山と空と緑と青と・・・

アラフォ~ペアでのんびりゆったり山に登っています♪

蓼科山へ。。後編 

      。。。と、前編はコチィラから・・・ポチッっとマウス

    これから登るで~!


   確実に、山頂には近づいているはず。。。
   でも、なかなかたどり着きません。
  
      ♪さくら~ と、サクラに元気をいただいて。。。


    桜 ♪さ~く~ら~~(ポンポンポ)。。。童謡。

    桜 ♪ぶぉ~~くらは~~~きっと~ 。。。直太朗風に。。。さくら(独唱)
   
    桜 ♪さくら舞い散る中に忘れた記憶と 君の声が~ 。。。さくら ケツメイシ

    桜 ♪さくらの花が咲いているよ~~キミを包んで 。。。Sakura レミオロメン

    桜 ♪さくら ひらひら~舞い降りて落ちて 揺れる想いのたけ~を 。。。SAKURA いきものがかり

   と、唄いながら登っていたのかは、ちぃ~~とビミョウですが。


   何かを唄いながら、何かを考えながら登っていましたね。。。きっと?
   ただ、前を行く岳さんの前方には明らかに空が広がっていました。

   明らかに、頂上。。。と確信して。登ります。


      視界が開けた!

   視界が開け、大きな溶岩の塊が見えました。
   ようやく、頂上に到着するようです。


      矢印に従い・・


   黄色い → に従い、
   大きな大きな溶岩の積み重なった岩場を行きます。

   矢印から少し離れた岩場では御夫婦が休憩されていて、
   挨拶を交わしながら、進みます。

   ココまで来ると、木々は一切ありません。
   と、言う事は、風がビュ~ビュ~~ ピ~プ~ 吹きっさらし状態。
   陽射しは暖かいものの、風が冷たく感じます。

      
   岳さんは軽快に。。足取りも軽く、サクサク進んで行きます・・・ルンル~~ン

   カコは。。。岩と岩の間が空いていると、ちぃ~と怖くて、慎重に、
   ドン!ドン!ってな感じで進みます。


   そして。。am 9:05

      蓼科くん頂上にて

        
        『 蓼 科 山 』 2530m 到着。

   北横岳。。に登った時も、霧ヶ峰(車山高原)。。に行った時も、
   編笠・権現岳。。に登った時も、入笠山。。に行った時にも、

   見えていたお山の 『蓼 科 山』
   ついに、今日、この頂に立つ事が出来ました。


      だだっ広い山頂

   ダダダ~~~~~っと、タダッ広い山頂です。
     岩ゴロでなければ、サッカーでも野球でも出来そうな広さです。
   
   色んなトコから見える(た)、このお山。
   『諏訪富士』とも言われるお山なのに。。。ココ。。相当広いです。

 
   とりあえず、
   グル~~~っと一周。は、しませんでしたが、
   山頂の標識の周りをグルっと回り、360度のパノラマを堪能。
 
   遥か遠くには、まだ雪をまとった北アルプスの峰々、御嶽山も乗鞍岳も見えました。


      雲々しくなって来たヤツら。。
   
   だいぶ、雲雲。。しくなって来たけど、八ヶ岳くんも健在です。

   甲斐駒くんと仙丈さんは。。。微妙~に、雲に見え隠れしていました。


   だだっ広い山頂ですが、風がとにかく強くて、
   汗ダクで登ってきたカコには、とにかく肌寒いだけ。

   風避けに、大きな岩の影に腰を下ろし、ココで食事をしました。

   食後にお湯を沸かし、いただいた コーヒー は格別でしたね。

 
   。。。どうでしょう?
   また小一時間ココで景色を堪能し、食事もし、お腹いっぱいに。

   そろそろ、下山しましょうか。。と。


      山頂ヒュッテ前の看板

   岳さんとカコは、女神茶屋コースから登ったのですが、
   この蓼科くんへは、色んな登山コースがありまして・・・

   山荘のある方から( の方が多かったと思います )、沢山登って来てみえました。


      ランプの山小屋さん
  

   「 蓼科山頂ヒュッテ 」 にて、バッジを購入し、
   トイレ をお借りし(使用料200円)、


   am10:15 下山にかかります。


      帰り支度の岳さん

   山荘方面の登山道からは、まだまだ沢山の方が登ってみえていました。


   今回も、ピストン山登りなので、来た道を戻ります。


