山と空と緑と青と・・・

アラフォ~ペアでのんびりゆったり山に登っています♪

唐松岳・・Ⅲ 

毎回ですが。。。唐松Ⅰ ・ 唐松Ⅱ の続きです。。。ごめんね



  不帰キレット・・近っ!!  天狗さんにガスが・・

丸山ケルン」でしばし休憩していると、
後から後からガスガスになってきていました。
ちょっと天気が心配。。。焦りつつ、頂上を目指します。
丸山ケルンまで来ると、唐松岳?と思われる頂が見えます。
ココからは稜線歩き。。。ガレた場所もありますが、
 ↓ こんな感じで問題は無いでしょう。

 あれが唐松岳?

目指す頂が見えると。。。ダメですね~~たはー
ついつい、気ばかりが焦ってしまい、息が上がってしまいます。

 唐松への稜線①

座り込むとしんどいので立ち止まって ミネラルウォーター 水分補給し、また進みます。

 また近くなった不帰キレット

 不帰キレットもだいぶ近くなってきました。

 ・・まだかいな?

 急な登りではなく、少しずつ少しずつ高度が上がって行く感じのコースですが、
 さすがに、この辺りまで来ると、暑さと疲れもピークで声になりません。
 あとは 「気合いと根性」 で登ります。

 そうこうしている間に、登山道の状態が変化して来る。

 崖っぽい

 岩がゴロゴロ、そして岩肌むき出しで片方が崖っぷちの場所にたどり着く。
 写真では判り辛いが、ガスに包まれている所に道が続いています。
 「 落石注意 」 注意マーク と書かれた看板あり!!
距離は短いですが、ヒト一人が通れるだけの狭い道で、
途中、すれ違いには注意が必要です。。。ココを通過すると、

 危険箇所あり

 ↑ こんな箇所も出で来ます。
 一応鎖もありますが、無くても問題ありません。
む ・ し ・ ろ、落石の方が気になる感じです。
  ココを通過してしばらくは狭い道をまた進むと、右に巻きます。すると、

 小屋が見えた!!

    ワッ w(°0°)w オォー

 こりゃテンション上がります。。。。。岳さんは先に着いて待っていてくれてます。
 そして、

 山荘からの唐松岳

 ワッ w(°0°)w オォー 2回目 汗




 まだまだ?またまた??続くよ。。。汗
 頂上へ編 クリックしてね。 
関連記事
スポンサーサイト

2009/06/22 Mon. 23:50  edit

Category:  ☆ 山歩記

Thread: 登山 - Janre: スポーツ

tb: --  |  cm: --

top △