山と空と緑と青と・・・

アラフォ~ペアでのんびりゆったり山に登っています♪

硫黄岳・横岳。。其の四 

    硫黄岳から横岳へたどり着き、ランチを済ませたチーム岳。

          


    横岳山頂でのひと時も終わり、来たルートを戻る事としました。


      横岳から望む硫黄岳


    硫黄岳からずっと横岳への道のりが見えていたワケなので、
    反対に、横岳から硫黄岳へも見えている。。。訳なんですね。

    am10:35 横岳山頂をあとにします。


    よく見渡すと、横岳って両側はスパッ!と崖っプチで高感度があります。


      戻る道のり

    「 へぇ~、こんなトコ登って来たんだ~」と感心?関心?し、
    景色も堪能しながらの戻りです。


      見下ろすとこんな感じ


    短い距離ですか、クサリ・ハシゴと続くので行き交うには待つコトも。

    でも、やっぱりこんな感じの道のりがスキかも。


    横岳から硫黄岳山荘のある鞍部まではクダリになるワケなんで・・・
    岳さんは、さくさくサクサク行っちゃいます。

    カコはと言うと、
    行き(登り)では見つけられなかった?お花をまた撮影なんかしちゃったりして。

    ハクサンイチゲ? ハクサンイチゲ? まだお眠な女王 眠り姫


    岳さんとの距離は開く一方。岳さんは待っていてはくれません。
    硫黄岳山荘が見えて来ると、岳さんの姿は遥か前方にありました。

    これが結構大変でして。    
   
    この離れた距離。まだ少ない山歩きですが、
    岳さんとの山歩きの中で最長に離れた距離です。


    もうひたすら、黙々と岳さんとの距離を詰めるべく必死コイテ下ります。

    硫黄岳山荘できっと待っていてくれる。。と勝手に思いながら黙々と。



    硫黄岳山荘まで下りてきてみると ・・・ 居ません!


    山荘の方から賑やかな声が聞こえて来ていたので、ソチラに廻ってみました。
    すると、皇太子様がどうの・・・って石碑があり、
    沢山の登山者もいらっしゃって、その中に、岳さんが居ました。


    バッジを購入。そして水分補給としばし休憩。

      硫黄岳山荘

    am11:05 硫黄岳山荘をあとにします。


    今度は硫黄岳への登り返し。
    判ってはいますが・・・先を見ると凹みます。出るのはため息ばかり。

   
      登り返してます


    登っては立ち止まり・・の繰り返し。
    最初は、ケルン毎に休憩。。なんて言ってたんだけど。


      凹む岳さん


    カコはしっかり、ちゃっかり、ケルンとケルンの間でちょくちょく休憩。
    今は戻り。。一応は下山。。。しているワケなんだけど、登っている。

    そんな状況に脚もなかなか上がらず、進まない。   

      ケルンと横&赤岳


    ケルンに石を積み。。。


    am11:30 ようやく硫黄岳まで戻って来た。
    だだっ広い山頂には、来た時よりも沢山の方が思い思いの場所に腰を下ろし、

    何とも贅沢なひと時を過ごしている。


    そんな中をちょっとウロウロしてみる。


    赤岩の何ちゃら・・・って方から峰の松目へ、そしてオーレン小屋に。
    と言うコースから帰ってみる???と、
    そちら方面へ下りる方へもウロウロしてみます。


      でも。。


    でも、結局、来た時とおなじ。夏沢峠の方へ進んだチーム岳。


    硫黄岳からあと、ずぅ~~~っとひたすらな下り。
    必ず。と言って良いほど膝が痛くなるカコは膝バンドを・・・。


    爆裂火口を覗き込み、天狗さんを見渡し、とろとろとろとろと下ります。


      脚が痛いの?

    
    小刻みな九十九折のクネクネが帰りもやっぱりメンドッチイ・・・
    浮石に脚がズルッ!てなったり、コケたり。

    そうなると、膝がズキズキ痛くなったり。。
    屈伸して、プールに入る前の準備体操みたく体操してみたり・・・。


    岳さんとの距離は開かないものの、無言なふたり。


      夏沢峠


    どうやら、このひと月の4連チャンで岳さんの脚もちょい疲れたみたいでして。
    膝下。特に脛が痛いと。。。

          実は岳さん。。何年か前から右膝に爆弾を抱えている方なんです。確か小さなボルト入り ・・・


    ココからは、ホンとゆっくり、のんびり、痛みと付き合いながらのクダリです。
    いつも膝の痛いカコに付き合って、超おっそ~ぃ(遅い)ペースに合わせてくれる

    岳さん。なので。


      稀少動物を守ろう!


