山と空と緑と青と・・・

アラフォ~ペアでのんびりゆったり山に登っています♪

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --. --:--  edit

Category: スポンサー広告

tb: --  |  cm: --

top △

初の聖地へ・・〔0〕 

今年は夏の猛暑の影響で、紅葉が遅く秋も短い・・とも言われていますが、
全国的にどうなんでしょうか?


そんな「初」秋を満喫すべく、9月の3連休、かの有名な「 聖地 」へ行って来ました。


  夢でした・・♪


・・・そうです! 速報にて up していたあのお山へ・編です。

今回ももちろん、延々と・・・一体○番まで行くのか見当もつきませぬが、
長~~~い目で見て、優しい眼差しでお付き合い下さい、ね。

★  ★  ★  ★  ★

2010年9月18日~20日 (土・日・祝) 

上高地~涸沢~奥穂高岳~涸沢~横尾~上高地

★  ★  ★  ★  ★


 前書き(前置き)
   
   ホンとなら秋のお山で、今まで先延ばしにして来ている白馬三山縦走、唐松&五龍岳。
   あるいは、妙高&火打山あたりへ計画をしていたのですが、如何せん。
   前回のお山、鹿島槍敗退以降、色々な意味で自信喪失気味のヘタレ負(腐)女子1名。

   岳さんは、あまり多くを語らない人なので本心は分かりませんが・・・

   ただ、コトあるごとに 「 槍・穂へ行きたい!」 とおっしゃってていて、ウチのヤマケイの本は、

    2008年度版  破れるくらい見まくっている山人なんです。

   今回も、初の2泊3日の山登りを計画していたので、前述のプランにさらに、
   槍ヶ岳、北岳・間ノ岳、そして新穂から双六方面へのプランなど、
   相変わらずのハード振りに、kaco のヘタレ度は Full に。

   最終的にはやはり、白馬三山と槍・穂との一騎打ちになったのですが、
   つい先日の新潟、長野の局地的大雨で鑓温泉ルートの橋が流されたとの情報があり、
   その後、猿倉線の通行止めやら何やら情報が錯綜としていてし実際のところ???

   そんな不安な?マークのお山はまた延期と言うことで決まったのであります。
   正直、 初、聖地。。デビューに緊張と不安と、そしてワクワクと。


ドコへ登ろうと、一応2泊3日用のパッキングだけはしておいたので、手間取りはしなかった。

   テン泊装備♪ コレは違うお山でのチーム岳のザックですが・・・

岳さんのザックが思っていた以上に容量が小さいというコトが判明。想定外です。
要るモノだけ・・・としても入りきらない、2泊3日分の荷物。

泣く泣くお酒類を数本残して行く事にしたのは内緒。



初の聖地に何だか遠足に行く前日みたいな感覚でグッスリ眠れなかった・・・。
沢渡始発の6時のバスを目標に逆算し出発です。



最寄りの西友にて買い物し、高速に乗り中央道 ⇒ 長野道と進み 
松本ICで下り一路、沢渡へ。

実は、松本ICで下りたモノの、
ついつい、いつもの癖?で危うく通過してしまうトコだったんですよ・・・(笑)
kaco が言わなかったら 「 豊科まで行くつもりだった」 らしいです。


松本ICで下り、最初のコンビニ へ皆、入っていったので、ウチラは通過し、
この先の交差点の に寄り、最後の調達。
お客さんが皆、登山の格好をしていらっしゃって、何だか笑えた。

あとは、またまた一路、国道158号をひたすら沢登へ。。。って、
松本ICを下りて来た乗用車はほとんどと言っても良いほど皆、沢渡へ。


ズンズン、ビュンビュン!カッ飛ばして何とか5時頃、沢渡着。
すでに、バス停に沢山並んでいらっしゃってメッチャ焦りましたが、

何せ初めてなもんで・・・

焦っても仕方が無いと開き直り、普段と変わらずチーム岳ペースで支度し
皆が並んでいるバス停に並び、岳さんがチケットを買いに行ってくれました。



『 6時始発のバスに乗るには乗れますが、出払っているバスが戻って来ての
     ピストンなので、待ち時間は30分くらいかかるかも知れませんよ・・・』
との事。

ココでだいぶ並んでいた方々、とくに個人(単独)で来られた方々はタクシーに切り替え、
並んでいた列がだいぶ少なくなって行きました。



でも、ちょうど並んでいた前のご夫婦がとても良い方で・・・・。


並んで岳さんを待っている間、
『 初めての上高地なんですか? 』と言う言葉から、色々なお話をしていただけて、

とにかく奥様(と言っても、歳は私よりお若いのではないのかな?)がとても良い方で、
『 涸沢はとっても良いトコロなので、楽しんで来てくださいね・・』とおっしゃって。



そんなお話をしていたら30分もかからず、バスが来て難なく乗ることが出来、
ワクワク、ドッキドキの上高地デビューを果たすチーム岳です。



全く面白みも無く、日記的、覚書き的に書いたレポ〔0〕編はココまで。

人気ブログランキングへ 〔1〕へ続きます。

関連記事
スポンサーサイト

2010/10/28 Thu. 23:28  edit

Category:  ☆ 山歩記

Thread: 登山・ハイキング - Janre: 旅行

tb: --  |  cm: --

top △

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。