スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

何度も・・【その弐】

Category :  ☆ 山歩記
見渡す限りの絶景!! ・・・など見えず、真っチロな中を進みます。


   息ケルンから先は・・・


息ケルンまで来たものの、何も変わらず、三山どころか五竜方面も何も見えず。
行く先ですら、こんな感じですから。

自分の中では、唐松岳の山荘まで約3時間半以内で・・・と決め、
 八方池山荘~八方池までを1時間で!を目標にして登りました。

ザックの両サイドにドリンク(水・お茶)500mlのペット、ウィダーインゼリーそして飴ちゃん。
休憩はするものの、人も多く座り込むのもナンだったこともあり、
   ・・・正確には、ザックを下すのが面倒だった。。。


端っこに立ち止まって、水分補給と飴ちゃんを口へ。
コレが後に私の足(脚)に来てしまうコトなどツユ知らず・・・・・。


ガスが切れる気配など無いに等しいこの真っ白チロ介な世界に、
段々と写真を撮る気も薄れ、通称?顔ケルンも撮ることなく進みます。

記憶をたどりながら。


   八方池だ!!


分岐、と言うか看板(山座同定標?)がある場所まで来ると、八方池はもうすぐそこ!
もちろん!白馬三山は全く見えません。

晴れていたら。。。と思って登った方々は沢山いらっしゃるとは思います。。
   晴れていたら・・・こんな感じです 


「 ホントなら・・・白馬三山が見えるはずなのに。。。」


なんて、ココロの中で愚痴りながら。
ココ 「八方池」までは、トレッキングの方々がとっても多いのですが、
「ココ」 から先は一応しっかり登山、と言うことで、人が減ります。
それも、結構目に見えて減るのです。

八方池へは行かず登山道から見下ろし通過。
そして、いよいよな登山道分岐地点を少し過ぎた岩場で、一旦、
ザックを下し、これまた水分補給と、屈伸、屈伸。

ココまでは半分トレッキング気分。ココからは、一気に登山モード。
ザックの重量が身体に来てます!間違い無くキテる。
肩から背中あたりがドーンと重いし、太ももからふくらはぎが今にも攣りそうな感じ。

でも、出るモノと言えば深~~いタメ息と額をつたう大汗
重いザックを背負いなおし、ストックを片手に、いざ唐松へ。

ココで10分弱、休憩していて、今 AM 10:15 。順調・・・・・・・かな?
これから、下ノ樺~扇雪渓~丸山(ケルン)を経て唐松岳山荘へ。


ココロの片隅に残っている記憶・・・を思い出しながらの登り。
確か、大きなダケカンバの木々の間に登山者のカウンターがあった・・・はず。

でも、見かけなかった。無くなったのか、見落としたのか、わかんないけど、
登山者の少なくなった登山道を緩やかにそして時折、ギュイ~~ンと登ります。


   一瞬、晴れ間が!?


休憩するにも、いちいちザックを下すのも面倒だし、かと言って、
休憩でもしないと、何度も何度も折れそうなココロは粉々になってしまうし・・・。
視界は相変わらずガス真っ只中で、目指す登山道ですら見渡せないのです。

かえって、ソレが幸いしているとも言えるのですが、欲を言えば、
三山側、あるいは遠見尾根側のどちらかの展望があれば、もう少し、
私のココロも折れることなく、登れたのかも知れません。


   扇雪渓ですら・・


先行されていた方々と抜きつ抜かれつ。
思い思いの箇所で休まれては進む、の繰り返しで、何とか扇雪渓までやって来ました。

前回の唐松登山の時は、ココで雪渓でジュースを冷やして休憩したっけ・・・
なんて、思い出しつつも、ココはあえてスルーし、トボトボと進みます。


が、気力だけではどうにもならない事に気付き、打ちのめされ始めている私は。
ココから、史上稀にみるヘタれ度合いを曝け出してしまいます。

今、思い出してみても、相当なヘタれ度をサラけ出していた。
太ももの両外側、そして膝に違和感アリアリで進むモノの、
数歩進んでは休み、休んでは進むの繰り返し。。。多くの単独の方々には、
アッサリと抜き去られ、そしてすぐに見えなくなってしまうのです。


それでも、何とか登って来たのは、ちょっとばかり広~い場所。
確か、前回は唯一の雪渓(雪上)歩きだった場所。


   チングルマ♪


そんな場所は雪解けの時期が遅いのでその分、チングルマさんも咲いていてくれました。
穂になってしまったチングルマさんは沢山あったのですが、
咲いていてくれたのを間近で見られて、凄く嬉しかった♪♪

休憩込み・・・と言う理由を自分に言い聞かせながら、チングルマさんと戯れていると、

携帯が鳴り。。。。。慌てて出ると岳さんでした。


「 kaco~ドコまで登った~~!?岳、ちょっとヤバいかも知れん・・・ 」

「 何ですと~~!? 」 。。。思わぬセリフに焦る私。
電波が悪く?聞き取りにくかったけれど、岳さんはどうやら中遠見?あたり・・・で、
私は、丸山ケルンのほんの手前だということを伝えると、


「 シンドかったら無理して登らんくていいから・・・引き返して良いから・・・ 」 と、
何だか、私の意見を求めている感じがしました。


   タカネマツムシソウ?   ミヤマリンドウ?


