何度も・・【その四】

Category :  ☆ 山歩記
いつまで続くのでしょうか・・・このレポ!  【その零】 ・ 【その壱】 ・ 【その弐】 ・ 【その参】


   ガスよ切れろ~~!!


このガスっぷりで、ドコを歩いているのか・・・

唐松~牛首~ と、下りきって休憩をし、
まだ見えぬ五竜、そしてその山荘を目指して歩みを進めることにしました。

   
色んな方々。。。ヤマノボラーの方々のブログやHPを拝見すると、

圧巻の五竜岳、そしてそこから続く鹿島槍への稜線が綺麗に見えるはずの、
唐松から五竜へと続くこの稜線も。。。。。。。
このガスっぷりには、もう正直、飽きたと言うか、ただただ凹むと言うか。




従いまして、この先、五竜山荘に着くまでの間の写真がほとんどありません。
ココまででも、枚数にしたらたかが知れた枚数しか撮っていないのですが、
さらにさらに撮っていないので、ヘタレっぷり炸裂であります。。。(汗)



   ケルンがあった


あれだけ下って来ての上り返しは承知していたけれど、やっぱり、
いざ、登って行くとなかなか足が上がらないし、背負ったザックが重くのしかかり、
ただただ必死こいて、数段登っては休む、休んでは登るを繰り返し。。。

休憩されていた方々には、後ろからアッサリ追い越されるし。
ハイマツ帯を抜けケルンのあった場所でまたもやダウン。


あまりにも散々な姿に、自分で自分が情けないやら、恥ずかしいやら、
そんなたまらない気持ちのまま、独り寂しく進む。


   ガスのお陰。


登り返しからというもの、歩みを進める時間より、
立ち止まったり休憩したりしている時間の方が長かったのも事実。

何度も言いますが・・・
ガスっぷりで行く先の五竜が見えていないのが良いのか悪いのか、
いまだに判りませんが、ただ、言えるのは、ココをずっと歩いている道中では、

「 ガスってなければ、もう少しテンション上がるのに・・・」 なんて思っていた。。と思う。

前後にいらっしゃった方々は、もうドコにも見えず(・・ってガスで見えなかった)、
人の気配も感じられず、ただひたすら、黙々と歩みを進めるのみ。


   唯一の標識?


段々とこのガスが湿気をおびた風とともに流れて来ていて、肌寒く感じ、
時計で気圧を計ってみると・・・787hPa??
予報では雨の確率は低かったけれど、ホントのとこ、今にも降り出しそうな気配も。

まぁ、急ぎたくても急げないので何ともならないのですが、気だけは焦ります。

途中、何だか携帯がなった気がして・・・・・見てみると、圏外!!

岳さんから着信が3件。。。メールも圏外受信×マーク。。。汗
もちろん、返信も出来ず、発信も出来ず。。。心細さ倍増。



はじめての道標。
ちょうど、ココで5名ほどのグループさんにが休憩されていて・・・少しお話。
ココからは、山荘まであと30分くらいだよ。。。と教えてくださいました。



それを聞いて、少しホッとしたのと、ココからは全部登りだよ!と言う言葉に、
正直、ガスっててくれて良かった・・・とも思った。
山荘で待っていますね~♪と先に発たれたグループさん。

私はザックの重さに後ろ向きに倒れるように座り、どっしり休憩。
ペットの水ももう残り僅か。。を飲み干し、ビタミンの飴ちゃん補給。


また重いザックを背負うのが億劫で躊躇いつつも最後の30分に挑みます。
が、もうヘタれ度フルな私は、数歩登っては立ち止まって太ももパンチ!!

何度も何度も、なんどもなんども、ナンドモナンドモ・・・・
「 もう山登りはいいや。。。こんなキツイのはもうヤダ!!」 と思った。
私って、こんなに体力、そして持久力が無いんだ~と、とにかくマイナス思考にドップリ浸かり。
登っても登ってもなかなか進まない鈍足な自分に、苛々しつつも泣きそうになった。




それでも、ココに着いた時は、ホント涙がじんわりと溢れて来た。


   ようやく分岐。


流れるガスと一緒に、何となく気のせい?と感じながらも、
人の声らしき音が聞こえ、発電機らしき音も聞こえてくる。。。

この分岐から登ること数歩・・・・・・・



   赤い屋根が・・


 赤い建物 キタ━━━゚(∀)゚━━━ッ!!


五竜山荘が見えました。。
そして、すでに到着していた岳さんが張っておいてくれた我が家のテントも。
人影をさがしつつ・・・・も、岳さんの姿が見えず。。。


山荘へ向かってガレた岩場を下りて行くと、山荘の手前まで岳さんが来てくれていました。
めっちゃ、嬉しくて大きく手を振ると、岳さんはすでに私と判っていたようで、

笑っていました♪♪♪


もう、沢山たくさん話したいことがいっぱいあったけれど、
とれあえず、ザックをテントに下しておいでと促され、テン場へ。

すると、うちらのテントの上の段に、先ほどのグループの方々がいらっしゃったので、
着きました~~♪とごあいさつ。。そして笑顔でお話。


テントに倒れこむように入り・・・・・身支度を整えなおし、山荘付近を散策。


そして、さらに続きます。。。。。人気ブログランキングへ



関連記事

テーマ : 登山
ジャンル : 趣味・実用

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
お天気チェック
いま何時?
プロフィール

kaco

Author:kaco
ヘタレで根性無し。。。
不格好な負(腐)女子のkacoです。

2008年の夏からお山に登り始めました。
のんびり気ままに、基本的にはムリしない。
健康第1、天候第2に、マイペースで
岳さんとお山に登っています。。。

が、
ココ最近はもっぱら「誌上登山者」です・・(汗)

そんなヘタレ山歩記録ですが、
遊びに来て下さって嬉しいです。

リンク
検索フォーム
カウンター
Free Access Counter Templatesナビくん
百名山りすと
利尻岳巻機山瑞牆山恵那山
羅臼岳燧ヶ岳金峰山白 山
斜里岳至仏山甲武信ヶ岳荒島岳
阿寒岳谷川岳白馬岳甲斐駒ヶ岳
大雪山苗場山五竜岳仙丈ヶ岳
トムラウシ妙高山鹿島槍ヶ岳鳳凰山
十勝岳火打山剱 岳北 岳
幌尻岳雨飾山立 山
後方羊蹄山高妻山薬師岳塩見岳
岩木山男体山水晶岳悪沢岳
八甲田山日光白根山鷲羽岳赤石岳
八幡平那須岳黒部五郎岳聖 岳
岩手山皇海山槍ヶ岳 光 岳
早池峰山武尊山穂高岳伊吹山
鳥海山赤城山常念岳大台ヶ原
月 山草津白根山笠ヶ岳大峰山
朝日岳四阿山乗鞍岳大 山
蔵王山浅間山焼 岳剣 山
飯豊山筑波山御嶽山石鎚山
吾妻山丹沢山美ヶ原九重山
安達太良山両神山霧ヶ峰祖母山
磐梯山雲取山蓼科山阿蘇山
会津駒ヶ岳大菩薩嶺八ヶ岳霧島山
平ヶ岳天城山木曽駒ヶ岳開聞岳
魚沼駒ヶ岳富士山空木岳宮之浦岳