GWレポ③ 念願の尾根歩き[前編]

Category :  ☆ 山歩記
   とうとう梅雨入りしちゃいましたね・・・・・  


   そんな、お山に行けなかった週末は、溜まっているレポでも。。。と。

     土曜は・・・午前からムシムシ暑く夕方からおっソロしい雨。
      日曜は・・・朝から曇り空、時折晴れたりにわか雨、そして夜ドシャ降り!

     ちなみに、2日間とも昼過ぎから大雨警報発令。。。そりゃ~ドコも行けないよね。

   。。ってコトで、

      青蒼碧・・・


   GWのお山速報・・・で写真だけ up していた  この場所へ行った、
   お山レポでも作ってみました。



   
   2010年GWレポ、其の参。「 念願の尾根歩き~♪」〔前編〕

   昨日の御前山に気を良くしていた私たち。
   このGW期間中は何年振りかの好天に恵まれる・・・との情報に。


    「 鎌尾根、明日決行ね! 」 と。

   まだ、このザマです><; ほんの3日前のあの青アザが痛み出した・・(笑)



  ◆  ◇  ◆  ◇  ◆  ◇  ◆  ◇  ◆  ◇  ◆  ◇  ◆  ◇  ◆

   2010年5月3日 (祝)  予報は  の行楽日和

     簡単なコースタイム (ヘタレなので、皆さんの参考にはなりませんが・・・^^; )
     ゲート前駐車場( 6:50) 水沢登山口( 7:22) 水沢岳( 8:46) 鎌ヶ岳山頂(10:35)
     鎌ヶ岳山頂(11:30) ゲート前駐車場(12:49)


      いつか歩いてみたい・・


   念願だった、この  尾根歩きです。

   
  ◆  ◇  ◆  ◇  ◆  ◇  ◆  ◇  ◆  ◇  ◆  ◇  ◆  ◇  ◆


   勝手知ったる?鈴鹿方面のお山。と言う事で、準備も万端。


   四日市JCTでの渋滞が気掛かりだったので、ちょぃと早めに出発。
   早め?だからか、意外にも快調に走れてしまい・・・ドコも渋滞知らず。

   そんな道路状況に拍子抜けしつつも、四日市ICで下り、
   登山口となる、「 宮妻峡 」を目指します。


      晴れのはず。。なんだけど。


   先日の入道くんのお陰?で宮妻峡のキュンプ場まで難なく到着。
   渋滞を懸念していた割りに、メチャ早く着いてしまって嬉しい誤算。

   この先、軽舗装の狭い林道を進むと車止めゲート前に数台停められる。
   ・・・コトも偵察済み  
   車止めゲート前の駐車場にはすでに数台・・・でもGWにしては少ない気が?



      カズラ谷への登山口


   さぁ、いよいよ念願の尾根歩き。
   気持ちの高ぶりとともに、不安な気持ちも。。。そんな身支度中に、岳さんは、

   別の登山者。男性が、各単独で2名いらっしゃって、

    「 水沢から鎌ですか?」 「カズラ谷から?」 と会話中。

   お二人とも、私たちと同じルートのようで、その方々が出発されてから、
   私たちも、いよいよスタートします。。。< 6:50> レッツら


   ここから、水沢岳登山口までは、長~~い林道歩き。
       ( 入道くんの時と同じなのでハショリますね ^^; )


   ナンやかんや言うても、時間は結構かかります。


       水沢への登山口

   < 7:22> 水沢岳登山口。

   やはり、前回の入道くんのお陰で林道歩きだけは判っていたので、
   二人とも、のんびり、サクサク歩いて来ました。
   先行の2名の方々、それぞれ休憩され出発されて行く姿はチラッと見えていたので、

   うちらも、地図を確認し、ココから水沢峠まではCT60分。
   急登に備え水分補給し呼吸も整えます。


      枯れ沢も渡る


   初めの内はザレた砂地の登りが山肌を巻くように続き、
   高度は比較的緩やかに感じつつ奥へ奥へ進む。

   一旦、登り切ったように感じると、まだ先へ、奥へ進む。
    傾斜は増しているけれど九十九折りに登っているので楽に感じる。


      雲ってる?

   
   が、それも長くは続かない。
   見上げるその先の、もっと上には、これから向かうであろう峠がチラッと見え隠れ。
   しかも、先行されている方々も同じようにも見え隠れ。

    「 ・・ってコトは、ココからこの傾斜を登って行くの??」 と不安に。

   しかも、kaco の嫌いな、『 登って来たのに下らせる。。。 』
   あの、ピーク手前でよくある、一旦下る。。。が意外に多いこの登山道。

   でまた、下ったトコで見上げて見ると・・・


      こんな・・だし。


    「 ほらっ!登りじゃん!!」 って。

   持って来た山地図にあった、ココが 「 枯れ沢を登る 」 らしい。
   「 kaco 、岳が先に行くから・・・止まったら指示するからココで待ってて・・・」 と。

   もちろん、 (`∀´ゞ ピシッ!了解であります!!


   見ていると、岳さんはサクサクと難なく登って行きます。
   続いて、kaco ですが、とりあえず岳さんの居るトコまでは自分なりに登り切りました。


   すると、右手に大きな岩。コレも屏風岩?なのか、大きくそそり立つ岩壁。
   ココが、冬に凍るという壁なのかな?と思いながらも写真撮らず ^^:

   岳さんは何とか写真に撮っていたみていですが、私は、
   先行のオジサマが発たれたので、その方の進むルート取りを確認中。


   カラ~~ン・・・コロコロコロ、と少し「ラク!」の危険もあったので、
   下で見守っていると、オジサマが上から、『もう来て良いですよ~!』と合図。


      結構、急でゴロゴロ!


   ルートの赤ペンキとか岩に書いてあり、その岩も崩れてしまっていて??です。
   右に左に小さく登りながら進み、手で岩を掴み短い脚を伸ばしながら、

   結構、必死コイテ登ります。

   下から岳さんが、「 行けるトコまで止まらず行って~!」 と、
   下から登山者は居ないコトと私が落とすかも知れない岩を確認してくれています。

   すると、オジサマが途中まで待っていてくれて、
   「ソコまで来たらあとは岩が崩れる心配はないから。。」と。


      こんなトコ登って来た!


   で、私も岳さんに「 もう大丈夫 」 と合図します。

   岳さんも、ちょって手間取ったけど、でも難なく登って来ました。

      崩落の危険の無いトコまで来ると、谷をトラバースする道を発見したのは内緒・・・^^;


   この谷を登りきると、水沢峠( 8:18)

       水沢峠


   別に何ってコトの無い峠です。
   またココから水沢岳までは急登・・・とあるので、水分補給しさらに先に備えます。


   そして、レポも準備中。。。人気ブログランキングへ 催促ポチッ!とお願いします m(_ _)m


    
関連記事

テーマ : 登山
ジャンル : スポーツ

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
お天気チェック
いま何時?
プロフィール

kaco

Author:kaco
ヘタレで根性無し。。。
不格好な負(腐)女子のkacoです。

2008年の夏からお山に登り始めました。
のんびり気ままに、基本的にはムリしない。
健康第1、天候第2に、マイペースで
岳さんとお山に登っています。。。

が、
ココ最近はもっぱら「誌上登山者」です・・(汗)

そんなヘタレ山歩記録ですが、
遊びに来て下さって嬉しいです。

リンク
検索フォーム
カウンター
Free Access Counter Templatesナビくん
百名山りすと
利尻岳巻機山瑞牆山恵那山
羅臼岳燧ヶ岳金峰山白 山
斜里岳至仏山甲武信ヶ岳荒島岳
阿寒岳谷川岳白馬岳甲斐駒ヶ岳
大雪山苗場山五竜岳仙丈ヶ岳
トムラウシ妙高山鹿島槍ヶ岳鳳凰山
十勝岳火打山剱 岳北 岳
幌尻岳雨飾山立 山
後方羊蹄山高妻山薬師岳塩見岳
岩木山男体山水晶岳悪沢岳
八甲田山日光白根山鷲羽岳赤石岳
八幡平那須岳黒部五郎岳聖 岳
岩手山皇海山槍ヶ岳 光 岳
早池峰山武尊山穂高岳伊吹山
鳥海山赤城山常念岳大台ヶ原
月 山草津白根山笠ヶ岳大峰山
朝日岳四阿山乗鞍岳大 山
蔵王山浅間山焼 岳剣 山
飯豊山筑波山御嶽山石鎚山
吾妻山丹沢山美ヶ原九重山
安達太良山両神山霧ヶ峰祖母山
磐梯山雲取山蓼科山阿蘇山
会津駒ヶ岳大菩薩嶺八ヶ岳霧島山
平ヶ岳天城山木曽駒ヶ岳開聞岳
魚沼駒ヶ岳富士山空木岳宮之浦岳