山と空と緑と青と・・・

アラフォ~ペアでのんびりゆったり山に登っています♪

何度も・・【その六】 

ごめんなさい・・・・・。
9月のお山をこんなにまで引っ張りまくりで。


もう、11月になってしまったと言うのに、
毎回毎回、うまくまとめられず、日記的にダラダラと書き綴っているだけです。


           
   


と言うコトで、山荘から山頂へと向かっているヘタレ1名&岳さん。。【その五】


   日の出と雲と・・・


昨日みたいに、雲に包まれてしまう前に、山頂をゲットしとかんと!!・・・と急ぎます。



初めのうちは、岳さんとの距離が開きつつあったヘタレな私も、
ヘタレなりにも、徐々にペースもよくなり登り続けています。


   暖かい。。


背中が暖かく感じて前を見ると、山頂には陽が当たっていて・・・

振り返ると。。。Good Morning~~♪


   おはようsu~~n♪


どんなに、ヘバッていても・・・
どんなに、ヘコタレていても・・・そんな私にも朝はやって来てくれました。

この辺りまで登って来ると、その先が見えたり隠れたり・・・


   岩岩チック~♪


岩岩チック♪な行く手に、ちょっと嬉しくなった私。

以前から、何度か記事にも書いていますが、
何となく、こんなクサリや岩を掴みながら攀じ登る的なのが好きな私。

今までのヘタレ根性は何処へやら・・・?

俄然、登る気になって、ガシガシ登ります。


   岩イワちっく~♪


向かって右側・・・は斜めった崖になっていますが、
足場は狭いけれど、クサリも掛っていて○印を見失わず行けば問題ありません。

かえって、クサリを頼る方が怖いような気がしなくもありません・・・!?
kaco 的にはメッチャ楽しい登りでした。。。(ココまでのヘタレさえなければですが ^^;)


ココを登りきると・・・「 アレは山頂!?」


   w(°o°)w~


一旦、短く回り込んで下りまた登りです。
登山者が数人見えていたので、アレが山頂かな!?と思ったけれど、

岳さんに、「 期待していると裏切られるのが山登りだから・・・」 と言うので、
期待半分に。。さらに登ります。小さな鞍部地をサクッ!と進むと。。。。


   天空へ~♪


岩岩チック~♪ がたまらんです!

ココで、丁度、下山の方々とのすれ違いがあり、その待ち時間で、
ハヤる気持ちを抑えつつ。


   アレは鹿島槍くん!!


岩と岩との間~♪から、鹿島槍くんも見えていました!!

不思議と、ココまで登って来ている私にはヘタレ根性は微塵も無く、
凄く楽しんで登っていた(下山者を待っていた)記憶。

下山者とのすれ違いの、待ちは、


   ガシガシ登る!!
   

この、大きな岩を回り込む形で掛けられているクサリの上り(下り)。
下りて来られた方は、「下りる方が怖いな~」とおっしゃっていましたが、

kaco 的には、クサリを頼っての上り、および下りの方が怖い感じ。
かえって、クサリに頼らずの方がガシガシ、サクサク通過出来る気がします!!

この岩を登ると、またまた岩ゴロの箇所に出ました。
が、全然問題無く進めるのですが、ココでも、下山の方々との待ちが生じ・・・。


   再びの鹿島槍くん


その、数分の待ち時間に、撮った鹿島槍くん♪

何年先になるか分からないけれど・・・
  「 鹿島槍くん!いつか必ずその頂に立つ、その日まで待っててね~!!」 と心に誓う kaco

数分の待ち、も待ち切れないほど気持ちが逸っていたのも事実。
進めそうな岩場をサクサク渡り進んで行く、岳さんとヘタレ1名。

進んだ先に見えていたのは、


   山頂・・・!?

 
山頂!?と思しき山標識の建つ場所。

でも、本当の山頂はココではない事にすぐに気付きます。
そして、素晴らしい展望に心と目を奪われます!!


  白馬鑓方面


ガスに包まれてしまうかと心配していた唐松から白馬鑓方面もまだ健在!!

この展望に、今までのヘタレ根性は微塵も無く、達成感に満たされつつあった。
あれだけ、何度もな何度も、「 もう山登りはいいや!」 と投げやりな気持ちになっていたのに、

山頂(ホントの山頂はまだだけど)に着いて、辛さとかそういった類の思いって、
どっかに吹っ飛んでいってたのも事実。


稜線上、あるいは山頂を吹き抜ける心地良い風が好き♪
ちょっと冷たく肌をチクッと刺すような心地良さが好き♪

長袖シャツを伸ばし冷たくなった手を隠しながら感じる肌寒さが心地良くて好き♪
そんな心地良さがたまらない!!


【その六】 にきてまでも・・・まだ山頂に着いて居ないのも事実なんですよね

今度こそ!! の【山頂編】 そして、下山しますレポはまだまだ続きます。。。人気ブログランキングへ


関連記事
スポンサーサイト

2011/11/01 Tue. 11:01  edit

Category:  ☆ 山歩記

Thread: 登山 - Janre: 趣味・実用

tb: --  |  cm: --

top △