山と空と緑と青と・・・

アラフォ~ペアでのんびりゆったり山に登っています♪

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --. --:--  edit

Category: スポンサー広告

tb: --  |  cm: --

top △

蓼科山へ。。前編 

   ずっと先延ばしになっていました、6月、
   4連チャン(4週連続)、お山レポの 第一弾 『 蓼科山 』 をお届けします。


      冬の蓼科くん


         。。。。ちなみに ↑ コレは 2009年3月撮影。。


   2009年 6月 7日 (日曜)
   珍しく、前日から、
   と言うより、すでにココに登るって決まっていました。

   それでも、明日はお仕事なので、早出早帰り。。は基本線。


   早朝、中央道をヒトッ飛び。諏訪ICを下り、ビーナスさんに乗り。。。


      待ってろ~!蓼科くん!

    白樺湖畔から・・・これから登るお山を激写。。。(笑)

   am 6:20 頃、女神茶屋の登山口駐車場着。
       5~6台ほど停まっていました。
       サササ~と支度し、行きますか。


      登山口からヤツらを望む

   am 6:35 いざ、レッツら go

        まずは、ちょこっと道路を下りますが、すぐバス停があり、


      登山口標識

   蓼科くん 右ね~☆ を目指します。

   はじめは、緩やかな上り、梅雨入り前の心地良い風が 笹の葉 笹を揺らします。
   ただ、笹がサワサワ~と音がすると、ちょいビビリなのも確か。。。(笑)

      快晴です。

   にゃんとも、快晴です。。登山日和とはこのことでしょうか・・・

   しばらくは緩やかに、やや緩やかな上り。。。。急登となるまでは。

      滑りそう?

   何となく急?と感じた時には、既に急登に差し掛かっています。
   緩傾斜、急傾斜とジグザグにウネウネと繰り返す急登になります。

   ちょっと日の空いた、ちょい久し振りのお山なので、
   この急登にヘタリ気味。

   この辺りで単独の男性にサクサク抜かれてしまいました・・・

      岩ゴロンゴロンの急登
         
   大きな岩がゴロンゴロンと転がる?登山道。

   以前に、既に蓼科くんに登ったコトのある岳さんから、
   蓼科くんは、溶岩ゴロゴロのお山。。。と言う事は聞いていました。

   ・・・その通りのお山です。

   岳さんは、余裕綽々?・・・スタスタと先に登って行っています。
   
   カコは。。。。。腰に手を当て、必死コイテ登っています。
   そんな時は、必殺、後ろを振り返る作戦!


      ヤツらが見える~~
   
    「 振り返ればヤツがいる 」 。。。汗   ヤツはヤツでも、八ヶ岳くんらです。

    もちょっと、岩を上がって振り返ると、

      手前の気が邪魔してます(汗)

    甲斐駒くん&仙丈さんも。。。
   ちょっと、雲が出始めていますが。。。まだまだ大丈夫そう。
   遠くは、御嶽山もバッチリ見えていました。

   展望に元気をもらい、頑張ります。
   
      2120m、休憩箇所
     
   am 7:45 2120mの標識のある、休憩ポイントに到着。

   先ほど抜いて行かれた単独の男性が休憩されていました。
   展望が良い場所なので、色んなアングルで写真撮影をされていました。

   ・・・岳さんも。。です。

   5分くらいかな?休憩し水分補給して、また進みます。

   ほんの少し、やや下り気味な道。。。鞍部かな?
   木々が少し邪魔していますが、

      どでん!と蓼科くんがお出まし。
   
   前方には、でっデ~~んと、蓼科くんがお出ましです。
   緩やかに下って、また登り返す、
   2度目の急登が始まります。。。ヘコたれた時はまた、後ろを振り返る作戦で。


      だいぶ、良く見えるように・・

   さっきまでは、木々が邪魔していましたが、
   八ヶ岳くんたちも、キレイに見えてきました。

   岳さん曰く、「 まだまだ序の口! 」 だそうなので。
   カコは、余裕綽々・・・と見せかけて登ります。

      急と言うより岩ゴロばかり

      
   よ~~く見ると、
   以前の登山道が大崩落してしまっていて、新しく違うルートになっていました。
   通行禁止!の看板を通過すると、またまた、スンごい事に。


      岩イワいわ。。の急ト

   いわ・イワ・岩の連続した急登。
   岩が雪崩のように流れて(落ちて)来たような登山道。

   コレは、ガレガレとでも言うのでしょうか?
   不安定な浮石もあり、注意しながら黙々と登ります。

   さすがに、この時期でも、汗が滝のようにタラタラと流れます。
   デトックスしまくりです。。。シンチンタイシャ。。。してますかね?


   沢山、写真を撮っていたつもりだったのですが、
   後から確認してみると・・・どうやら、この急登に滅入っていたようで、

   急登度合いが分かるような写真が有りませんでした。

   前を行く、岳さんを見上げると、これから進むトコが見えるので、
   ヘタリそうになるので、と後ろを振り返るのですが、

   余程、ヘタっていたようでして。。。汗


   「 キツイな~~ 」 そう感じていたのは事実。
   無言で、ただひたすら、山頂を目指して一歩一歩前へ(上へ)登ります。


      ♪さくら~さくら~

   サクラ 桜 をこの6月に見られるとは。。。


   空は確実に近づいてく来ました。
   森林限界。。。と思えるほど、木々が視界を妨げるコトが無くなって来た。


   頂上はもうすぐだ!・・・



関連記事
スポンサーサイト

2009/12/01 Tue. 23:50  edit

Category:  ☆ 山歩記

Thread: 登山 - Janre: スポーツ

tb: 0  |  cm: 2

top △

コメント

蓼科山

kacoさんこんばんは。

これも一週ニアミスレポですね?(笑)
私は登っていながらこの山を見たことがない・・。

いやぁ、お見事!

長次郎 #S90rSSAo | URL | 2009/12/02 17:55 | edit

>長次郎さん。

こんばんは☆

長次郎さんとは、登るお山が沢山ニアミスしているようなので、
お山の状況などが近いかも知れませんね。

でも、これだけニアミスしていると、
お山の波長?みたいなのが、似ていると言う事なんでしょうか?
いつかバッタリ!しそうな予感がします ^^

kaco #- | URL | 2009/12/02 23:04 | edit

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://nonbiri27.blog55.fc2.com/tb.php/106-87ef4fee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。