山と空と緑と青と・・・

アラフォ~ペアでのんびりゆったり山に登っています♪

下山します。。[最終回] 

2泊3日の山登り。今回でようやく、ようやくの最終回です。
本当に、毎回毎回長くてすみません。。。
     いつも、日記兼用って事で、自分が後で思い返したい意味でも、ついつい長くなってしまいます。



   ふらふらと。



「横尾」でテントも設営し、のんびり、一休みしてお昼寝しても良かったのですが、
何だか、眠るのも勿体無い。。。って事で、山荘前のベンチでずっと座って過ごします。



夕方近くになって、涸沢からや、槍方面からも沢山下山されて来ます。
私たちと同じく、横尾でテン泊される方も多く、それでも、

この先の「徳沢」までと仰って下山されて行く方も多かったのも確か。



そんな中、涸沢から下りて来られた方々の中に、全身、血まみれの方が!

一瞬、ドコかで怪我をされて下りて来られた方だと思ったのですが、
歩き方もしっかりしているし、おかしいな?と。

すると、一緒の女性が山荘の公衆電話でヘリで運ばれた・・とか、
   安曇野市の救急病院だとか、ご家族がどうのこうの・・・と。



山荘前がちょっと慌しく、皆、ただならぬ状況に、耳を傾けています。




そう、[その2]で、ちょっと触れていますが、
あのヘリコプターで救助された方と、一緒のパーティーの方々らだったようです。


何でも、北穂の斜面で大きな落石があり、その落石が女性を直撃したとか。
その救助に携わった方々で、血まみれの方は、介助されていたようでした。


実際、私たちがザイテングラートを下山中、大きな落石が小屋の上近くに落ちる
ガラッ!・・・ガツン!。。。ドスン! って物凄い音を聞いていたので、


その時がそうだったのかも・・・と、ちょっと怖くなりました。


後で分かった事なのですが、20代の女性が頭蓋骨骨折の重傷だったとか。




いかに、山登りが今はブームと言うだけでは済まされない、
死と隣り合わせの危険な趣味だと言うことに気付かされた瞬間でもありました。




もう、夕闇近くになり、山荘の灯りで夜ご飯をつくり・・・
残っていた最後のビールも川で冷やして置いたので、
冷たくてめっさ美味しくて、すぐに飲み干し・・・。

有難いことに、山荘前の自販機にはビールとチューハイが。。即購入 ^^



昨夜は死んだように寝てしまったので、今夜は少し星空観察&月夜を堪能。




それでも、山の夜は早いので、トイレを済ませ歯磨き後、就寝。
4時半起床、4時30分出発で、何とか上高地で早い時間のバスで帰れるように・・・と。



★  ★  ★  ★


明けて、3日目。
ポツ。ポツ。。。。。と不思議な音で目が覚めた。

岳さんはちょうどトイレから戻ったトコロで。。。尋ねてみた。

「 何の音なん?」  「 雨。振り出した! 」 と。


聞いているソバから、もうテントを叩く雨音に変わっていて・・・。二人ともアングリ。
まぁ、涸沢のテン場で雨の朝を迎えるよりは断然良かったね・・・なんて
気休め的な意見の二人。。。そして、目覚ましをセットしていた時間に起床。