岳さんからの電話は心細かったコトもあり、正直、嬉しかった♪
けれど、まさかの状況に、アッサリと引き返すとも言えず・・・・・

「 もう丸山ケルンだから、唐松まで頑張って行ってみる・・・」 と伝え、
次は、お互いの目標地点に到着後に連絡する・・・ということにします。


   丸山ケルンに着いたけど。。


次なる目標だった「 丸山ケルン 」に着いたものの、
そのケルンすら見えないガスっぷりに、ウンザリ!!
足並みは相変わらず牛歩並みに遅いのですが、トボトボ登っていると。。

ココ辺りで、下山されて来た単独の女性の方が、
「 頂上は晴れていますよ~!だから頑張って~~!!」 と。
いやいや、ウソでしょ~~!?と半信半疑・・・と言うより、
スタートからずっとこんなガスん中なのに、晴れてるなんて嘘ばっかり!!と疑りまくり・・・。
でも、晴れているという言葉に、ちょっとやる気が漲り・・・・・



もうすぐ頂上(山荘まで)だと言う計算が少しだけ出来たので、水分の残りを気にしつつ。
またすぐに、歩みが遅くなってしまいますが、一歩一歩確実に登って行き、

腰を下すというより、腰掛けられる丁度良い岩があったので、またもや休憩。
ココはきっとカエラズ(不帰キレット)が見えたあの場所だとは思うけど、マッチロ。
これだけマッチロでガスガスなら、
ライチョウさんがいても良さそな感じもしましたが、気配ゼロ。

下りて来られた家族連れの方々が、昨日、ココでライチョウさん見たよ・・・なんて、
おっしゃっていたのを聞きながら、ご挨拶。。。羨ましい~~


   梯子もあります

     
崩落危険個所にはネットがかかり、鎖もあり、梯子(木橋)もあって難なく行けますが、
すれ違いは安全な個所で待ちながら、譲り合いながら行き来します。

色々と思い出しながら。。。アレ?この鎖から山荘が見えるトコまでこんなに遠かった??
と、曖昧な記憶もありましたが、何度か、回り込む形で進むと、



ようやく、山荘です。。。でも、何故か到着時の写真無し!!
カメラの出し入れすら面倒で、ポケットに入れたまま。


山荘脇の、ドラム缶が並んでいた場所に
とりあえず、ザックをドスン!!と下し、そのまま座り込みます、と言うか動けず。
そうそう、あの単独のおば様のおっしゃっていた、「 晴れていますよ!! 」

確かに、晴れてはいますが、長野・富山と両側からのガスがココで湧きたち。
雲(ガス)の流れが目まぐるしいです。



岳さんの水分をココで購入することにしていたので、山荘に行ってみると、
山荘前にはとても沢山の方々がいらっしゃって、食事をされる方、お昼寝中の方、
みな、思い思いの素敵な山でのひと時を過ごされています。

私は、オレンジジュースをグビグビと飲み干し、これからどうしたものかと、
ザックを下した場所にもどり、またも座り込みます。。。




そして、まだまだ登り始めて3時間ほどなのに、
こんなにダラダラと書きなぐるレポは、「 その参 」に続くのであります。。人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 登山
ジャンル : 趣味・実用

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
お天気チェック
いま何時?
プロフィール

kaco

Author:kaco
ヘタレで根性無し。。。
不格好な負(腐)女子のkacoです。

2008年の夏からお山に登り始めました。
のんびり気ままに、基本的にはムリしない。
健康第1、天候第2に、マイペースで
岳さんとお山に登っています。。。

が、
ココ最近はもっぱら「誌上登山者」です・・(汗)

そんなヘタレ山歩記録ですが、
遊びに来て下さって嬉しいです。

リンク
検索フォーム
カウンター
Free Access Counter Templatesナビくん
百名山りすと
利尻岳巻機山瑞牆山恵那山
羅臼岳燧ヶ岳金峰山白 山
斜里岳至仏山甲武信ヶ岳荒島岳
阿寒岳谷川岳白馬岳甲斐駒ヶ岳
大雪山苗場山五竜岳仙丈ヶ岳
トムラウシ妙高山鹿島槍ヶ岳鳳凰山
十勝岳火打山剱 岳北 岳
幌尻岳雨飾山立 山
後方羊蹄山高妻山薬師岳塩見岳
岩木山男体山水晶岳悪沢岳
八甲田山日光白根山鷲羽岳赤石岳
八幡平那須岳黒部五郎岳聖 岳
岩手山皇海山槍ヶ岳 光 岳
早池峰山武尊山穂高岳伊吹山
鳥海山赤城山常念岳大台ヶ原
月 山草津白根山笠ヶ岳大峰山
朝日岳四阿山乗鞍岳大 山
蔵王山浅間山焼 岳剣 山
飯豊山筑波山御嶽山石鎚山
吾妻山丹沢山美ヶ原九重山
安達太良山両神山霧ヶ峰祖母山
磐梯山雲取山蓼科山阿蘇山
会津駒ヶ岳大菩薩嶺八ヶ岳霧島山
平ヶ岳天城山木曽駒ヶ岳開聞岳
魚沼駒ヶ岳富士山空木岳宮之浦岳
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。