スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GWレポ① こんなはずじゃ~[後編]

Category :  ☆ 山歩記
   2010年GWレポ、其の壱   ♪こんなはずじゃ~。。入道 [ 後編 ]   [ 前編 ] より



   踏んだり蹴ったり。。すったもんだ。。。はあったモノの。


      飛行機も気持ち良さそ~


   スッキリ!と晴れ渡る青空に、テンションも上がります。


 ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

   2010年4月29日 (祝) 一時 のち

   登山口 9:40 → 新道撤退 → 再 登山口 9:50 → 水沢岳登山口10:25 →
   林道コース分岐11:12 → 新道7通報P11:30 → 北の頭11:38 → 入道山頂11:45

   山頂12:40 → 新道7P12:51 → 新道2P13:24 → 滑落!?13:45 → 登山口13:53


 ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

   長い長い林道も終わり、短い距離の登山道らしき道を登れば、
   笹っパラの開けた道になり。


     空を突き抜けて。。


   いよいよ山頂に近づいている感じ。
   この笹っパラの先になにやら分岐看板が・・・・ 新道7通報P11:30

   新道コースと林道コースの合流。新道7の通報ポイントの道標。


   ココで残念な話。勝手な思い込み・・・なんですが、
   【 新道7 = 7合目 】と思い込んでしまって、
   「 え~~~っ!まだ頂上じゃないじゃん!?」 と。


   ちょい凹み気味に、それでも、見渡す限り展望がひじょ~~に良く、
   キョロキョロと落ち着きなく歩いていて、泥濘に嵌ったり、根っこに引っ掛かったり・・


   今度は、林道&新道合流コースと北尾根コースの合流。北尾根10の通報ポイントが。



   アレレ・・・?凹んでた気持ちもすぐに戻り。。ほんのちょっと進むと、


      北の頭。


    北の頭11:38  一瞬、ココは頂上?とカンチガイ。
   見渡す先、その前方、右手には「奥社」方面。そして、
   その左手には、三角点のある入道くんの鳥居が見えていた。

   北の頭からは、一旦下り、ほんの少し登り返す。


      アセビ?


   ソコはアセビの群生地でその木々(花々)を潜りながら進み、
   パッ!と開け、もうすぐソコが。



    入道くんの頂


          『 入道ガ岳 906m 』  

   踏んだり蹴ったり・・・スッタモンダ・・・の末のお山。
   でも、ちゃんと頂に立つことが出来ました。。。 入道山頂11:45




   この「 入道くん 」 標高は906mと1000mに満たない低山?ですが、
   展望、眺望は申し分ありません。。。晴れていたらナオサラです。


   頂上には鳥居があり、笹っパラが開けていてとても広いです。
   気分はピクニック気分。

      ぽつんと鳥居さん


   実際、色んな登山口から登って見えている方々が、思い思いの場所で、
   ランチタイムです。



   ・・・・・じゃぁ、ウチラも。。。ってコトで。
   頂上は風が強くヤマノボラ~~には汗をかいた分肌寒く感じるので、

   ちょっと下った、四日市方面が見渡せる場所に腰を下ろします。

      四日市方面


   が!!!何せ、色々あるこのお山。。
   まさか「 登る 」コトになるとは思わずコンビニに寄らず登山口までやって来ていて。
   食糧?の持ち合わせが少ない。。。。
   まぁ、即席ラーメン。玉子スープの素があったので、雑炊にしてランチです。




   入道くん。人気です。。沢山沢山いらっしゃってます。
   
     入道くんと青い空


   そんな登山日和な時の我が家は・・・モチロン休憩長~~し。
   小一時間コースです。


      ココでこんな会議を。
           「 帰りもひたすら長い林道を下る」 ってのもどうかと。



   確かに・・・ヤマ本で確認すると宮妻峡へ下りるルートは3ルート。
     ①林道コース ②磐座尾根→奥の谷口→奥の沢ルート ③宮妻新道コース

   まぁ要は、岳氏は「 新道ルートで下山したい」 と。。。言うワケ。


   そろそろ下山に掛かろうと身支度を整え。  山頂12:40 下山開始。


   名残惜しみながらもトロトロ進み。。。着いたソコは新道・林道コースの分岐点。
   悩んだ末。結局、グルリップ(周回)しようよってコトで。
           時間も経っているし、沢の水量も減っているだろうから
             渡れなかった沢も渡れるだろう・・・・と、甘い考えで進みます。



      いざ、新道へ!
      
   
    新道7P12:51 新道へ進みます。
   これがのちのち、踏んだり蹴ったりの最終段階を迎えるワケで。


   新道コースの下り。。。スキー場だったら上級者コース的な傾斜です。
    笹っパラを踏ん張りながらの下りは結構膝にプルプル来ます。

      一旦、激下り的に下るとヤセ尾根っぽい岩の尾根を進む。
      何と無く、釈迦ヶ岳の中尾根コースに似ている感じ。

   新道6 → 5 → 4 → 3 と快調に下りてきて、潅木そして岩ゴロゴロの山肌、
   山腹を巻くように、激下りして行きます。



   そして段々と沢(川)の流れる音が、心地良い音量から大きくなって来ると、
    新道2P13:24  もう、沢は見えて来ています。


      いよいよこの先は



   いよいよ、あの渡れなかった本沢の沢渡り。。。。と言うより岩跳び。
   朝より水量も減っているみたいで、目測でルート取り。

   まず、岳氏が先にひょいひょ~~い!と渡って行きました。

   で、岳氏はザックを下ろし私のルート取りのため指示しようと・・・




   でも、私。岳氏の渡った岩を覚えておいて自分も行ける!と確信して。
   一つ。二~~つ。三つ!ホイホイと渡り。一番距離のある間隔を、






      トォ~~~~~ッ!?  ガッン!!



