スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お池にはまって・・♪3

Category :  ☆ 山歩記
   寒い寒い山頂。そしてボタンなんちゃらも適当~に済ませたウチラ。。♪2


      山名識が見えない。。


   何分くらい??ウロウロとしていたか分かんないけれど・・・
   余りに寒いので、先へと進む事にした。


   コグルミ谷登山口(7:55)→タテ谷分岐(8:10)→長命水(8:30)→カタクリ峠・6合目(8:58)
   →9合目(9:37)→御池岳山頂(9:55)→ボタンブチ方面ウロウロと。

   →鈴北岳分岐(10:35)→鈴北岳山頂(10:58)→タテ谷へ(11:05)→タテ谷分岐(12:15)
   →コグルミ谷登山口(12:31)→駐車場(12:38)



 ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★

   こんな寒いときに山登り。。。な~んてよっぽとスキな人だけだな~~。


   山頂へは寄らずそのまま鈴北岳方面に進む事にしたわけなんですが、
   木々に括り付けられているはずの、赤テープ・白テープが不明瞭で。。

   かと言って、踏み跡も分かりづらく不安になります。。


      振り返って。


   鞍部らしき場所まで一旦下り・・・・・振り返ってみると。
   太陽が背中を暖めてくれています。

   それでもやっぱり風は冷たく。

   鈴北岳分岐(10:35) この辺りまで来ると広~~い草原っぽい歩き。

   緩やかに、やや緩やかな登り。。


      草原っぽい

      
   丈の低~い草が生い茂っている・・・その下は霜が解けてグッちゃグッちゃ。
   一歩踏み出せばドロにハマリ。。。ソコを避けて、

   草の上に踏み出せば霜柱も一緒にぐちゃっとハマリ。。。もうドロンドロン!


      鈴北はまだかいな?


   ちょっとお腹も減って来て。何か食べたい気もしたけど、
   こんなだだっ広いトコじゃ~風は強いしドロだらけだし・・・。

   鈴北岳の山頂で食べれたら・・・なんて思ってた。ら、


      鈴北岳


   鈴北岳山頂(10:58)  着いちゃいました。

   しかし、ココも御池岳同様、メチャ風が強く、突風です。
   とてもとても、ランチなんで出来る状態じゃありません!!


   証拠写真を撮るだけ撮って。ソソクサト撤収?退散します。

   とりあえず、この突風天国から逃れたい。。。と着いたココは


      タテ谷へ タテ谷へ(11:05) 

   よく見ると 「 初心者 要注意 」 とあります。
   
   最初からコグルミ谷から登りタテ谷から下りるグルリップ計画だったのですが、
   チーム岳御用達、「鈴鹿のヤマ本」によると、

      「 不明瞭な道、テープ・ペンキ目印注意、枯れ谷渡り返す 」 と不安気な内容。。。


   この分岐からは一旦ガック~~ンと下り、谷らしき場所まで下りる。


      早速・・目印が無い!


   初心者要注意!・・なんて書かれてたもんだから、不安でならなかった。
   そんな不安を知ってか知らずか。

   いきなり踏み跡を見失い、テープなど目印も見当たらない。
   谷を何度か渡るとあるので、とりあえず谷からは離れないように・・・

   とは、思うものの。踏み跡も大量の落ち葉で判りづらい。


      落ち葉だらけ


   この「タテ谷ルート」。。あまり使われていルートなのかな?
   鈴北岳で出逢った方々はみな鞍掛峠へ下りる方。登ってみえる方ばかり。

   実際、この分岐以降、人っ子一人として出会わなかったよ。


   そんな不安は写真を撮らなくなった kaco の足取りにも見て取れるワケで。

    「 テープ飛ばされちゃって無いの? 誰もこのルート使わないの? 」と。
   岳さんに聞きまくり。。
   谷沿いを外すことなく下りながら歩く事・・どれくらいか?

   「 谷が拡がりガレ谷が合流する地点で山腹に入る 」 とあるガイド本通り、


   その合流するらしき谷をと下って行くが、何本も小さな谷があり、
   この何本かは崩れて出来た谷なのか、もともと谷なのか判らないくらい。。



   その先の森の中に踏み跡らしき跡や、
   白や赤のビニールテープが巻き付けられている木々を探すものの見当たらず。。。


   幾つかガレ谷の合流らしき地点を通過し、不安に襲われながらも
   谷の向こう側、山側のその先に辛うじて赤テープのキレッ端を発見し、

   「 ガレ谷が合流してっからココか?」 と、谷を渡り、
   山腹を巻いているように見える(感じて取れる)踏み跡らしき跡を進みます。



   でも、すぐに赤テープや目印などが見つからなくなり、
   足跡・踏み跡なんてさっぱり判らない。。


   ただ、今日の足跡かどうかは判らないけれど、霜が融けてドロドロの道に
   ズルッてなった足跡や、ストックを突いた跡らしきモノ発見!



   それでもこのタテ谷。。伊達に「タテ谷」 と名が付いているワケでなく、
   ホンとにタテ・・・斜度にしたらホンと上から見ると真っ逆さまに見える谷なんです。


   先を行く岳さんの足跡ではない滑った足跡もあり、合っているのか、
   外れているのかも判らぬまま進みますが、
   急斜面でしかも片斜面の道で足が滑るのは非常に 危険 なんです!!


   滑るので手を着いたトコロ、その着いた手が滑ったり木を掴んだら木が枯れて折れて・・・


      「 落ちて死ぬかと思った・・・ 冗談なんかじゃなく、大袈裟でもなく、


   岳さんが手を掴んでくれなかったら、両足滑って谷方面に落ちるトコでったんです。


   片斜面の谷間から離れ、ちょっと安心出来る場所に着いて気持ちを落ち付けます。
   両膝・お尻、そして両手袋もドロまみれ・・・しかも踏ん張った左手親指の爪は剥がれ。


      タテ・・でしょ?


   かなり凹みまくった kaco を見て岳さんはペースを落とし
   ゆっくりゆっくり進んでくれて・・・


      コグルミ谷分岐に着いた


   タテ谷・コグルミ谷分岐(12:15) ココに着いてもの凄く安堵した。

   あとは、コグルミ谷を下りて行くのみ。
   爪が剥がれたトコから血がにじんで来て。。。ビミョウに痛かった記憶しか無いけど。


   R306が見えた時は、やっと着いた~~と。ホッとした。



   お腹が空いていたコトも、凄く風が冷たくて寒かった事も忘れ、
   ただひたすら下りて来た、タテ谷ルート。


   駐車場に戻り腰を下ろし座ったら一気にお腹が空いて来て。。。(笑)
   こんなんなってました・・・ 哀れな姿?


   果たして、このお山。。リベンジするのかな・・・ 人気ブログランキングへ

関連記事

テーマ : 登山
ジャンル : スポーツ

Comment

お帰りなさ~い!!
ほんっと無事に帰って来れてよかったです。
(爪は剥がれちゃったみたいですが)

私も、雪渓で、矢印が埋ってしまい、
しかも自分達以外に誰にも会わなくて、
滑落しかけたり、道間違えたりなど、
恐ろしい目に遭ったことがあるので、
不安な気持ちすっごく分かります!
そして、安堵の気持ちも・・・・。

天国の祖父母と神様にものすごく感謝しました。

>ちぐぅ太さん。

こんばんは☆ちぐぅ太さん。

そして、ただいまです ^^)ゝ
ちょっと大袈裟に聞こえたかも知れませんが、
ホンとにあの時は「落ちたら死ぬ~」と思ったほど怖かったんです。
それで指先まで踏ん張っていたようで爪を剥がしてしまいました。。