      これから帰ります。


   と、言うコトは、
   急登=ゲキ下り、となるワケで、ひたすら下ります。

   何度も言っているかと思いますが。。。
   カコは「 下りは得意ではありません 」

   かと言って、登り(上り)が得意なワケでもないのですが、
   どうしても、下りは、足が(特に膝が)痛くなってしまって。。泣きが入ります。


   今回のゲキ下りも、膝サポーター&ダブルストックの力を借りて、
   ひたすら、下ります。

     「ツライなら・・・痛いのがイヤなら・・・止めれば良いのに。。。」

                                ・・・と言われそうですが、                             

   でも・・・止められないんですよね。。。山登り って!


   足は痛いんだけど、一歩一歩確実に下山します。
   たま~に、浮石に躓いたりするけれど、転倒もなく、無事下山。


      ただいま・・

   pm12:10 登山口まで戻りました。


   駐車場は。。。結構いっぱいになってた。道路を挟んで反対側の駐車場もいっぱい・・・
       。。。心地良い風が吹いて気持ち良かったです。

   そして、中途半端な時間に帰路に付く、チーム岳。。でした。

           ・・・・怒涛の4連チャンレポ、第2弾!へ 。。。To be continuedつづく
 
関連記事
スポンサーサイト

2009/12/02 Wed. 23:23  edit

Category:  ☆ 山歩記

Thread: 登山 - Janre: スポーツ

tb: 0  |  cm: 4

top △

コメント

蓼科山

kacoさんお疲れ様でした。

私はたぶん反対側の7合目口からですね。
途中の小屋から山頂にかけては雪がまだ残ってて楽しかったなぁ。↓
http://yamabadge.blog37.fc2.com/blog-entry-33.html

嫁さまは死ぬ思いだったらしい(笑)↓
http://minarossi46.blog16.fc2.com/blog-entry-8.html

ところでkacoさん岳さんは年末年始はどちらまで?
私は単独四国の石鎚山と剣山を目指します。

長次郎 #S90rSSAo | URL | 2009/12/03 19:45 | edit

>長次郎さん。

こんばんは☆長次郎さん。

>反対の7合目・・・と言うと、スキー場の上からの事でしようか?
今年3月初め、白樺国際へ滑りに行った時にリフト降り場の近くに蓼科山登山口の看板を見て、
岳さんと「こっからも蓼科山に登れるんだ~~」って会話をした記憶が・・・

>単独四国の石鎚山と剣山を目指す・・・って、凄いです!
特に石鎚山は、チーム岳の行きたいお山ベスト3に入っているお山なんですよ。
年明けの長次郎さんの石鎚レポ楽しみにしています。
・・・ちなみに、チーム岳の年末年始はと言うと、家でのんびり過ごすようです。

kaco #- | URL | 2009/12/03 23:04 | edit

No title

こんばんは~☆
kacoさ~~~ん、あほですいません。。。 蓼科山←これってなんて読むの???
山頂が何もないひろ~い場所ってすごいですね。やっぱり風よけがないと寒いのでしょうか?
でも、360度パノラマ景色は素敵でしょうね~~☆
ここはバッチ購入できてよかった^^!!
次回も楽しみです^^!

まよまよ #- | URL | 2009/12/04 00:05 | edit

>まよまよさん。

深夜にこんばんは・・・☆

これは「たてしなやま」と言います。。私こそ、偉そうに言っていますが、この字、書けません^^:
だだっ広い!とはこの事。と言えるくらい、とにかく広い山頂でした。
おまけに、森林限界を越えているので風避けになるモノが無く、風が吹くと寒いです。

ココのバッジ・・・アレ?ドコに有るのか分かんなくなっちゃった・・・e-350

kaco #- | URL | 2009/12/04 01:21 | edit

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://nonbiri27.blog55.fc2.com/tb.php/107-e69ed08c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △