山と空と緑と青と・・・

アラフォ~ペアでのんびりゆったり山に登っています♪

宝剣岳&木曽駒ヶ岳・・・Ⅱ 

 から続きです。

天気が良すぎて、ちょっと浮かれてしまいましたが、
そろそろ上を目指します。

まず、向かったのは、千畳敷カールのお花畑を通り、
八丁坂→乗越浄土へ。。。はてなボックス

スタートしてすぐ小さな鳥居と祠があり、登山道が二手に分岐。
ココで、向かって左手 jumee☆arrow6L に進みました。

御存知の方はお分かりかと思いますが。。。。。汗;
まだ、この場所では気付いておりません。。。

空はまだ青い・・

登る間、空はずっと青く輝いて眩しい、
そして吹き抜ける風がちと涼しい。
登山道は比較的狭く感じ、それでいて石畳で歩き易い気がしました。

まだ、気付いていないのですが・・・・
「何故かロープウェイの人数にしては登る人が少な過ぎじゃね・・・?」
「八丁坂って意外に急登じゃないじゃん ! !」
なんて、ずっと思いながら登っていました。

極楽平から・・三ノ沢岳?

そして登りつめると着いた所は・・・・・「 極楽平 」
「空木・桧尾岳⇔宝剣・木曽駒ヶ岳」の分岐に。

アレッ~~~!? って、
ようやくココで気付きました。。。遅っ!!恥


まっ、しゃ~~ない、しゃ~ない・・・(仕方ない、仕方ない)
ココから引き返すなんて毛頭無いので、先へ進みます。

ココの分岐から右手 jumee☆arrow6R の宝剣岳方面へ。

何だかヤバイ感じ・・

何だか、嫌な予感がして来ました。
これから先、小一時間絵文字名を入力してください 一切写真はありません。
「・・・・・何故かって ???」 ・・・


やせた岩場の up、dawn を何度か繰り返し、
傾斜のキツイ鎖場を越え、大きく突き出た岩場を潜り、

「 宝剣岳 2931m 」 に到達。

山頂は狭いです。。写真を撮るにも「待つ」場所取りがあるくらい。
岳さんは、その狭い山頂のさらに上の、宝剣岳の岩に登って・・デジカメ

ココ 「 宝剣岳 」へは、
「極楽平」からは私たちより後からは来られていなかったけれど、
反対の「宝剣山荘」方面からは、沢山登って来てみえました。

宝剣岳からの下りは、こちらへ登って来る人達とのすれ違いが多く、
また、どんなコースだったかを聞かれる事がしばしば・・・

そんな感じで、「宝剣山荘」の所まで下りて来ました。


結構、ビビリました。。 こえー
結構、ヘタリました。。 アップロードファイル

それでいて、結構、楽しみました。。 わーい


そして、さらに先へ進みます。次は「 中岳・木曽駒ヶ岳 」方面へ。。次


関連記事
スポンサーサイト

2009/06/10 Wed. 20:00  edit

Category:  ☆ 山歩記

Thread: 登山 - Janre: スポーツ

tb: --  |  cm: --

top △