☆夏山、第2弾。。★その4

Category :  ☆ 山歩記
    と言うワケでして。。。まだまだ続いているタラタラレポです。
                          ★その3  をどうぞ。


      大丈夫かな?



    夕方から一時雨の予報。。に心配しながらも、
    赤岳の山頂をゲットし、行者小屋で至福のひと時を過ごした酔っ払いチーム。

    テン場に戻り横になると、3秒後には記憶を失っていたワケで・・


    何だか外が賑わしいな~?と気付いて起きてみると、すでに20時過ぎ。
    行者小屋のテラス前や、テン場の大きなテントの団体さんが、山時間堪能中。

    ウチラは・・・テント内でまたも担ぎ上げたチューハイで乾杯・・(笑)


    行者小屋で をすませ、
    明日未明の3時半に携帯目覚ましセットし就寝です。





    そして。。。。。。。明けて25日未明の3時半、起床。
    ヘッデン片手に、ソソクサと支度し、いざ阿弥陀岳へと レッツら  です。


        ちなみに、昨夜から、この夜明けまで、写真は真っ暗のためありません m(_ _)m



    ヘッデンの光を頼りに、阿弥陀岳を目指します。
    が、なにぶん、真っ暗闇の中、「 初ヘッデン登山 」のため微妙に怖いです。

    テン場を出てしばらく行くと、昨日、赤岳からの下山で下りて来た
    「 文三郎 ← → 阿弥陀岳 」の分岐点に着き、いよいよ阿弥陀への登山道です。




    「 ヘッデン登山 」を今回の山歩きのテーマとしていたウチラなんですが。。。
                アッ!?岳さんは以前、富士山でヘッデン登山、体験済みでした。。

    真っ暗な中でも、ヘッデン登山で危険箇所も無く、
    段々と夜が明けて来て、不安も減って来て、何とか登れてホッとしました。


    赤岳への登山道。
    地蔵尾根からも、文三郎からも登って行かれている方のヘッデンライトが見え、
    赤岳にも幾つかの光が見えていた。。。。。けど、コチラ阿弥陀は私たちだけ?



    そうこうしていて、稜線へと登り着いた時、思わず息を飲んだ・・・。
    



       怖いくらいに。。。



    日本一のあのお山が、どっしりと、そして静かにコチラを見ていた。
    怖いくらいに、そして堂々と。


    稜線上まで出ると、風が冷たい。まだ陽が射していないので身に凍みる冷たい風。



    そして、反対側。赤岳から横岳方面へと続く稜線は、




      もうすぐ。。



    もうすぐ、夜明け。。。です。
    阿弥陀岳での御来光。    「 間に合わないかも・・ 」 です。



    ココからはもうヘッデンは不要。そして、ガッツリ急登に変わる登山道。
    梯子あり、クサリ場ありの激登り的、岩登り。



    寒いし、岩やクサリが冷たいし、急登の岩場の連続に、
    何だかちょっとヘタレ根性が出て、岳さんには先に登って行ってもらった・・・。


    それでも、上から 「 kaco ~! ゆっくりで良いから登っておいで~~」 と激が聞こえ・・
    崖側を出来るだけ見ないように、ヘッピリ腰で登って行きました。




      雲が多いけど・・



    雲が多かった分、何とか御来光時刻に間に合った感じでしょうか?
    たどり着いた、ココ 「 阿弥陀岳 山頂 」には、やはり誰もおらず。


    フフフ。。。 山頂を二人占めです。



      山頂バンザイポーズ♪



    何故か、富士山に向かってガッツポーズ。。。(笑)
    グルリと眺望を見渡すと、日本一、そして日本二のお山がどぉ~ん!

    そして、遠くは後立山連峰から槍穂までの北アルプス連峰。
    乗鞍岳、御嶽山。中央アルプス。甲斐駒くんに仙丈さんの南アルプス。


    そして、そして・・・



      パノラマ赤岳



    八ヶ岳の主峰、赤岳くん。


    八ヶ岳連峰の山々はもっちろん(勿論)のこと、噴煙を上げる浅間山も。
    とにかく、山と言う山がたくさん見えていて。。。影八?も見えたし。。。

    画像として up 出来なくてホンとすみません・・・m(_ _)m
       しかも、画像サイズをパノラマのままだった事に下山後気付く残念振り・・・



    どれくらい山頂を二人占めしていたのか、山頂は風が強く凍えそう・・・。
    しばらくすると、5名ほど登って来られたので、入れ替わり下山しようと。



      行者のテン場は。。



    山頂を堪能して下山にかかると、急にお腹が空いてきた・・・

    眩しい朝陽に照らされながら、ヘッピリで登って来た激登りを、
    激下りします。



      激下って来ました。

    

    ヘタレ振りを発揮した激登りも、陽射しの暖かさと、
    誰も居なかった登山道に人が居るコトの温かさからか、激下りにも

    嘘のように、難無く下りて来られた。。。不思議だ。。。


    真っ暗な中、登って来た阿弥陀岳の登山道。
    多くの登山者と「 お早うございます 」 の挨拶。そして、

    多くのお花たちと「おはようございます」とアイサツ。


    まだ、陽が射して来ない涼しげな道をトコトコトコトコ・・・と。
    あっさり、テン場着。


    お腹も空いたので、ここでやっと朝食です。。。鮭雑炊と赤だし。



      ココでテントを・・




    結構な数のテントは撤収されていて、「空」が出て来た寂しいテン場。
    私たちのテントサイドはまだ陽が当たって来ないので、
    テントを陽が当たっているサイドの「空」スペースに移動し、乾かします。

    荷物をザックに入れお片付け。



      赤岳から・・


    帰り支度をするこの時間がいつも切ない・・・。そう、
     「 帰りたく無い病 」 の発症です。

    行者小屋のテラス席まで移動し、またお山を見渡し・・・。
    前回登ったお山、常念くんがココ、行者小屋のテラス席から見えていました。



    どちらからともなく、「 そろそろ帰ろうか 」と。



      後ろ髪引かれまくりで・・



    メッチャ、名残惜しいですが、下山します。
       「 いつかまた来るからね~~」 と。


    最近、テント泊したあとの下山で思うコト。

     特に下山が苦手な kaco は、山泊する事によって膝痛が和らぐためか、
     下山時に、膝痛に顔を歪めることなく、サクサクと下りて来られるようになりました。

           。。私のカンチガイかも知れないけれど、そう思っています。


     登って来られる方々は、やはり人気の赤岳です。多いです。
     それでも、すれ違いは難無く出来るので、問題なくほぼ定刻に、


      美濃戸山荘


    無事、美濃戸山荘まで下りて来ました。
    山荘の水場に冷やしてある、ジュースと野菜が美味しそうでしたが、

    グッと堪え、お水だけいただき、あとは林道をスッタカタ~と進み、



      やまのこ到着~♪



    素敵な山登りのゴール。。やまのこ村に無事帰還しました。
    ベンチにドォ~ン!と腰を下ろし、靴を履き替え、やり遂げた達成感に浸っていると、


    岳さんが、キンキンに冷えた コーラを買って来てくれて、

    二人ともガブ飲み。。。アブに刺されて痛かったけど、コーラは美味しかった~。



    あとは、デッコボッコのグデングデン道を美濃戸口まで悪路を走り、
    諏訪南ICからではなくて、諏訪ICまで国道を走り、

    またもや、定番化しつつある、すき家で打ち上げ。。。



    その後、中央道をカッ飛び、日本一暑い街に、一番暑い時間帯に帰宅しました。



       赤岳で、kacoだけ・・



     「また、登りたいね」・・・二人ともそう思った素敵な山旅でした。


    最後まで、いつもありがとうございます。。。人気ブログランキングへ ポチッと一押し、スペシャルサンクスです。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 登山
ジャンル : スポーツ

Comment

こんばんは。
「ヘッデン登山」私も今年やってみようと少しハイパワーなヘッデンに変えました。
でも計画倒れでまだ行っていません。
真夏の日中の行動よりも夜は涼しい分良さそうな気がしたのでやってみたかったです。
実際上手く歩けるのかとても興味があります。??
朝のすがすがしい景色最高ですね。
私はきっとどんな良い山に登ったとしても赤岳が一番好きな山だと思います。^^

