山と空と緑と青と・・・

アラフォ~ペアでのんびりゆったり山に登っています♪

ヤケはやけでも。。2 

     この景色に。ワオ~~! ワッ w(°0°)w オォー   

    ・・・と、叫びながら、続いております。。。1



    ひたすら続いた樹林帯。。。ムシムシしていて湿気たっぷり。
    ただでさえ蒸し暑くてウザイのに。小っちゃい虫くん ぶよ?、いっぱい。

    早く抜け出したい!って思っていて。
    ちょっとした広場?に出ました。ベンチもあるので休憩ポイントのようです。

      噴火してる。。


    樹林帯の真っ只中もそうでしたが、
    目や耳に容赦なく特攻をかけてくるヤツラにいい加減ウンザリ。
    虫避けスプレーをするものの、汗とともに・・・

    休憩してザックを下ろしたいのですが、ココでも虫が・・・(呆)

    長居をせず、とりあえず水分だけ補給しまた進みます。


      2000m地点

    2000m地点まで来たようです。
    視界は開けてきて、虫くんたちからもそろそろ開放されそうです。

    そして、泥んこフォンデュもようやく終わりを告げそう・・・。


      釜・中の分岐


    釜トンネルからの登りとの合流・・分岐・・出合まで来ました。

    虫さんたちから解放され、そして、
    視界も開けてきて、テンション 上々

    でも、正直なトコ、今度は陽射しが暑い。。。

      雪渓ですな~^^


    そんな時、飛び込んで来たのが雪渓。
    吹き抜ける風が、涼しいのであります。


      見渡すかぎり笹っ原


    丈の長~い笹っ原をかき分け、ザクザク進みます。
    穂高連峰も段々見えて来ました。

      笹っ原の中に階段

    雪渓を見下ろす形で、
    整備された階段&岩ゴロ、そして笹こぎを繰り返し。

    徐々に笹っ原も無くなり、森林限界に達します。

      雲が沸いて来た~~


    ず~~~~っと、目指す焼岳は見えているのですが、
    何だか雲行きが。。。白が支配し始めてきています。

    先を見るとね沢山ヒトが登っていて、右に左にウネウネしている・・・


    そんなの見たくなかった・・・と反対に振り返ってみる・・・

      乗鞍・・?


    後ろの景色も、白くなって来ていて。。焦るというか、ナンチュウか?

    乗鞍?も見え始めていました。


    ココで雪渓を10~15mほどの距離を渡ります。
    だいぶ踏み跡があり、シャーベット状で足が埋まります。


      岩ゴロンゴロン
  
    雪渓を渡ると、あとはひたすら、岩イワいわ・・の登り。
    ○印がしっかりとあるので、大丈夫。なんですが、

    延々と、あっち行きこっち行き、の繰り返し。

      登ってきた道のり
           
    結構登って(歩いて)いるのに、全然進んでいない感じもします。

    そんな時は、後ろを振り返り、こっそりペットのお茶を飲み、また進む。


      まだまだ。。

    確実に足は進めているのだけれども、なかなかたどり着かない。。

    岳さんとの距離も段々開いて来てしまいます・・・まぁ、後ろも引き離しているから良いけど

    
      もうちょい


    見えているのになかなか近づかないのも、ちぃ~とツライです。
    おまけに、
    空が段々と青く無くなって来てるし。。。

    でも、何となく、何となくだけど、
    先行者らの行く姿を目で追って、自分目線で勝手にコースを・・・・・・って。

    もう少しだ!って思い、進みます。

      鞍部から

    下から見ていて、いつもそこに人がいた場所。。
    焼岳ツイン峰・・・北峰・南峰の鞍部のようでして、一応分岐。
    看板はあるものの、ハゲちゃって何も書いてない・・


      次から次へ。。

    まだまだ沢山登ってきてみえます。。。


      この池・・何池?
     

    南峰は崩落危険のようで、立ち入り禁止 禁止
    確かサイン峰の最高地点は南峰だったと思うけど・・・



    目指す山頂(北峰)はもうすぐそこだ!!   そしてレポも佳境へ。。。つづく
   
    
関連記事
スポンサーサイト

2009/12/18 Fri. 00:18  edit

Category:  ☆ 山歩記

Thread: 登山 - Janre: スポーツ

tb: --  |  cm: --

top △