   跳べた距離なのに。。。岩に乗ったのに。。。滑り落ちました。 このザマです >

   その岩に登り直し、膝に走った激痛に耐えます。

   それを至近距離で見ていた岳氏は 「 骨折れた?動ける?」 と。


   岳氏は、先に渡り自分のザックを下ろし私の居る所へ
   も一度戻って来て私のザックを背負って渡って行く。。。としていたみたいで。


   それに私が気付かず渡ってしまい。。。ちょっと怒られてしまいました。


       でもね、でもね。小さい頃ってこんな川で岩を渡って遊んだり、
           岩登りしたりして遊んでたな~~なんて思ったら、渡れる気がしたの。
           でも、もうそんなのも30年も昔の話。



   渡りきったトコでスパッツを外しズボンとタイツを捲くると。。。真っ赤。
   もう一つの支流の沢渡りは難なく渡り、あとはトコトコ進めば駐車場。



    登山口13:53 何とか任務完了。。。入道くんコンプリ



    最後の最後まで色々とあり踏んだり蹴ったりでしたが、
     終わり良ければすべて良し!とは行きませんでした。



      じゃぁね~入道くん



   最後までお付き合いありがとうございます 人気ブログランキングへ ポチッとね。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 登山
ジャンル : スポーツ

Comment

こんばんは。
開放的な山頂、ゆっくりランチには最高ですね。^^
入道くんの山頂の表示板立体的でなんだか立派です。(笑)
それにしても、大きな青タン(あざ)作りましたね。大丈夫でしたか。?とても痛そうです。 (>_<).
私も去年まで飛び越せた川を飛び越せなくて、片足落ちてビッショになってしまいました。(´д`)
なんか微妙な気分でした。(汗

こんにちは、S氏さん。
ご返事遅くなってすみません m(_ _)m

入道くんをはじめとする鈴鹿のお山の山頂には、全てではありませんが、
このデザインの山頂看板があるようなんです。
特にこの入道くんは開放的な山頂なので、
なんだか生き生きしてみえました ^^

・・・・・青タン ><:
結構、膝下の広範囲に広がって、見るも無残でした。
青いのは2週間ほどでひきましたが、
膝を強打した箇所はもう一月にもなるのに、まだ痛いほどなんです。

なんともやりきれない気持ちのまま過ごしています。

kacoさん、こんばんは。
入道の山頂からの眺め、最高ですね。
天気が良ければ本当にのんびりしたい場所ですね。
足の具合はいかがでしょうか?
あまり痛い時は無理されないようにね
(どんどん登りたい時とは思いますが)。

こんばんは、たけちPさん。

入道くん。。この日は山頂からの景色も最高でしたよ。
遠くまではさすがに霞んでしまっていましたが、なかなかの展望でした。
足の具合・・・??
青アザはとっくにひいて大丈夫なんですが、
膝を着いたりするとまだ痛みがあるんです。。。><:
非公開コメント

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
お天気チェック
いま何時?
プロフィール

kaco

Author:kaco
ヘタレで根性無し。。。
不格好な負(腐)女子のkacoです。

2008年の夏からお山に登り始めました。
のんびり気ままに、基本的にはムリしない。
健康第1、天候第2に、マイペースで
岳さんとお山に登っています。。。

が、
ココ最近はもっぱら「誌上登山者」です・・(汗)

そんなヘタレ山歩記録ですが、
遊びに来て下さって嬉しいです。

リンク
検索フォーム
カウンター
Free Access Counter Templatesナビくん
百名山りすと
利尻岳巻機山瑞牆山恵那山
羅臼岳燧ヶ岳金峰山白 山
斜里岳至仏山甲武信ヶ岳荒島岳
阿寒岳谷川岳白馬岳甲斐駒ヶ岳
大雪山苗場山五竜岳仙丈ヶ岳
トムラウシ妙高山鹿島槍ヶ岳鳳凰山
十勝岳火打山剱 岳北 岳
幌尻岳雨飾山立 山
後方羊蹄山高妻山薬師岳塩見岳
岩木山男体山水晶岳悪沢岳
八甲田山日光白根山鷲羽岳赤石岳
八幡平那須岳黒部五郎岳聖 岳
岩手山皇海山槍ヶ岳 光 岳
早池峰山武尊山穂高岳伊吹山
鳥海山赤城山常念岳大台ヶ原
月 山草津白根山笠ヶ岳大峰山
朝日岳四阿山乗鞍岳大 山
蔵王山浅間山焼 岳剣 山
飯豊山筑波山御嶽山石鎚山
吾妻山丹沢山美ヶ原九重山
安達太良山両神山霧ヶ峰祖母山
磐梯山雲取山蓼科山阿蘇山
会津駒ヶ岳大菩薩嶺八ヶ岳霧島山
平ヶ岳天城山木曽駒ヶ岳開聞岳
魚沼駒ヶ岳富士山空木岳宮之浦岳
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。