スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆夏山、第4弾。。☆其の弐

Category :  ☆ 山歩記
  いわく付きの登山となってしまった夏山レポ。。 ☆其の零  ☆其の壱


     アレが種池山荘?



   家を出る時から雷雨に見舞われ・・・
   レッツら  した途端、岳さんの体調が思わしく無く・・・
   岳さんの調子が良くなったと思ったら、今度は kaco がシャリバテ・・・


   と、災難続き的、散々な状況となってしまったこの日の夏山。



   岳さんにお願いして、大休憩をとってもらい、体力回復を待つ。
   どっしり腰を下ろし、ザックもおろして、作戦会議するも、


   じっくり20分近く休憩させていただき、
     「 とりあえず、種池山荘までは登ってみよう!」 と気合を入れリ・スタートします。


  それにしても、ココ 「 柏原新道 」

    ホンとに素晴らしく整備が行き届いていて、頭がさがります。
    危険な箇所や崩落しそうな箇所には、階段や梯子が整備されていて、

    石畳も歩きやすく整備され、雨水などが流れるよう水路まで設置してある。


      石畳を行く



  ヤマノボラ~の皆さんの blog などで整備が行き届いていて歩きやすい。と言うコトは
   承知していたのですが、実際、歩いてみて、本当にその通りで、感心しきりでした。



   おかげさまで。。。大休憩し体力チャージが出来たのかな?
   相変わらずゆっくりとは言え、視界の狭さや頭痛は幾分おさまった感じ。



   『 水平道 』 水平道 その名の通りの水平のCT稼ぎロード。


   歩きやすさに居心地良く進んで行くと現れる 水平岬 『 水平岬 』


   そのすぐ先に これより「大廻り」らしぃ これより 『 大廻り 』 と。

   またまた、その名の通り、グル~~~っと大廻りする登山道。
   廻りこんでその先に、休憩されている方々のお声が聞こえてくると、

   石ベンチ 『 石ベンチ 』 登山道脇に石のベンチあり。



   岳さん曰く、「 イベント目白押しの柏原新道だね 」 だそう。。(笑)

   石ベンチで休もうかと思いましたが、先客もいらっしゃったし、比較的、
   kaco の調子もまずまずだったので、その先へ進んでみて休めそうなトコで休もうと・・。

   石ベンチを通過しても、登山道はまだ比較的緩やかな登りで歩きやすい。
   ただ、樹林帯は抜けているので、陽射しが注ぐ場所はギラギラと暑く痛い!


   向かって左に折れるように曲がる角には、 アザミ沢 『 アザミ沢 』

   水は枯れてしまっていましたが、沢跡のようなガレガレ場。
   それでも何の問題も無く歩けている。。今のトコロ。



      夏空だね~♪


   見上げる空も、針の木方面はガスガスでなにも見えなかったけれど、
   これから向かうであろう稜線方面は青空が広がっていた。


   ヘバッていた kaco も、写真を撮るだけの・・少しだけ余裕が出て来ていた。
   けれど、日当に出るとギラギラと暑くたまらず日陰に倒れこみそう。。



   しばらく進むと、こんな注意書きが   注意事項!


   そのすぐ先には、こんな感じで・・・・



      ココからガレ場・・



   崩落しているちょっとガレガレちっくな箇所をススス~~~っと通過。


   その、まさに通過中にかかっている。。 その名のとおり「ガラ場」 『 ガラ場 』

   ほんの数日前までは、この辺りで小さな雪渓を渡る。。。とあったけれど、
   もう、この暑さで解けてしまっていて、小さくなって残っているのみでした。



   『 ガラ場 』を通過すると、ココ柏原新道唯一?のクサリ場がありますが、
   クサリに頼らなくても全然問題無く行けます。



   見上げる空は青く眩しく輝いていますが、それが返ってヘタレな kaco を痛めます。
   また、ペースが落ち気味で、日陰日陰と出来るだけ「涼」を求め、

   トボトボと登って行きます。


   で、出て来た看板は 『 富士見坂 』 富士は見えない「富士見坂」 もちろん富士山は見えませんが。



   この辺りですれ違った下山される途中の単独のおじさまが、

       「 あと少しで山荘が見えて来るから・・
              山荘が見えて来たら、もうじきに着くよ。。20分もかからないよ、頑張れ~」
 と。


   そう言われて、とても嬉しかった記憶だけれど、こ~ゆ~時って
   その言葉を信じてホンとにそうだったコトってあんまり無い気がする。。。


   種池山荘までのラストの登り・・・だろう、と思いながら、
   石段で整備された富士見坂を必死に登りつめると、

   先を行っている岳さんの呆れた失笑にも似た笑い声が聞こえ・・・
   kaco もそこまで必死こいて登って行くと、今度は、


   鉄砲坂。。。 『 鉄砲坂 』 ・・その意味は??