雨は相変わらずテントを叩くように降っていて、止む気配無し。
運良く?川原のテン場だったので下からの滲みは無く問題は無かったものの、


昨夜、月夜で星も見えていたのに。。。山の天気ってこうも変わりやすいんだと実感。


本当なら速攻でテント撤収し、朝食もとって我先に。。。と、
上高地へと急ぐ予定でしたが、起きてみたらこんな雨。


予想外?の朝を向かえ・・・しかも、他のテントの方々も急ぐ方はマバラ。



とりあえず、待っていても仕方なく無い?って事で、橋の下にザック等を移し、
濡れたテントを予備の大袋に無造作に片付け。。。お山で最後の食事。



   
   ひっそりと・・


最後の最後に雨に降られ、ちょっとテンション下がり気味。
それでも、これからサクサクとあの長い道のりを行かないと帰れないワケで。


一昨日はあんなに賑わっていた、ココ、横尾も雨に濡れ嘘のようにひっそりと静かな佇まい。
少し肌寒く、レインウェアを上下着込み、トボトボと帰る事に。


   さてと・・



森の中を行くので雨は幾分しのげるものの、木々から落ちる雫は大粒で・・・。
ちょっと、トトロ の気分を味わいながら。



ほぼ無言で、黙々と進みます。



   徳沢のテン場・・



横尾から約50分。。当初のテン泊予定地、徳沢に着いた。
徳沢でちょっと雨宿りしながら、水分補給とバナナチップを頬張り。


また、冷たい雨の中をサクサク進みます。
来た時は、あまりの沢山の登山者。そして我先にと後ろから沢山追い抜かれ、

妙なプレッシャーを感じながら歩いて来たこの道のりも、
帰りは雨のお陰で何もかもが打って変わり、気持ち的にも楽に歩けた。



   明神まで来た



徳沢から歩いて来ること、約45分で明神まで来た。
ようやく、あと1スパン。。ココでトイレ休憩。


この辺りで、本日の登山者とすれ違い始め、ずっと雨だったのかと尋ねられる。


ようやく雨も小康状態。雲もきれだいぶ明るくなってきた。


登山者よりナイロンの合羽を羽織った上高地散策者が増えて来た頃、
明神からは約40分で、河童橋まで戻って来た。


   河童橋♪



そして、ようやく長かった道のりも終えることとなる。
バスセンター前の、バス待ちの列を見てちょいと拍子抜けすることになる訳だけど、


こうして、無事、2泊3日の山登りは終わりを告げるのでした。




ほぼ1年前の9月。
初めてのテント泊で蝶ヶ岳に登った。。。そう、槍・穂高の展望台。


   蝶から。


「 いつか、私にもあの稜線上を登れる日がくるのだろうか?」 と思った。
そして、到底無理だ!とずっと思っていた。。。

そんなトコへ私を連れて行った岳さんも、ちょいと無謀だと思っていただろう。

けれど、今は、「 登って良かったでしょ?」 と言ってくれる。

そして、「また、行きたいね」とも。




それって、私の成長を褒めてくれた。。。って理解しても良いんだよね。




「 また、奥穂高に行きたいね。岳さん。」  でも、正直なトコ、上高地~横尾までの歩きはちょっと・・・。(笑)


最後まで有難うございました m(_ _)m 人気ブログランキングへ 疲れた~ポチッとね。


関連記事
スポンサーサイト

2010/12/12 Sun. 23:12  edit

Category:  ☆ 山歩記

Thread: 登山・ハイキング - Janre: 旅行

tb: --  |  cm: 6

top △

コメント

おはようございます。
奥穂高シリーズもうおしまいなんですね。もっと見ていたかったので私も名残惜しいですが、とても楽しませていただきました。ありがとう。^^

ヘリの音は聞こえていたので何かあったと思いましたが、やはりそうだったのですね。
登山者もとても増えたので事故も急増しているみたいですね。

私もあの日、雨の中朝からカッパを着て常念への縦走を諦めて下っていました。^^;

S氏 #9jnonjpg | URL | 2010/12/13 07:15 | edit

>S氏さん。

こんばんは、S氏さん。

奥穂高シリーズ。。だなんて、お恥ずかしい限りです(汗)
ただただ長いだけのレポ、読んでいただいて有難うございます。

蝶ヶ岳からも聞こえましたか?ヘリの音。
私たちが見た落石では無いにせよ、実際に起こった事故なだけに、
危険と隣り合わせだと言う事を実感しました。
岳人12月号にも山岳遭難を振り返る・・・とありますが、
本当に事故等が急増し毎日のように起こっているのには驚きでした。

常念への縦走を諦め下山。。。正解だと思いますよ。S氏さん。
やはり、槍・穂高の展望が在ってこその縦走だと思うので・・・

kaco #- | URL | 2010/12/13 23:32 | edit

kacoさん、こんばんは。
あこがれの山に頂上に立てたのですね。やりましたね!!
このシリーズを読ませていただき充実感が伝わってきました。
次なるあこがれの山にまた挑戦してくださいね。

たけちP #- | URL | 2010/12/15 20:51 | edit

>たけちPさん。

こんばんは、たけちPさん。

このシリーズ・・・(も)、ダラダラと長いだけなのに、
読んでいただけて、とても嬉しいです。有難うございます。
憧れのお山の頂上に立てた事はもちろん嬉しかったのですが、
こんなヘタレで根性無しな私と同行してくれる岳さんにも感謝しきりです。

次なるあこがれの山・・・そうですね、体力が続く限りは、
頑張って挑戦したいですね *^^*

kaco #- | URL | 2010/12/16 00:01 | edit

レポ楽しく読ませていただきました~☆
もう、すっかり本格的山ガールですね^^!!
私は明神橋までしかいったことないので、徳沢、横尾までの道のりがまず難関。。。というか長そうですね~。
ハイキンングは好きだけど、ハイキングで疲れたあとに山登りとなるとぐったりしそうです(笑)
おつかれさまでした~!!
kacoさんの山ルックかわいいです☆☆☆

まよまよ #- | URL | 2010/12/16 12:19 | edit

>まよまよさん。

こんばんは☆まよまよさん。

レポ楽しくだなんて・・・ホンと読んでいただき有難うございます。
何ともお見苦しい点ばかりで恥ずかしい限りです ^^;
アハハハハ。。。山ガールに山ルック。
これも恥ずかしいしかわいくないので、山おばちゃんくらいが良いかと。

まよまよさんは明神まで行かれたのですね。
それなら、あとは→徳沢→横尾と大体同じ時間かかると思えば解り易いですよ~。
ハイ!長いです!!!だから飽きちゃいました ^^;
私もまた行きたいと思うもののそれがネックになっているのも事実なんですよね。

kaco #- | URL | 2010/12/17 00:02 | edit

top △

コメントの投稿

Secret

top △