秋のお山を満喫・・・後編

Category :  ☆ 山歩記
    久し振りに、天気にも展望に恵まれ、テンションはウナギノボリのカコ。

        これまでのお話は。。。前編 と、もいっちょ ・・http://nonbiri27.blog55.fc2.com/blog-entry-102.html" target="_blank" title="中編">中編

    
       お団子看板も久し振りです。。頂真下。。。頂きました。
    今年のお山は、人から言われ、そして自分でも気付いていましたが・・
    どうやら、日頃の行ないが悪いようで、晴れていてもガスで展望が無かったり、
    雨は降らずとも、真っ白で何も見えず、モヤっと登山ばかりでした。

    「 雨が降らなかったから良し・・だね 」 と自分にも、
    そして、岳さんにも言いきかせるような感じで居ました。

       甲斐駒くんも鳳凰さんも
             
    だから、今回のお山では、
    そのストレスって言うか、鬱憤と言うか、そんなモヤモヤモヤモヤ・・・が吹っ飛んだ。
    そんな、気分爽快、愉快痛快、解決 怪傑ゾロり・・・(爆)

    座れそうな岩を確保し、例によってココでランチタイムです。
    今回はカコは、稲荷ずし。。。岳さんは、何故かタマゴ雑炊。。。をつくり。

    チーム岳のお初・・メニューのランチでした。

       瑞牆&金峰、そして山頂看板
      
    こうしている間にも、沢山の方々が歓声をあげ登ってみえます。


    。。。と、ココで、ちょっとした事件?が発生します。


    この先、金ヶ岳方面へと登られていた方々が続々と戻ってきます。
    それも、2.3人ではありません。

    チーム岳(・・とは言っても岳さんとカコの二人ですが)は、
    ホンとはこのあと金ヶ岳へも行こうと言う計画だったのですが・・・・・

    最初に戻ってこられた方が、
    山頂で休憩されていた他の方と話しをしています。。大きな声で。

    「金ヶ岳への下った稜線?だか何だかで と鉢合わせした。。。」 らしい・・・???

    「 登りはじめのあたりに有った、大きな塊のウ●チ、あれは のだよ!」


    岳さんと顔を見合わせ。。。「 ・・・・・だってさ。。」 と、

       金ヶ岳と奥はヤツくん

    この先、この見えている間に、猛獣が居るのかと思うと。。。

    続々と戻ってみえた他の方も、
    何やら 「慌てて、唐辛子入りの スプレー出したよ~ 」 とかおっしゃっております。


    もう、ホンとかウソか。。何てど~~でも良くて、
    チーム岳は金ヶ岳行きをあっさり中止としていました。


    そんなかんかで、金ヶ岳方面から戻ってくる人、
    そして、次々に茅っちに登ってくる人で、山頂はもの凄いコトに・・・

       ごった返す頂上


    私たちは元々端っこの岩に腰掛けていたから事無きを得ましたが、
    休憩しようにも、座る場所が確保できず、至るところで順番待ちが。。

    
    最近のお山、と言うより、どうやら私たちは、
    山頂でのくつろぎタイムは小一時間は当たり前のようです。
    軽~~~く一時間オーバー。。それがチーム岳スタイル。

       またお会いしましたね
  
    「 あっ!今回はランチパック有りません・・・^ ^: 」 売り切れでした。

    am11:20 どんだけ~~?と聞こえそうですが、
    頂上も人ひとヒト・・で賑わって来たので、そろそろ下山します。


    ただ、下山の方が大変でした。特に、稜線の分岐まで。
    狭い道なうえに、登ってくる方が続々といらっしゃって。。。

    すれ違うのも、その場所取りがなかなか大変でして。
    待ち時間がかなり多くなりました。

      上を向~いて♪

    そんな時は、「こんにちは~~」と言いながら、上を。

    今思えば。。。未だに、ホンとかウソなのか事実は判りません。

    登りの方とのすれ違いで、「 騒ぎしたって本当ですか?」 と聞かれてしまいました。

    岳さんとカコはホンとのトコロが判らないので笑っていましたが、
    その方は、それなりのスペシャリストのようでして。。。

    「 ココには居ないって!」 と断言されてしました。おまけに、

    その熊騒ぎをした方たちが私たちよりも早く下山されていて、
    登ってくる人たち皆に、熊熊熊・・・とおっしゃっていたようなので、

    スペシャルなその方は、相当お怒りモードで私たちに話しかけていました。


    私たちは、 を見たワケでも無く、ただ、その話を、聞いただけ。
    ・・・なので、否定も肯定も出来ないので。。ただ笑っている事しか。。


    分岐まで来ました。。まだ続々と登って来られています。
    久弥さんもさぞ嬉しいでしょうね。


    展望はココまで。あとは黙々と登った黙々坂を淡々と下るのみ。

    これが長い事ナガイコト。。
    『枯葉 落ち葉 トラップ 』 にひっ掛かりまくりです。

    落ち葉の段差があると思ったら、下には石コロで足をすくわれ、
    落ち葉の道でサクサク~っと思ったら、ドングリに足を滑らせたり。。

       気持ちはサクサク~なんだけど

    結構、駆け足気味に下りて来ました。ある意味、下りストです。


    特に下りは、膝が痛くなるので苦手と言うか、嫌い!なカコです。
    カコは膝にサポーターをしているので、見かけたらすぐ分かるかも・・(笑)

    でも、岳さんに色々とありがたいアドバイスを頂いて、
    ヒトヤマ一山、登る度に、色々と改善しつつ、
    下りには下りのコツを掴んで、なんとか岳さんの足を引っ張らない程度に
    成長しているようであります。。。ホンとのトコは分かりませんがそう思っています。


        コマネチの木

    登りでは、全く気付きもしなかった 『 コマネチの木 』 だそうです。
    何とも悩まし気な・・・妖し気な・・・木です。。。コマネチよりネジネジ?

    落ち葉で道を誤ったカコも下りは大丈夫。。まだココでも、
    登って来る方がいらっしゃったので、ね。


       オナゴ岩まで下りてきた。
   
    丁度、お昼にココ 『 女岩 』 まで下りて来ました。
    休憩されていた方のラジオがお昼をお知らせしていましたので。


       紅葉も趣が違うとこうも・・
           
    登りでは、朝陽があたっていなかったからか、
       こんな輝いた紅葉に気付かず居たようです。


    同じ登山道のピストンは、行きと帰り、同じ道でも
    見方、感じ方が違うので、それはそれで楽しいんですよね・・・

      道はドコ?

     「 ねぇ岳さん、こんなトコ通った~??」
            「 こんなに岩ばかりだった~??」

     「 登りでは背に受けている景色を見て下りてるんだから、知らんくて当然!」 と、
    いたって、冷静な、クールな言葉が返ってきます。

    ・・・・・ちなみに、岳さんはカコと違って、普通に無口な人です。


       これ、下りです。

    今度は、岩ゴロの比較的歩きやすい。下り。
    岩場は安定しているトコロは難なくクリアー。すると、
    フカフカのカラマツの絨毯ロードでスキップ気味に。


    よくよく考えてみると、下りでこんなサクサク下りて来るなんて、
    思い出すだけでブルーになる、
    あの恐怖の白山の下山からは考えられないカコであります。。。泣きの白山

       林道まで

    帰りは早く感じた。。pm12:25 林道まで下りてきた。
    女岩から20分ちょい。。良いペースなのか、どうだっていいや・・・


     紅葉してる 急ぐ必要も無いコトだし。。 

      のんびりって決めていたし。。。。ね 黄葉までは

    
    pm12:35 深久公園との分岐まで来ました。

    折角なので、公園へと行ってみることに。
    ひっそりと、そして静かな場所から望むコトのできるお山。

       公園から


    『 また登ってみたい 』 そんな気のする良いお山でした。
    次回、登るときはきっと金ヶ岳へも行きますよ。


    pm13:00 コンプリート完了です。


    駐車場が満車になっていて、なるほどね~~と感心しきり。

    帰りは、下道で、甲斐駒ビューロードで道の駅にも寄り、
    小淵沢ICから中央道でスススのスィ~~~っと帰りました。

    あっと、もちろん、帰りはカコの運転です。。。諏訪湖SAからですが・・・

    

関連記事

テーマ : 登山
ジャンル : スポーツ

Comment

くま

kacoさんこんばんは。

くまは私も常念に行く途中で遭遇しました!
http://yamabadge.blog37.fc2.com/blog-entry-69.html

まだ子供でエサを探しているようでしたが、こちらに気付いて斜面を上っていきました。

こわいのは仔熊より、その母親です。
くまは「どこにでもいる」と思って間違いないですね!

私も昔、山菜取りに入ったササやぶの中で遭遇したことがありました。一瞬心臓が止まりそうでした。((((;゜Д゜)))
この時期も冬眠前なので活発に活動しています。
テリトリーもかなり広い範囲らしいのでどこにでもいるみたいですね。((((;゜Д゜)))

こんばんは☆
今回のお山はお写真を見ていて、とっても私も好きそう~~っと思いました!!道の感じも、時間的な感じも、ゆっくり楽しめそうな感じで、いいな~~^^☆私も山頂では1時間はゆっくり休んで、ご飯を食べながら堪能したい!それがないと登る楽しみがないです^^!

