山と空と緑と青と・・・

アラフォ~ペアでのんびりゆったり山に登っています♪

リベンジ!・・となるか【前編】 

   「 御嶽展望三山 」 。。と、勝手に命名しているチーム岳。


    ・ 小秀山(中津川市) ココにドーン!と・・?


    ・ 南木曽岳 マシロにそ~ (長野・南木曽町)


    ・リベンジします! ・ 白草山(下呂市)



   2009年、「 展望三山 」は全て散々な結果に終わっていたワケで。

   リベンジ! を果たすべく。

   天気予報で 確定モードなので、満を持して決行のお山。



   2010年4月10日 (土) いざ。


   雪は山頂まで殆ど解けているようなので、スパッツのみ携行。
   明るくなってから家を出発。


   途中。道中、唯一の展望ポイントにて快晴を確認し。
   恵那市から257号線にて加子母へ。


   今回は県内、しかも高速は一切使わない。
   地図上で見ると、ただヒタスラ北上するのみなんだが。


   チーム岳的登山では比較的よく利用する国道。

   長野県内、木曽ルートを北上するR19。
   岐阜県内、下呂市へ北上して行くR41。
    同じく、郡上市へ北上して行くR156。。。

   そして今回の裏木曽ルートとなる下呂市へ北上ルートのR257。


   どれもみな、タラタラたらたら、クネクネくねくね長い!



   まぁ、それはサテオキ。

   加子母の道の駅でトイレをすませ、登山口へ。

   しかし、着いてみると今回は寂しい・・・1台停車のみ。



      山歩き看板  8:38 レッツらGo!



   林道ゲートが常時閉まっているので、その脇から入り、
   砂利まじりの林道歩きからスタートです。

   1.7キロの林道歩き。
   ただ黙々と、30分ほどの林道歩き。


   ゴロゴロと大岩小岩が落ちて来ていて、ちょいビックリしますが、


      ガッツリ崩れてまっせ!


   こんな ↑ ゴッツイ崩落を見ると、結構ビビリます。

   先を見ると、まだまだ続く林道。
   振り返ると、山肌を巻いて登ってきた林道が見えていて・・・


      登山口となる橋


   この橋を渡ると、いよいよ登山道に。

   渓流?沢?の脇をしばらく歩くと、緩やかに登り始め、
   沢から離れると、山肌を九十九折ながら上りもやや急に。


   伸び始めた笹っ葉を掻き分け、踏みしめ尾根沿いに出るまで登ります。


   尾根に出ると傾斜は緩やかになり、笹の根っこは気になりますが、
   比較的歩き易く・・・?


      唯一の雪渓(笑)


   スパッツを履いて来たけれど、唯一、雪が残っていたのはこんなくらい ↑↑。
   解けた雪が凍っていたトコは少しだけだったので、問題ナシ。


   ザ!山登り!!ってのを凝縮したような登山道。

   沢歩き(沢沿い)、小岩登り、尾根歩き。。。と、歩きやすい登山道で、
   のんびりゆったりには、とっても良いお山です。


      なんか雲が。。


   尾根歩きになると、前方が。
   白草のお山への稜線がゆるやかに見えて来ます。

   晴れていて陽射しはポカポカと暖かい。
   けれど、吹き抜ける風はまだまだ冷たく、手袋は必須なくらいです。


   笹を掻き分け、笹の強靭な根っこに引っ掛かりながら。
   気持ちばっか焦ってしまう残念振りを発揮しながらも、


    「 今日こそきっと見えるはず・・・!」 と信じて進みます。


   そして、箱岩山との分岐まで来ました。

      Σ(O_O;)Shock!!


   あれレレレレレ・・・またも天気予報が大ハズレ??


  




   でもこの先に、もう少し進めば展望ポイントが。。。。。








     え゛ぇ・・・・・



    щ(゜ロ゜щ)オ~マィガァ~~ッ!?


   ココで精魂尽き果て。。。。
   無言のまま進むチーム岳の2人に。応援ポチッと 人気ブログランキングへ






      
      
関連記事
スポンサーサイト

2010/05/16 Sun. 23:23  edit

Category:  ☆ 山歩記

Thread: 登山 - Janre: スポーツ

tb: --  |  cm: --

top △