>S氏さん。

こんばんは、S氏さん。

「ヘッデン登山」・・・私は初でしたが、何とか登れたと言う感じでして、
岳さんにはただのお荷物状態だったのではないかと(汗)
S氏さん、秋山にヘッデン登山を計画されてはいかがでしょうか?
きっと空気が澄んでいて素敵な景色に出合えると思いますよ。

>赤岳が一番好きな山。。本当に良いお山ですよね。
私も好きなお山リストに赤岳がランクインしました ^^

kacoさん、こんばんは。
2日間最高の天気に恵まれ良かったですね。
もくもくした入道雲、夏山らしくていいですね。
阿弥陀岳からの富士山、きれいに写っています。
阿弥陀岳からの赤岳も迫力があっていいですね。
私は最近、阿弥陀岳から諏訪の街並みや諏訪湖が見えるのが
いいなぁと思っています。
それからテント泊代1000円。他のところに比べると高いと思います。
八ヶ岳の山小屋では他の山域に先駆けてトイレ問題に取り組んできています。
また、ソーラー発電、水力発電などにも取り組んでいます。
茅野市も全国で初めて山小屋の環境問題に対して補助金を出すなど行政として
バックアップしています(私もこちらに来てから知りました)。
北アルプスや南アルプスの稜線上の小屋では水代がかかることもありますし。
まぁ、そんなところから高いんだなぁと思っていただけとありがたいです。
すっかり八ヶ岳贔屓ですみません。

>たけちPさん。

おはようございます、たけちPさん。

いつかは登りたいと思っていた赤岳。
お天気にも恵まれ最高に楽しい思い出のお山となりました。
ただ、天気が良すぎて両腕真っ黒に日焼けしてしまい…いまだに日焼け痕が ^^;
阿弥陀岳。。には申し訳ないのですが、
赤岳のオマケ的に登ってみたのですが展望も素晴らしく八ヶ岳の穴場的で渋いな~と。

テン泊代金の件は。。。たけちPさん、私たちは然程気にはしていないので ^^
どこのお山もですが、テン泊代金には、それなりの付加がある訳ですし、
この行者さんに対しても、プライスレスな感動と興奮を味わえるので、
高い・安いは関係無いと思っています。

あっ、そうそう私たちは岐阜県民ですが、
長野県のお山をご贔屓にさせていただいています(笑)
非公開コメント

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
お天気チェック
いま何時?
プロフィール

kaco

Author:kaco
ヘタレで根性無し。。。
不格好な負(腐)女子のkacoです。

2008年の夏からお山に登り始めました。
のんびり気ままに、基本的にはムリしない。
健康第1、天候第2に、マイペースで
岳さんとお山に登っています。。。

が、
ココ最近はもっぱら「誌上登山者」です・・(汗)

そんなヘタレ山歩記録ですが、
遊びに来て下さって嬉しいです。

リンク
検索フォーム
カウンター
Free Access Counter Templatesナビくん
百名山りすと
利尻岳巻機山瑞牆山恵那山
羅臼岳燧ヶ岳金峰山白 山
斜里岳至仏山甲武信ヶ岳荒島岳
阿寒岳谷川岳白馬岳甲斐駒ヶ岳
大雪山苗場山五竜岳仙丈ヶ岳
トムラウシ妙高山鹿島槍ヶ岳鳳凰山
十勝岳火打山剱 岳北 岳
幌尻岳雨飾山立 山
後方羊蹄山高妻山薬師岳塩見岳
岩木山男体山水晶岳悪沢岳
八甲田山日光白根山鷲羽岳赤石岳
八幡平那須岳黒部五郎岳聖 岳
岩手山皇海山槍ヶ岳 光 岳
早池峰山武尊山穂高岳伊吹山
鳥海山赤城山常念岳大台ヶ原
月 山草津白根山笠ヶ岳大峰山
朝日岳四阿山乗鞍岳大 山
蔵王山浅間山焼 岳剣 山
飯豊山筑波山御嶽山石鎚山
吾妻山丹沢山美ヶ原九重山
安達太良山両神山霧ヶ峰祖母山
磐梯山雲取山蓼科山阿蘇山
会津駒ヶ岳大菩薩嶺八ヶ岳霧島山
平ヶ岳天城山木曽駒ヶ岳開聞岳
魚沼駒ヶ岳富士山空木岳宮之浦岳