山と空と緑と青と・・・

アラフォ~ペアでのんびりゆったり山に登っています♪

宝剣岳&木曽駒ヶ岳・・・Ⅲ 

 宝剣岳・・ ・  から続く。。

正直なトコロ、結構楽しかった、宝剣岳を後にして、
中岳&木曽駒ヶ岳を目指します。

宝剣山荘 さとと-ログハウス の裏手をまわり、
続いて天狗山荘を横目に進みます。

ガレた岩の登山道、中岳の巻き道の看板 「崩落の危険が・・」 と

巻き道へは進まず、そのまま道なりに進み登りきると大きな岩が。。
ココが 「 中岳 」 2925m

コレと言ったピークとは判り辛かったけれど、
岩と岩の間に祠がありました。

折角登りきったのに、一旦、下ります。。。これが意外と長い。。。汗

中岳を見上げる

中岳から下って振り返ると ↑ こんな感じ。

この下った鞍部には、駒ヶ岳頂上山荘 さとと-ログハウス とテント場あり。

そしてまた登り返し、、、
樹木木 の無い稜線?ガレた道を、
30分くらい登ると、到着です。。。。


   「 木曽駒ヶ岳 2956m 」



    がっ! しかぁ~し!?     
     頂上の証拠写真が・・・・無い!! ・・・


頂上から・・

 ↑ こちらは、頂上から「宝剣岳」方面を望む・・

w(°0°)w ワォ! 怪しい雲が・・・・

この頂上は広く、展望も良いので沢山の登山者で賑わっています。
頂上本社があり小さいですが 地図記号:神社 もあります。

いつものように・・  おにぎりお茶(いえもん) をすませ、「あの山は・・あっちは・・・」と、
岳さんに聞きまくります。。。
御嶽山や乗鞍岳はもう薄くなって霞んで見えていました。。

いくら天気だと言っても夏場の山は 雷 が心配なので、
足早に帰路につく事としました。。。

また、登って来た道を戻るのですが、いやいや、人が多かったです汗

「宝剣山荘」まで戻った時には、だいぶ空が怪しくなっていました。

宝剣岳の上に・・

山荘の裏手から撮りました。。。良~く見ると、
左端の頂上には人が立っています。。。がーん 

山荘でバッチを購入し下山します。

帰り(こそは)乗越浄土、八丁坂から戻ります。

乗越浄土から

「乗越浄土」から・・伊那前岳方面でしょうか?
この写真を撮っている間にも、沢山の人が登って来ます。

千畳敷を見下ろす。。


千畳敷を見下ろすと・・・もの凄い人です。。。行列です。。。
道は整備されているとはいえ、足場の悪い所もあります。
また、ジグザグに九十九折の道を何人も登って来ます。

サンダル履きの人、短パン姿の人、スカートの女性、幼児と様々・・
千畳敷カールのお花 絵文字名を入力してください 畑と、散策コースの延長線上に
山頂への登山道があるので、致し方無いと言えばそうなんですが。。。

岩がゴロゴロとしていて不安定な段差を慎重に下りて来ました。

下りて来たよ・・

頂上はガスに包まれて来ています。。↑。。真ん中が下りて来た道。

ココまで下りれば、あとは散策コース沿いに歩いて千畳敷駅に到着です。
が、すでに、帰りのコープウェイの列が出来ていました。ガーン

ガスに包まれる宝剣岳

列に並んでいる時に撮りましたが。。。ゴロゴロと音が。。。
登り始めとは打って変わってガスガス・・・

2~30分ほど並んだだけで運よくロープウェイに乗り込む事ができました。
もう少し遅ければ整理券 チケット を渡されるトコロでした ホっ

最高所駅だって・・


ロープウェイで無事下山。
しらび平駅まで下りて来て、またビックリ!!!

とにかく、もの凄い人、人、ヒト、ヒト。。。並んで座って待っている。。。
そんな光景を尻目に、臨時のバスで菅の台まで下りられました。

下界はうだるような暑さ・・・ あつい



貧乏人の私にはロープウェイの料金がネックなんですが・・・ 財布

機会があれば、もう一度でも、何度でも、
宝剣岳に行ってみたいと思いました。。





関連記事
スポンサーサイト

2009/06/11 Thu. 21:27  edit

Category:  ☆ 山歩記

Thread: 登山 - Janre: スポーツ

tb: --  |  cm: 0

top △

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △