山と空と緑と青と・・・

アラフォ~ペアでのんびりゆったり山に登っています♪

7分の1へ・・そのさん 

    たらたらタラタラ・・・まいど毎度のレポですが。。。 序章レポ そのいち そのに 


    どぉ~ん!と ど~~ん!っと。


    「 鎌ヶ岳 」が聳える手前までやって来たチーム岳。

    俄然。やる気になって登ります。

    正直なトコ・・・
    この鈴鹿山麓の山々をナメテいた。。と思われても致し方無い感じですが。

    「 鈴鹿セブンマウンテンズ 」

    どうやらチーム岳の好きなお山にランクインしたようです。


    岩肌を攀じ登って行くんだ~~!と期待に胸を膨らませ、サクサク進んで行くと、
    三ッ口谷からの出合に来ました。


    そこから見上げて見ると・・・

    どうやら、

      矢印の方へ・・

     の方向へ廻りこんで登って行くようです。


    何と無く、ガッカリ感に満たされつつ、足を進めます。
    ちょっとした木々の間を進み、そこを抜けると・・・


    待ってましたっ!と言わんばかりの急登が現れます。


      w(゜o゜)w ワォ~!


    コレは。。胸突き八丁か? とも思える急登。

    さすがに、ココを前にして怯んだカコは、
    岳さんに先に行ってもらいます。


      まずは、岳さんから。。


    先を行く岳さんがある程度、登ってカコに指示してくれます。

    大きな岩を攀じ登り、岩と岩の間をすり抜け、
    
    「ヨッコらしょぃ!」 と自分に言いながら必死コイテます。

    岳さんの待つ場所まで登ると、
    次はもの凄く長~~~ぃクサリの掛かった登りが待ち構えています。


      長いクサリの掛かる登り

    ↑ はその登りの途中からですが、
    長~~ぃクサリは不安定で、クサリを頼って登るにはちょっと不安。

    先に登って行った岳さんに追い付くべくカコも頑張って登ります。


    すると、そこは。


      山頂でした。


    「 鎌ヶ岳山頂 」 でした。。am11:55

    何と無く、アッサリと・・出て来た山頂に??感がありましたが、


      鎌ヶ岳山頂 1,161m 「 鎌ヶ岳山頂 1,161m 」

    登りたかったお山に到着です。
    遠くに建つ白い建物・・・春に登った御在所岳の山頂です。


    その時に見たこの景色・・ 御在所からのお鎌さん

    この中のお山から、今度は反対に、御在所方面を見ているコトになります。

    少し戻って、ケルンを戻って登って来たトコを見下ろすと


      見下ろすと・・


    歩いて来たスカイラインや、越えて来た稜線も見えています。

    このケルンの場所が山頂ですが、この先に少し進むと、
    何組かの登山者が休憩されている場所に着きました。

    小さな祠も有り、ハゲちゃった看板も建ててありました。


    チーム岳も座れる場所を確保しランチタイム。。。とします。
    ただ、この山頂も、風が恐ろしく強いので、風除けも有る場所を確保。

    お湯を沸かし、ラーメンを作ります。
    カジカンだ手が痛かったけれど、ラーメンを食べ和らぎました。

      いつか歩いてみたい・・


    「 今度はあそこを通ってココに登りたいね・・」
    「 あれが鎌尾根やろ?良いね~。次は鎌尾根で・・」

    鎌尾根が見渡せる場所でのランチだったので・・・そんな会話ばかりのチーム岳。

    ランチタイムの間も冷たい強風が吹き抜けていましたし、
    見渡す遠くの山々には黒い雲が掛かって天気は下り坂?とも思えたほど。


      街の方は・・

    こうして休憩している間にも、
    チーム岳が登って来た方向からも、そして鎌尾根方面からも、

    次々と登山者が登っていらっしゃいます・・・嬉しいひと時でもあります。


    「 さすが鎌ヶ岳・・・人気だね~~」

    「 いい加減冷えたから帰るとしようか・・・?」


    寒い寒いと言いながらも1時間近く休憩していたようです。

    初めから、ピストンは考えて居なかったので・・・
    登山口発→武平峠→鎌ヶ岳→長石尾根→登山口着。。の予定だったので。


    山頂に標識、道標が無く岐路?帰路?に迷いましたが、
    山頂にいらっしゃった、チーム岳より先行の方々が帰られる方向と

    12:45 同じ方向へ帰ることにしました。

      合ってんのかな・・?


    次で最後です・・・最終レポへ。。続く。

    
関連記事
スポンサーサイト

2010/01/31 Sun. 13:31  edit

Category:  ☆ 山歩記

Thread: 登山 - Janre: スポーツ

tb: --  |  cm: --

top △