   急登の坂に石段の段々が続く最後の踏ん張りドコロ的。。
   もうココまで来たら、kaco は声も無くただただ腰に手を当て・・・

   出るモノと言えば、ダックダクに流れ出る汗と溜め息。。



   ちょうど、石ベンチの辺りから一組のご夫婦の方と抜きつ抜かれつ。
   ほぼ、同じペースで登り続けて来ていて、この「 鉄砲坂 」でチーム岳が前に。。。



   暑いし喉も渇いて来たし・・・「 そろそろ山荘じゃないの~~?」
                      「 山荘に着いたらすぐビール飲みたい!!」
 と。

   考えているコトといえば、頭ん中は   




   石段を登りつめ回り込んだ先で岳さんが 「 kaco ~、前見てみろ~~!!」 と。



     見えた~!山荘っ!!

   

      山荘&青空 キタ━━━━(*゚∀゚*)━━━━ッ!!


   これこれ、コレコレ。これを待ってたのよ。。。ほぼ一緒だったご夫婦も
   ちょい後に到着され、一緒に微笑んでしまいました。



   ただ、正直、この見えてから山荘に着くまでが意外と長く感じたのは内緒・・(笑)



      着いたど~!



   【11:21】 種池山荘着。


   CT、3時間30分よりちょい遅くなりましたが、
   まぁ、ヘッポコ kaco にしてはそれなりの時間なので良しとしなくては。



   山荘前のテラス?席もベンチもいっぱいで座れなかったので、
   端っこにザックを置いて日陰を探すものの、
   山荘の中以外はこの時間、日陰なんて無いワケで。。。席が空くまでウロウロ。



   ウロウロついでに。。。 人気ブログランキングへ ポチッとね。


   続きは☆其の参にて。。。m(_ _)m



関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 登山
ジャンル : スポーツ

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
お天気チェック
いま何時?
プロフィール

kaco

Author:kaco
ヘタレで根性無し。。。
不格好な負(腐)女子のkacoです。

2008年の夏からお山に登り始めました。
のんびり気ままに、基本的にはムリしない。
健康第1、天候第2に、マイペースで
岳さんとお山に登っています。。。

が、
ココ最近はもっぱら「誌上登山者」です・・(汗)

そんなヘタレ山歩記録ですが、
遊びに来て下さって嬉しいです。

リンク
検索フォーム
カウンター
Free Access Counter Templatesナビくん
百名山りすと
利尻岳巻機山瑞牆山恵那山
羅臼岳燧ヶ岳金峰山白 山
斜里岳至仏山甲武信ヶ岳荒島岳
阿寒岳谷川岳白馬岳甲斐駒ヶ岳
大雪山苗場山五竜岳仙丈ヶ岳
トムラウシ妙高山鹿島槍ヶ岳鳳凰山
十勝岳火打山剱 岳北 岳
幌尻岳雨飾山立 山
後方羊蹄山高妻山薬師岳塩見岳
岩木山男体山水晶岳悪沢岳
八甲田山日光白根山鷲羽岳赤石岳
八幡平那須岳黒部五郎岳聖 岳
岩手山皇海山槍ヶ岳 光 岳
早池峰山武尊山穂高岳伊吹山
鳥海山赤城山常念岳大台ヶ原
月 山草津白根山笠ヶ岳大峰山
朝日岳四阿山乗鞍岳大 山
蔵王山浅間山焼 岳剣 山
飯豊山筑波山御嶽山石鎚山
吾妻山丹沢山美ヶ原九重山
安達太良山両神山霧ヶ峰祖母山
磐梯山雲取山蓼科山阿蘇山
会津駒ヶ岳大菩薩嶺八ヶ岳霧島山
平ヶ岳天城山木曽駒ヶ岳開聞岳
魚沼駒ヶ岳富士山空木岳宮之浦岳
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。