    こんな看板が出て来ると、オーレン小屋に着きます。

    丁度、お昼ゴロ。沢山の人で賑やかです。


    カコも膝が痛いので座りたかったのですが、場所が無く。
    仕方なく、もう少し下りて行ったトコで休みます。岳さんもちぃ~と辛そう。


     まだ咲いていた桜 花を撮影しながら・・・

     別に、慌てて帰るコトも無いし。。 ヤツガタケキスミレ?

     
    お互いのペースで、お互いつかず離れずな距離で行きます。
    夏沢鉱泉までホンとまったり下りて来ました。


    デジカメの電池、バッテリーランプが赤く点滅してしまうくらい、
    写真を撮りすぎてしまったようであります・・・。

    夏沢鉱泉ではツアーバッジを付けた2~30人くらいの団体サンに会いました。
    次から次に、登って行かれます。


    ココでベンチがあったので腰を下ろし休憩。
    それでも何とか残り僅かな体力&気力で桜平までの林道クダリ。



    何人に抜かれたコトでしょう・・・・・。



    最後の最後、小川に掛かる橋を渡って桜平のゲートまでの短い登り。
    これが案外キツかった。。(笑)


      着いたど~!
  

    pm13:30 車止ゲートまで帰って来た!! ツカレタヨ・・ ORZ


    ・・・にしても、車まで歩いて行くと、両脇のスペースは隙間無く車が・・・。
    隣の群馬の方々はまだ停まっていた。。。縦走かな??

    
    コレで硫黄岳&横岳くん終了です。。。長々とありがとうございました。

    

    
関連記事
スポンサーサイト

2010/01/17 Sun. 01:17  edit

Category:  ☆ 山歩記

Thread: 登山 - Janre: スポーツ

tb: --  |  cm: 6

top △

コメント

私も去年桜平から登りましたが、赤岳展望荘まででタイムアウトでした。
今年は赤岳の山頂を踏みたいです。^^;
見てると行きたくなってきますが、今は雪の中なんですよね。・・・
夏山のシーズンが今から待ち遠しいです。

S氏 #9jnonjpg | URL | 2010/01/17 21:20 | edit

>S氏さん。

こんばんは、S氏さん。

>去年桜平から登りました。
・・・ですよね?確かS氏さんの記事で拝見した記憶がありました。
横岳から赤岳へ向かわれたのでしたね。
私も赤岳へ登ってみたいのですが。。。まだまだ鍛錬せねば・・・^^:
岳さんは既に登った事があるので、今年中は無理かも知れないですが、
「いつか登ってみたい」お山です。

kaco #- | URL | 2010/01/17 22:37 | edit

こんばんは~
前回の写真で、万里の頂上みた~い。。と思いました!両側景色全開で、眺めは最高ですね。こうゆうの好きです。
登ってきた道を振り返る時、こんなに登ってきたんだ~って感動しますよね^^☆
お花たくさん撮ってましたね!見かける度に撮ってると確かに前に進みません。。。前を歩く人との差が広がるばっかりで焦る心境わかります~~。

まよまよ #- | URL | 2010/01/17 23:05 | edit

>まよまよさん。

こんばんは☆まよまよさん。

このお山へ行った日は天気も良くお山からの眺望も良くて、まさに登山日和でした。
もうちょっと上手に写真が撮れれば良いのですが、センスの無い私にはこれが精一杯でして ^^:

ドコのお山に登ってもそうなんですが、「よくこんなトコ登って来たな~」と感じる時がありまして。。。
その度に感動とかを得られ・・・岳さん曰く経験値が上がる!らしいです。
お花は沢山撮ったのですが、マクロ撮影も下手っぴですみません m(_ _)m
花ゴコロが無い上に、お花の名前もなかなか覚えられず。。。トホホです。

kaco #- | URL | 2010/01/17 23:51 | edit

お花

kacoさんこんばんは。

お花の名前。私もなかなか覚えませんが、ひとつ覚えられたら次も覚えられます。
去年はとりあえず、石楠花、クロユリ、トリカブト、ウルップ草は覚えました。
冬はお花が咲いてないので、やっぱり夏が待ち遠しいです。

長次郎 #S90rSSAo | URL | 2010/01/18 23:11 | edit

>長次郎さん。

こんばんは、長次郎さん。

お花の名前。私は、一つ覚えると前に覚えたのを忘れてしまう傾向にあります^^:
沢山写真に撮り収め、家に帰って花のガイドブックや皆さんのblogなどで、
色々調べて覚えたりしているのですが、なかなか沢山あり過ぎて・・・

長次郎さんのおっしゃる通り、冬はお花が咲いていないのでお花の開花が待ち遠しいですが、
冬には冬ならではの良さもあるので、コレばかりは何とも・・・^^

kaco #- | URL | 2010/01/19 00:10 | edit

top △

コメントの投稿

Secret

top △