山と空と緑と青と・・・

アラフォ~ペアでのんびりゆったり山に登っています♪

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --. --:--  edit

Category: スポンサー広告

tb: --  |  cm: --

top △

近江へGo! 

2011年のNHK大河ドラマ 『 江 』
歴女では無い kaco ですが。。

お城巡りやそう言った類散策は嫌いでは無いワケでありまして。


速報的☆にて up しておりました、 20110502211412.jpg

『有言実行』 のレポを作成しました。


☆  ★  ☆  ★  ☆


時は、2011年4月30日(土)

あてにならないこのところの天気予報は、行楽日和と言う名の マーク。
   今回も期待?を裏切らないハズレっぷりは後ほど記すとしまして・・(笑)

名神の渋滞とか色々考えるのも面倒っちかったのでオール下道で行って来ました。


R21からR365にて伊吹山を見ながらのドライブ。
どこもかしこも渋滞が無く意外に早く長浜に着いてしまったので、

すき家にて朝定を食べながらの作戦会議。
  我家のある街のタウン誌みたいなのに、GWお出掛け情報があって。
  そのタウン誌持参で来てみた田舎モノ2名。

一応、kaco も会社でコピペして来ていましたが・・・詳しくは 浅井三姉妹博覧会



すき家で朝から朝定をガッツリ食べる田舎モン。
色々と相談した結果、シャトルバス利用にて色々巡ろうと言う事で、


まずは小谷城址へと車を走らせます。が、ココですでに雲行きが怪しい・・・

すき家からは迷う事なく行けました。。。街中至るところに博覧会の看板がありますから・・・



駐車場はまだ9時前だったので空多し。。
とりあえず、偵察がてら に行くとチケット購入後シャトルバスに乗る人が数名・・・



自分らの足でガツガツ登ってみよう!とさっき決めたばっかなのに、
お金を払い文明の利器で林道を上ってガイドさんが案内してくれる。。。と言う誘惑に負け。


   小谷城址を歩こう!!


『 番所跡 』まで行く事にしました。。私たちは「政子班」。。。政子って誰??
もう一班は「初」だったかな??

各班ごとに色々ゆかりの名前の札をつけてのガイド城址巡りです。



   虎御前山展望所から


『 展望所 』 からの琵琶湖方面の展望・・・怪しい雲行きです。

『 お茶屋跡 』・『 御馬屋跡 』・『 首据石 』・『 桜番場跡 』と、
順番に色々とその場その場にてガイドしてもらいますが、ぶっちゃけ、
ウチラの班のボランティアガイドさんは聞きヅライ。。。



申し訳無いと思いながらも、もう一班のガイドさんの声に耳を傾けていた失礼な田舎モン2名。


のんびり、ゆっくりと上ること25分程で、『 大広間跡 』に着きました。


   本丸を前に。



ガイドさんに小谷山山頂へは行かないと言われてウダウダな気分でいましたが、
本丸を前に、 「 ココまで来ただけでも良いか・・ 」 とでも思いつつ。



   本丸~


『 本丸跡 』 の手前。。数段の階段を上れば着くのですが、
「 意外に本丸なのに狭いな~~ 」 が率直な感想。


本丸から大広間を見下ろせば、



   見下ろす大広間跡



こんな感じ で・・・

城址、特に城跡だと実際に建物が無いので比較対称?対照?が難しいです。


この『 本丸 』より上には、
 「 中丸跡 」・「 京極丸跡 」・「 小丸跡 」・「 山王丸跡 」と目白押しなんですが、

ガイドはココまでなので、またもやガックリ感と言うか何と言うか・・・。



あとは、このまま来た道を戻りバスにて下りるのみ。。
でも、バスに戻る間にも何班かガイドで上って来られる方が沢山いらっしゃって。


「 江 」人気のほどが垣間見えて嬉しかったですよ。




今度はガイドさん無しで、自分たちで上って、山城&お山を堪能したいですね。



ささっ・・・・・・次は、『 浅井・江のドラマ館 』 へと続きます。
関連記事
スポンサーサイト

2011/05/10 Tue. 21:05  edit

Category:  ☆ ちょい旅

Thread: 歴史散策 - Janre: 旅行

tb: --  |  cm: --

top △

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。