ちぐぅ太さんは雪渓で恐ろしい目に・・・と。
そちらの方が凄く怖そうです。。ちぐぅ太さんもご無事で何よりですね。

そうですね。神様、そしてご先祖様、皆々様に感謝しなきゃ。。

大変でしたね。
でも無事で何よりです。
どんな山でも何が起こるか分からないので帰ってくるまでは安心できませんね。
私もそんなに山の経験はありませんがそれでも神様に感謝したことは何度かあります。(登った数と神様に感謝した回数を振り返れば確率からすればかなり危険なのかな。・・・汗)

お疲れ様でした

kacoさん、こんばんは。
大変な山行でしたね。爪がはがれてしまったようですが、
少しは良くなりましたか?
写真で見る限り本当にルートは不明瞭ですね。
落ちて死ぬかと思った気持ち、わかります。
自分も後立山五竜の下りでずるっとこけてその先が
崖になっていてヒヤっとした思いがあります。
下山後すぐリベンジするのかなぁという言葉を
聞いて安心しました(もう山はこりごりなんて
いう感じでしたら一大事ですよね)。

>S氏さん??

こんばんは。S氏さんで良かったのでしょうか?

ホンとに。。今思えば、無事で良かったなと^^
家に帰って来るまでが『山登り』だとも思います。
山の神様、ご先祖様、皆々様に感謝しなくてはと、改めて思った次第です。

・・・と言っておきながら、
昨日の山登りでも、ちょっと危なっかしいコトが。。。(汗)

>たけちPそさん。

こんばんは、たけちPさん。

爪は。。良くなっていますが、伸びが遅い気も・・・。
写真ではなかなか上手く表現出来ないのですが、
ホンとに結構な急斜面。しかも足場が不明瞭かつ滑ると言うトコでして。

たけちPさん、五龍岳の下りでヒヤッと!の経験がお有りなのですね。
五龍の崖って。。。凄く怖そうです。

もう懲り懲り・・・とこのお山が終わった時は思いました。
でも、それ以降もこうしてお山に行っているので。。一安心かな?
この経験を生かして、ヘタレ度数を減らしていけたらな~~と思います。
非公開コメント

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
お天気チェック
いま何時?
プロフィール

kaco

Author:kaco
ヘタレで根性無し。。。
不格好な負(腐)女子のkacoです。

2008年の夏からお山に登り始めました。
のんびり気ままに、基本的にはムリしない。
健康第1、天候第2に、マイペースで
岳さんとお山に登っています。。。

が、
ココ最近はもっぱら「誌上登山者」です・・(汗)

そんなヘタレ山歩記録ですが、
遊びに来て下さって嬉しいです。

リンク
検索フォーム
カウンター
Free Access Counter Templatesナビくん
百名山りすと
利尻岳巻機山瑞牆山恵那山
羅臼岳燧ヶ岳金峰山白 山
斜里岳至仏山甲武信ヶ岳荒島岳
阿寒岳谷川岳白馬岳甲斐駒ヶ岳
大雪山苗場山五竜岳仙丈ヶ岳
トムラウシ妙高山鹿島槍ヶ岳鳳凰山
十勝岳火打山剱 岳北 岳
幌尻岳雨飾山立 山
後方羊蹄山高妻山薬師岳塩見岳
岩木山男体山水晶岳悪沢岳
八甲田山日光白根山鷲羽岳赤石岳
八幡平那須岳黒部五郎岳聖 岳
岩手山皇海山槍ヶ岳 光 岳
早池峰山武尊山穂高岳伊吹山
鳥海山赤城山常念岳大台ヶ原
月 山草津白根山笠ヶ岳大峰山
朝日岳四阿山乗鞍岳大 山
蔵王山浅間山焼 岳剣 山
飯豊山筑波山御嶽山石鎚山
吾妻山丹沢山美ヶ原九重山
安達太良山両神山霧ヶ峰祖母山
磐梯山雲取山蓼科山阿蘇山
会津駒ヶ岳大菩薩嶺八ヶ岳霧島山
平ヶ岳天城山木曽駒ヶ岳開聞岳
魚沼駒ヶ岳富士山空木岳宮之浦岳
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。