果たしてほんとに熊さんはいたんでしょうかね^^?

こんばんは、kacoさん。
お天気に恵まれ良い山行になりましたね。
やっぱり太陽の下、景色を眺めながら歩くのは
いいですね。

熊は本当にいたのでしょうか?
怖いですねぇ。
たぶん熊はどこにでもいるんでしょうけど、
絶対に出会いたくないです。

>長次郎さん。

こんばんは。そして返コメ遅くなってすみませんm(_ _)m

長次郎さんは、常念岳で遭遇ですか v-285
熊に遭遇・・・とは言うモノの、
私たち人間が熊の生息するお山に行ってるワケなので、
熊が悪いワケでは無いんですよね。。。
私の住む田舎町でも熊らしき生物の目撃情報が寄せられ、
少しばかり大騒動になった事がありました。

>S氏さん。

こんばんは。そして返コメ遅くなってすみませんm(_ _)m

S氏さんはバッタリ遭遇ですか v-285
私はバッタリだけは何が何でもお断りしたいです・・・^^:
この時期は冬眠前・・・フムフム納得ですね。
猪や狸が里まで下りてくると熊も下りてきてしまうのでしょうか?
熊も生きる為に必死なんですね。

>まよまよさん。

こんばんは☆そして返コメ遅くなってすみませんm(_ _)m

この茅ヶ岳、とても人気のあるお山のようです。
v-285 さんの事意外では、カコもお勧めのお山です。
山頂でのんびり。。。にはモッテコイのお山だと思います。
熊さんはどうなんでしょう??
遭遇された方々がウソを言っているとも思えないし・・・
スペシャルな方も遭遇していないのに、居ない!と断言するのもどうかな?とも・・・
まぁ、「それぞれが注意しなきゃね」。。って感じで受け止めています。

>みきゅんさん。

こんばんは☆そして返コメ遅くなってすみませんm(_ _)m

今回はホンとお天気にも恵まれ楽しいお山となりました^^
久し振りに景色を堪能しながらのお山となり大満足だったんですよ。

熊さんは、ホンと今となってはどうなのか判りません。
里山まで熊さんは下りて来ていると思っていた方が良いのでしょうね。
私も、熊さんには絶対に遭遇しないコトを願うばかりです。
非公開コメント

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
お天気チェック
いま何時?
プロフィール

kaco

Author:kaco
ヘタレで根性無し。。。
不格好な負(腐)女子のkacoです。

2008年の夏からお山に登り始めました。
のんびり気ままに、基本的にはムリしない。
健康第1、天候第2に、マイペースで
岳さんとお山に登っています。。。

が、
ココ最近はもっぱら「誌上登山者」です・・(汗)

そんなヘタレ山歩記録ですが、
遊びに来て下さって嬉しいです。

リンク
検索フォーム
カウンター
Free Access Counter Templatesナビくん
百名山りすと
利尻岳巻機山瑞牆山恵那山
羅臼岳燧ヶ岳金峰山白 山
斜里岳至仏山甲武信ヶ岳荒島岳
阿寒岳谷川岳白馬岳甲斐駒ヶ岳
大雪山苗場山五竜岳仙丈ヶ岳
トムラウシ妙高山鹿島槍ヶ岳鳳凰山
十勝岳火打山剱 岳北 岳
幌尻岳雨飾山立 山
後方羊蹄山高妻山薬師岳塩見岳
岩木山男体山水晶岳悪沢岳
八甲田山日光白根山鷲羽岳赤石岳
八幡平那須岳黒部五郎岳聖 岳
岩手山皇海山槍ヶ岳 光 岳
早池峰山武尊山穂高岳伊吹山
鳥海山赤城山常念岳大台ヶ原
月 山草津白根山笠ヶ岳大峰山
朝日岳四阿山乗鞍岳大 山
蔵王山浅間山焼 岳剣 山
飯豊山筑波山御嶽山石鎚山
吾妻山丹沢山美ヶ原九重山
安達太良山両神山霧ヶ峰祖母山
磐梯山雲取山蓼科山阿蘇山
会津駒ヶ岳大菩薩嶺八ヶ岳霧島山
平ヶ岳天城山木曽駒ヶ岳開聞岳
魚沼駒ヶ岳富士山空木岳宮之浦岳