山と空と緑と青と・・・

アラフォ~ペアでのんびりゆったり山に登っています♪

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --. --:--  edit

Category: スポンサー広告

tb: --  |  cm: --

top △

何度も・・【その五】 

なんども何度もナンドモ・・・・納戸も?  前回はココ → 【その四】


「 もう帰りたい。もう山登りなんてヤダ!」 って思いながら登り続けて来たけれど、
ようやく、山荘までたどり着きました。


   赤い屋根が・・


唐松を発ったのは。。
デジカメの時間で pm12:45 。そして五竜の山荘を撮ったのが pm15:27 。
CTは色々と見てみると、2時間半から3時間半。。が大半かな。


今にも雨が降るんじゃないか・・・と言うくらいなガス満載の中を来たので、
テントに着いた時は正直、肌寒かった。


だから、楽しみなはずの。。 生チュ~♪  とか、  キリンvsアサヒ 。


お山での至福のひと時を・・・と思っていたのですが、
肌寒さとちょっと眠気もあって、テントで横になるヘタれ1名。



          



・・・・・・と、横になった途端、眠ってしまったようで、

夢の中で、テント周辺の賑わう声と、寝ている私を呼ぶ声が。。。
と、テントの小窓から外を覗いてみると、ガスの切れ間から夕焼けショーが・・・

終わりを告げていました。。。


慌ててテントから出るモノの時すでに遅し!でして。
岳さんは呆れて笑っていましたが、何だか損をした気分だった・・・kaco 。


日が暮れぬうちに、食事にすることにしました。
500ml の発泡酒だけでは何故か足りなくて、山荘で買い足し(ドライ350ml 600円) 。。山荘HP 


お腹も満たされあとは寝るだけ・・・(笑)
山荘前のテーブルで山談義に花を咲かせる方々、テントでワイワイとされる方々、
みな、思い思いの時間を過ごされています。。こんな時間が好きでもあります。




あとは、眠るだけ。。。       


毎回・・・って、そんなに沢山のテント泊をしているスペシャリストではありませんが、
意外にチーム岳は、お山での衣服が薄着傾向な気がしていますが、
今回も、結構な薄着で何故か普通に睡眠。。何度か目を覚ましますが、
目が覚めるのは決まって、寝像がシックリ来ない時や、足腰がシンドイ時。




お互いの携帯の電池切れ間近。。 のため、目覚まし機能を使わず。
夜明け前に起床。。。am 4:30近かったような??

外に出てみるとちょっと肌寒かったけれど、そんな感じが気持ち良いのも事実。


   明けて来てる~♪


山荘の お手洗い(宿泊者以外の外トイレ。。。小2・大2の共同トイレ)を借りて。。
岳さんがザックを背負い、私は空身で、ライトダウンを着て。

ようやく、【その五】 に来ての、山頂アタック開始です。。。(汗)

山での朝は早いです。


   綺麗~♪


どうも、チーム岳は北アルプスでのテント泊は雲海率が高い訳で。
・・・って、テント泊に限った事ではないけれど、雲海率高~~し。


山荘から山頂までの道のりは約1時間。
私にしたら、結構好きな岩岩登りがあるわけで。。


   五竜への道のり


身軽で登っている私なんですが、情けないことに・・・・・

初めのうちはガレたザレた登りなのですが、昨日の疲れか、足が痛いし足取りが重く、
   (足取りじゃなく、身体自体が重いと言うのも事実 ^^;)
岳さんと距離が離れてしまい、また、ヘタれ根性見せまくり。

「 やっぱ、もう山登りは嫌だ!!」 とか、もうマイナスオーラ満載。

先を行く岳さんは、何度か待っていてくれているけれど、
あまりにも私がトロイので、機嫌が悪く、仁王立ちして待っていました。


  白馬方面~


。。。そんな時は、さも、背景を撮っていたので遅くなったふり!作戦で。。。
夜明けが背中からやって来ているので、何度も振り返りながら、
雲海から顔を出すであろう、太陽を待ちわびて進みます。


段々と登って行くに従って、肌寒く感じていたのもいつの間にか無くなり、
ライトダウンを着ていると、かえって暑い(暖かい)くらいに感じられて来たので、


  雲が。。。


サクッと脱いで、岳さんのザックに入れさせていただきました。
振り返ると、白馬村側から雲が押し寄せて来ています。。。。

きっと、
帰り(五竜山頂からの戻り)では、雲に飲み込まれているに違いない!?と、感じ。
今のうちに・・・・・と、白馬岳へと続く稜線を撮っておきました。


  白馬方面~♪


・・・と言いながら、下手っぴな素人写真でごめんなさい。。

ココだけの話。
ホントは、今回、練習用にとデジイチくんを私がぶら下げて来たのですが、
山荘までの道のりが・・・あんなんだったので、1枚も撮らず。
そして、この山頂までの道のりも、身軽で登って来てしまい、
デジイチはテントに忘れた。。。と言うか、持って来なかった。


   目指すは・・・アレ!?


だから、案の定と言うか、当然と言うか、「 練習って、デジイチを担いで来るコトやったん!?」 と、
岳さんに呆れられてしまう訳で。

私的には、デジカメも持って来ていて、それで良いかな~と安易に考えていたので、
岳さんに指摘されて、ちょぃ凹んだのも事実。


   だいぶ近づいた?


そして、こうして今、写真の整理をしながら、
デジイチを持って行かなかったコトを後悔しているのも事実なんですよね・・・(汗)

って、実際、デジイチを持って来ていたとしても、上手に撮れると言う保証はありません!
でも、きっと、岳さんに撮ってもらうと思うので、もっと良い写真が撮れたのは確実!!


   日の出と雲と・・・


日の出が近くなって来て、雲も目まぐるしく湧いて来ています。
正直、山頂も飲み込まれてしまわないかと焦っています。

岳さんは、何度も振り返りこの雄大な景色を見ながら。。。
   「 唐松から牛首歩いてみたいな~~ 」
        「 白馬三山縦走してぇ~~」
 と、しつこいほど言っていました。

私は、心の中で、そしてこの記事上で・・・
   「 私以外の人と登ってねぇ~~」 と思いました。






こんなにも、あ~だこ~だと書きすぎて、いまだ山頂に着きません!!!!!

と言うことで、さらに、 【その六】 へと続きます。
読んだよ!!!。。。。。人気ブログランキングへ クリックお願いします。



関連記事
スポンサーサイト

2011/10/24 Mon. 00:10  edit

Category:  ☆ 山歩記

Thread: 登山 - Janre: 趣味・実用

tb: --  |  cm: --

top △

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。