山と空と緑と青と・・・

アラフォ~ペアでのんびりゆったり山に登っています♪

GWレポ① こんなはずじゃ~[前編] 

   2010年GWレポ、其の壱   ♪こんなはずじゃ~。。入道 [ 前編 ] 



   踏んだり蹴ったり。。すったもんだ。。。の末、結局、
   お山に登るコトにしたチーム岳。


 ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

   2010年4月29日 (祝) 一時 のち

   登山口 9:40 → 新道撤退 → 再 登山口 9:50 → 水沢岳登山口10:25 →
   林道コース分岐11:12 →
新道7通報P11:30 → 北の頭11:38 → 入道山頂11:45

   山頂12:40 → 新道7P12:51 → 新道2P13:24 → 滑落!?13:45 → 登山口13:53

 ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

   37名プラス先着の御夫婦の団体登山の方々を横目に、
   ちょっと慌てて身支度して レッツら しました。。 登山口 9:40


   先ほどの御夫婦。そのご主人が、
   「 今朝の雨で増水しているし、登山道もぬかるんでいるだろうから・・・」と
   おっしゃっていましたが、


      新道コースから

   
   ツメの甘い我が家は普通に新道コースから行こうと、      
   道標 の方向へ進みます。

   が、結構な水量の沢の流れる音が聞こえます。

   ガイド本に、「沢を2回渡る」 とあったので沢渡りは承知の上でしたが、


      沢渡り、一つ目


   まず、一つ目の沢の支流。。本流に合流手前の沢を渡ります。
   この一つ目。最初の一歩目の地点に木が伸びていてちょい邪魔。

   支流の沢を難なく渡ると。。。。2つ目の沢渡り。本流なんですが。。



   やはり、先ほどのご主人のおっしゃっていた通り、
   増水していて渡る岩が沈んでしまっていて渡れません。。。


   岳さんが渡れそうな箇所を探しますが。。。。。ダメっぽいのでココでもう撤退



   も一度、一つ目の沢を渡り戻って、登山口へ逆戻り。Reスタートです。。。 再 登山口 9:50

   ホンと、登り始めてもすったもんだ、踏んだり蹴ったりです。


      天気回復!


   シツコイですが・・・一時的に弱雨。しかも後、晴れる。。。と確信してのお山。

    「 まさか、(弱い雨が)あんな凄い雨なんてねぇ~~」


   
   こんな時間になれば予報通り、天気は回復!
   風は強く吹いていますが、寒くなく、生暖か~い湿気を含んだ風。

   
    戻って、林道から


   なんの危険も無い林道歩きですが、汗はタラタラ出ます。
   団体登山の方々の声も風に乗って聞こえています。

   この林道歩き。ずぅ~~~と沢の横を通ったり橋が架かっていたりで、
   沢の音を聞きながらの延々続く林道。

   舗装あり、軽舗装あり、砂利道あり、泥濘あり、水没あり。。とメマグルシイ。
   延々と続く林道歩き。段々と団体サンに追いついて、
   途中、休憩されていた団体サンの先発隊を抜くことに。。。


    あのご主人さまがいらっしゃって。。。
     「 やっぱり沢、渡れなかっただろ~~~ 」と。。。おっしゃるとおりでした・・・



   この林道歩きを4~50分ほど進んで行くと、
   水沢岳。水沢峠への登山口にたどり着きます。。。。 水沢岳登山口10:25


    「 鎌尾根の時はココからなんだね・・・・」


   さらに、ココから延々と続く林道。
   登って来た道のり、そしてこれから進むであろう道のりが見え隠れ。

   林道脇には スミレが沢山咲いていました。。

   いい加減、飽きるほど長い林道歩き。。右に左に幾度もカーブし。


      ナンだアレは?


   ナンだか不思議なオブジェ的なモノが・・・・

   見ようによっては、人の頭にも見えるし。
   パーマンに出て来る○○○にも見える。。
      


   さらに進みます。 林道に濁流が。。


   山の斜面からは濁流となって流れ落ち、そのまま林道にも。
   林道歩きでも最初っからスパッツ装着して来て良かったと思った。


   長~~い林道も緩やかに登って来ているだけあって、
   こんだけ登ってこれば、見えていなかった景色も見えてくる。


      お鎌さぁ~~ん!



           もいっちょ。どぉ~~ん!


     もいっちょ!鎌さぁ~~ん!



   もうココまで登って来ると完全に砂利でガタガタの林道。
   一箇所は完全に崩れていて林道に大きな穴(割れ目)があった。


   そして、やっと林道とオサラバ。。。 林道コース分岐11:12

   林道と比べたら、当たり前のように登山道らしくなっている。


      最後はちょっと登山道らしく。。


   林道歩きでちょっとウンザリモードだった岳さん。
   よっぽど良い感じだったのか、サクサク進んで行かれます。


   そして、私はと言うと・・・・。


   登山道に入ってから、距離にしたら短いのに、
   急斜面&緩斜面にテコズリ。。。息が上がってます・・・・



   笹っパラになって来てようやく、呼吸が整えられたほど。


      飛行機も気持ち良さそ~


   見上げた先。その上には真っ青な青空が広がり。
   なんとも言えない嬉しさに。。。。。。ちょっと休憩。


   [ 後編 ] に続く。   人気ブログランキングへ ぽちっとお願いします。

         
関連記事
スポンサーサイト

2010/05/27 Thu. 22:27  edit

Category:  ☆ 山歩記

Thread: 登山 - Janre: スポーツ

tb: --  |  cm: --

top △