山と空と緑と青と・・・

アラフォ~ペアでのんびりゆったり山に登っています♪

GWレポ③ 念願の尾根歩き[中編] 

   梅雨の真っ只中。
   昨年の今頃。6月は毎週お山へ行ってたな~~。

   ってコトは、今年は梅雨らしい梅雨なんだね



     いつか歩いてみたい・・



   。。。と言うワケで、念願の尾根を歩くべくやって来たワケになんですが、

   2010年GWレポ、其の参。「 念願の尾根歩き~♪」〔中編〕

  ◆  ◇  ◆  ◇  ◆  ◇  ◆  ◇  ◆  ◇  ◆  ◇  ◆  ◇  ◆

   2010年5月3日 (祝)  予報は  の行楽日和

     簡単なコースタイム (ヘタレなので、皆さんの参考にはなりませんが・・・^^; )
     ゲート前駐車場( 6:50) 水沢登山口( 7:22) 水沢岳( 8:46) 鎌ヶ岳山頂(10:35)
     鎌ヶ岳山頂(11:30) ゲート前駐車場(12:49)


  ◆  ◇  ◆  ◇  ◆  ◇  ◆  ◇  ◆  ◇  ◆  ◇  ◆  ◇  ◆


      水沢峠

   枯れ沢、しかも岩ゴロゴロの急登を攀じ登り水沢峠までやって来た。

   コレと言って何ともないただの峠。
   でも、ココからまた水沢岳まではCT40分ほどのガレザレの急登だ。

   水分補給のみですぐ出発。


   むき出しになった根っこを掴み、木の枝も掴み、ザレた急斜面を登る。


   すると、5~10mほどの両側がキレ落ちた狭い尾根を歩く。
      「 コレが馬の背渡り?」 「 ・・・にしては距離短くない?」

   岳さんは先に渡り、写真撮影。kaco はススス~っと小走りに通過。


   後に思ったけど、やっぱココが『 馬の背尾根 』 だったみたいです。


      見た目より急登


   ココを過ぎるとまた両側が木々に覆われた細い尾根歩き。
   登山道がザレて掘れてしまっているので、木や根っこを掴みながら進む。

   kaco の嫌いな「一旦下る」の無い、ひたすらな登り一辺倒。
   それも結構ヘタレる訳で。歩幅も小さくトロトロと木々を掴む手力で登って行く(笑)


   それでも、ようやくたどり着いた。水沢岳 < 8:46>


      水沢岳
   

   「 すいざわ 」と読むようです。。ピークらしくない水沢岳。


      お~!鎌だ。


   ただ、この先、はるか向こうに鎌ヶ岳が見え、テンションも上がります。
   「 いよいよ鎌尾根を行くんだ~」 と自分に言い聞かせ。

   前だけ向いて気合いを入れて進みます。


   が、ココで下っているコトに気が付き、テンションが下がります。
   ザレザレの急降下。マジで滑ります。一歩進むと、その足がズルル~~てな感じで。

    「 ここ、アイゼン要るよ。。(笑)」 と冗談を言う岳さん。
   でも、実際、アイゼン必要なくらい滑るザレザレの下りです。。(笑)


   岳さんが先に行き、木の根っこや掴めそうな岩を指示してくれます。


     ザレレレレ~な急降下


   慎重に、一歩一歩確実に下ります。


      キノコ岩・・だそうです。


   『 キノコ岩 』と言うトコらしいです。鞍部まで下りて見上げてみました。
   ウチラと反対ルートの方。これから登る方々は「ハハハハ・・・」失笑されていました。


   この『 キノコ岩 』の下り。
   水沢峠から水沢岳へ登った急登分、急降下して下りてきた感じ。


   ココからはずぅ~っと尾根歩き。
   登っては下る、下っては登るの繰り返し的。


      鎌尾根を行く!


   トンガリ帽の鎌ヶ岳を見渡しながらの尾根歩き。
   スッキリ爽快!!とまでは行かないモノの、ある程度の景色は見えている登山日和。

   まだ伸びていない、背の低い笹っパラを登り下り。
   一歩一歩、鎌に向かって進みます。


      まだまだ・・


   尾根沿いに出れば、入道くんや雲母さんもよく見えているし、
   目指す鎌ヶ岳はまだ先に、どぉ~ん!と待ち構えています。
      
   

     「 待ってろ~鎌ヶ岳~ぇ!!」 。。。って、ずっとソコに居るし・・・

   

    まだ鎌尾根の途中なのに・・・後編へ続く

   頑張って作成します。。 人気ブログランキングへ ポチッとお願いします。

 
関連記事
スポンサーサイト

2010/06/22 Tue. 22:06  edit

Category:  ☆ 山歩記

Thread: 登山 - Janre: スポーツ

tb: --  |  cm: --

top △