槍ヶ岳鳳凰山
十勝岳火打山剱 岳北 岳
幌尻岳雨飾山立 山
後方羊蹄山高妻山薬師岳塩見岳
岩木山男体山水晶岳悪沢岳
八甲田山日光白根山鷲羽岳赤石岳
八幡平那須岳黒部五郎岳聖 岳
岩手山皇海山槍ヶ岳 光 岳
早池峰山武尊山穂高岳伊吹山
鳥海山赤城山常念岳大台ヶ原
月 山草津白根山笠ヶ岳大峰山
朝日岳四阿山乗鞍岳大 山
蔵王山浅間山焼 岳剣 山
飯豊山筑波山御嶽山石鎚山
吾妻山丹沢山美ヶ原九重山
安達太良山両神山霧ヶ峰祖母山
磐梯山雲取山蓼科山阿蘇山
会津駒ヶ岳大菩薩嶺八ヶ岳霧島山
平ヶ岳天城山木曽駒ヶ岳開聞岳
魚沼駒ヶ岳富士山空木岳宮之浦岳